カブトムシ 哀川翔に関するニュース

哀川翔「カブトムシ商売」のウラ事情を明かす

日刊大衆 / 2016年11月22日17時00分

趣味であるカブトムシ飼育の収入を明かし、お笑いタレントの東野幸治(49)らを驚かせる場面が見られた。 この日、哀川に投げかけられた視聴者の疑問は“カブトムシのイメージしかないけど、どうやって稼いでいるの?”というもの。これに対し番組では哀川がもともとティーン向け雑誌『Popteen』(角川春樹事務所)のライターだったこと、そのときに取材した一世風靡セピアと [全文を読む]

福地桃子が父・哀川翔への不満を暴露 「闇抱えそう」と心配の声も

しらべぇ / 2017年06月07日17時00分

カブトムシの世話も担当番組では「普通の家に生まれたかったこと」をテーマにトークを展開。その中で、福地は大の「カブトムシ好き」として知られる哀川とのエピソードを語った。カブトムシのために、哀川は専用部屋を用意しているという。そこには、虫カゴが50個以上あるようだ。そのため、哀川が仕事で家を空けるときは、子供たちがカブトムシの世話をするとのこと。福地も何度も [全文を読む]

哀川翔だけじゃない「もう孫がいる」芸能人は?

日刊大衆 / 2017年05月21日17時05分

哀川といえば「カブトムシ好き」で有名だが、昨年コーヒーメーカーのPRイベントに出演した際、孫たちもカブトムシに興味を持ち始めている、と語った。なんでも、哀川がカブトムシにエサを与えるときに孫たちもそばにおり、興味を持ったようだ。哀川はそんな孫たちに対して「趣味が(自分と)近いところにある」と、喜んでいた。 ロックバンド「THE YELLOW MONKEY( [全文を読む]

哀川翔があなたの悩みに真剣回答「じっとしていても答えは出ない」

Walkerplus / 2016年08月12日17時30分

さらに、近年はカブトムシ愛好家としても知られ、昨年は全長88mmというギネス級のカブトムシを育成するなど、多岐にわたる活動を見せている。 そんな芸能界の“アニキ”・哀川さんをメインパーソナリティに迎えたニコニコ生放送「哀川翔が恋愛・遊び・仕事の悩み相談に真剣回答 【一翔両断!】」が8月18日(木)に放送。芸能活動で培った快活に生きる知恵をもって、ゲストやユ [全文を読む]

東映Vシネマ25周年! “Vシネの帝王”哀川翔が語る「今いる場所で花を咲かせる働き方」

週プレNEWS / 2014年11月06日06時00分

あのときVシネに呼ばれなかったら、俺、今頃この業界にいないんじゃないの? 別なことをやっていそうな気がする」 ―趣味のカブトムシ養殖に本格的に乗り出してたとか。 「そうそう。いや、本格的にはやらないって(笑)」 ―ぶっちゃけ、Vシネは映画より下に見られがちなジャンルじゃないですか。映画館のスクリーンで主役を張る役者さんを見て、うらやましいと思ったことは? [全文を読む]

カブトムシより四つ葉のクローバー⁉︎トークショーで哀川翔が娘にタジタジ

Movie Walker / 2017年08月30日14時49分

カブトムシの世話に代わって、最近は四つ葉のクローバーにハマっているという哀川だが、四つ葉のクローバーを育てるキットを買って、出てきたクローバーが全部三つ葉だったというショッキングな出来事を語り、会場は大きな笑いに包まれた。 そんな哀川に、福地からサプライズプレゼントとして、四つ葉のクローバーがデザインされたネクタイが贈られた。それには堪らず最高の笑顔を見せ [全文を読む]

哀川翔にアンジャ渡部「趣味で稼ぐ」芸能人たち

日刊大衆 / 2016年09月18日16時00分

カブトムシの愛好家で、その繁殖を副業にしているのが俳優の哀川翔(55)。趣味に毛が生えた程度のレベルかと思いきや、東京の自宅と茨城の飼育所で毎年5000匹も羽化させているというから、完全にプロの領域だ。しかも、哀川がプロデュースする成虫や飼育セットのクオリティーは高いと評判で、売れ行きも右肩上がり。今年7月に発売された『はじめてのカブトムシ飼育BOOK』 [全文を読む]

即決でカブトムシを500匹寄付!哀川翔、子供たちを笑顔にした“男気”に称賛の声

アサ芸プラス / 2016年09月06日09時59分

番組では群馬県高崎市にある商店街のカブトムシを使ったお祭り開催に密着。商店街に作った林にカブトムシを放し、子供たちに虫捕り体験をしてもらうという、毎年恒例の子どもたちに大人気のイベントなのだという。 そのため、商店街をあげてカブトムシの飼育を行っているというのだが、今年はカブトムシが順調に育たず、600匹を目標にしていたものの100匹ほどしか準備できなか [全文を読む]

哀川翔が人生相談に真剣回答!仕事からカブトムシまで悩みを解決

Walkerplus / 2016年08月24日17時08分

ゲストには、虫ドルとして活躍するタレントのカブトムシゆかりさんも登場。自身も無類のカブトムシ好きとあって、カブトムシへの愛情や育成法を語り合うとともに、カブトムシゆかりさんの「虫活と婚活で悩んでます」という相談にもしっかり回答した。 現在27歳のカブトムシゆかりさんは、虫活を楽しむほど婚活の成果が反比例するといい、「虫好きの人は上から目線で、『付き合って [全文を読む]

DAIGO、哀川翔の育てたカブトムシを逃す珍事発生!

Movie Walker / 2015年07月11日14時44分

哀川翔からプレゼントされたカブトムシを持ってのフォトセッションが予定されていたが、DAIGOの持っていたカブトムシが羽を広げて飛び立ってしまうハプニングが起こり、会場からも驚きの声が上がった。 昆虫好きとして知られる哀川が毎年、自宅と茨城にある飼育所で羽化させている5000匹の中から、つがいで200匹が来場者プレゼントとして送られたこの日。DAIGOと吉田 [全文を読む]

哀川翔、カブトムシ大好き 次女「家でもこのままです」

WEB女性自身 / 2014年08月07日00時00分

また、『バナナの日』である8月7日にちなみ、カブトムシ愛もアピールした。「(カブトムシは)びっくりするくらいバナナを食べる。今年は5,000匹かえした」と自慢げに話すも、「全然興味ないです」と桃子さん。哀川は「子どもが喜ぶと思って飼い始めたのに、俺だけが取り残されている」と肩を落とした。 『Height Chart』は子どもの身長と写真を保存して成長過程 [全文を読む]

謎のアイドル「カブトムシゆかり」が人気 キャラクターが無視され可愛さとグラビアで注目

AOLニュース / 2014年04月10日12時00分

虫好きアイドル「虫ドル」のカブトムシゆかり(25)が「可愛いすぎる」などネット上で話題だ。 歴史好きアイドルの「歴ドル」、鉄道好きの「鉄ドル」など、さまざまな「◯◯ドル」が昨今登場しているが、虫が好きすぎて苗字がカブトムシの「虫ドル」は彼女だけだろう。 カブトムシゆかりの経歴は、不動産会社に勤めながら虫ブログ「虫とYシャツと私」を更新していたら、大手プロダ [全文を読む]

Vシネマの帝王「哀川翔」が「単車の虎」に降臨!スペシャルインタビュー『哀川翔のやり方』を大公開!サイン色紙がもらえるキャンペーンも実施!

PR TIMES / 2017年09月05日15時37分

<応募方法>1.単車の虎の公式Twitter(https://twitter.com/tantora_app)をフォロー2.該当のツイートを(https://twitter.com/tantora_app/status/904919520619388928)をリツイート■コラボイベント開催!「哀川翔」にカブトムシを献上しろ![画像3: https://pr [全文を読む]

哀川翔、プロレスデビューへ 10・31長州小力のベルトにいきなり挑戦

ORICON NEWS / 2017年08月29日15時54分

【写真】あいかわい翔の「カブトムシアタック」 「哀川翔のプロレスデビュー戦」という好カードながら、発表時までサプライズにしていたためか、会見場に訪れた記者はニ人のみ。チャンピオンベルトを片手に登場した小力は「記者が少ないのはいいですよ、ちゃんと伝わってくれれば…」と自虐的に笑いつつ「いいカードを組めたでしょ? なのに来てない記者は何なんだ」と不満たらたら [全文を読む]

哀川翔、“400人大乱闘伝説”に「訂正しないね」

日刊大衆 / 2017年04月05日16時05分

カブトムシを飼育して毎年5000匹も羽化させたり、毎年主催するキャンプには100人が集まるなど、哀川は今も伝説を作り続けています。ここまでやってくれると、これからも、いろいろと期待しちゃいますよね」(芸能誌記者)――さすがアニキ! [全文を読む]

夏休みの自由研究に使える?哀川翔監修「カブトムシ飼育本」は昆虫好き必見

アサ芸プラス / 2016年08月08日05時59分

中でもカブトムシにかけては飼育歴14年、毎年自宅と茨城に借りている飼育所で5000匹を羽化させていることで有名だ。そんな“カブトムシ愛”が高じて、7月29日には自身が監修した「はじめてのカブトムシ飼育BOOK」(ブックマン社)も発売されている。「夏休みの自由研究として定番の人気を誇るのがカブトムシの観察です。ところが意外と間違った飼育法が広まっている。例え [全文を読む]

辻希美、劇団ひとり...... ギネスに認定された珍記録を持つ芸能人5名

tocana / 2015年06月22日15時00分

15日、俳優・哀川翔が飼育したカブトムシの体長が、世界最大の88.0ミリを記録したことがわかった。「ギネスに申請したい」と喜びを見せている哀川だが、実は、芸能界にはギネス記録を持つタレントが少なくない。 黒柳徹子がテレビ番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で達成した「同一司会者によるテレビトーク番組最多放送回数」や、渥美清が映画『男はつらいよ』(松竹)で受賞 [全文を読む]

丸くなった「チーム哀川」が見せた武闘派過去

アサ芸プラス / 2014年01月17日09時59分

「バーベキューやカブトムシ採りなど、アウトドアに一家言ある哀川さんが、普段から仲の良い勝俣州和さん、中野英雄さん、そして哀川さんのものまね芸人・花香よしあきさんを率いて、沖縄の川でヨロイナマズという魚を退治するという企画でした」 見どころは自然相手に起こる予期せぬハプニングと、本人を前にしてもひるまずものまねで挑む花香であった。 「勝又さんが哀川さんに、 [全文を読む]

フォーカス