出演者 踊る大捜査線に関するニュース

「顔を見ただけで怪しい!」2時間ドラマの犯人役といえばこの人たち

しらべぇ / 2017年01月14日19時00分

ところが、様々な謎を解明する前に出演者を見ただけで、「だいたいこいつが犯人だな」とわかってしまうという視聴者がいるらしい。本当だろうか?■出演者だけで犯人がわかる?そこでしらべぇ編集部では全国の20代から60代の2時間ドラマを見たことがある男女1,113名に、2時間ドラマの犯人ついて調査を実施。結果、「出演者を見ただけで犯人がわかる」と答えたのは全体で約2 [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

〇『たほいや』(93年4月~93年9月)5人の出演者の1人が、広辞苑の中から難解な言葉を1つ選び、あとの4人がそれらしい解答をつけるルール。三谷幸喜サンもよく出演した。 〇『とぶくすり』(93年4月~93年9月)『めちゃイケ』の源流。ナインティナイン、よゐこ、極楽とんぼらが出演。リアリティある設定のコントが秀逸だった。 〇『音効さん』(93年10月~94 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

――となると、両ドラマの出演者のニアミスもちょいちょい起きるわけで。なんとこの時期、キムタクと織田裕二も顔を合わせているんですね。ちなみに、両者の初顔合わせはこの兄妹が間を取り持ち、「ども、織田です」と男前に挨拶する織田裕二に対して、キムタクはひたすら照れていたそう――。閑話休題。それはそうと、『ロケット・ボーイ』は開始早々、思わぬトラブルが起きる。なんと [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

恋ダンス――そう、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のエンディングで、ガッキー(新垣結衣)をはじめ、出演者たちが星野源サンの曲『恋』に合わせて踊る、あのダンスだ。 かつてのポッキーダンスを彷彿させるガッキーの魅力全開である。TBSサン、ありがとう! ちなみに振り付けは、先のリオ五輪閉会式の東京プレゼンの振り付けも担当したMIKIKOサン。Per [全文を読む]

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

2013年上半期の朝ドラ『あまちゃん』も、本放送の視聴率こそ平均的でしたが、Twitter等の口コミで話題となり、BSの早朝放送や録画視聴者が大きく増加し、出演者は軒並み大ブレイク。 DVDの売り上げも年間1位、朝ドラ史上6位の快挙となりました。ちなみに視聴率は平成だけでは10位。視聴者内での購入率が高い、つまり、より深いファンが多いことがうかがえます。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『踊る大捜査線』に衝撃! レインボーブリッジは簡単に封鎖できた!!

TechinsightJapan / 2014年12月20日20時25分

この大ヒット映画にまつわる“知らなきゃ良かった話”を、映画の脚本を務めた君塚良一氏がテレビ番組で告白、出演者からは驚きの声があがった。 16日に『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、知りたくないけど気になる噂をその道の専門家に尋ねる企画「知らなきゃ良かった!」の第4弾が放送された。 これまでも、「夜10時から深夜2時まではお肌のゴールデンタイムと [全文を読む]

スタッフ300人に1500円の弁当買った織田裕二に内田有紀対抗

NEWSポストセブン / 2012年09月13日06時59分

そんなとき、織田さんは300人近くいるスタッフや出演者全員に、1個1500円もするあったかい高級すき焼き弁当を振る舞ってくれたんです。みんな大喜びでした」(フジテレビ関係者) ちなみに、これに対抗心をメラメラと燃やしたのが、青島の部下・篠原夏美を演じる内田有紀(36才)だった。彼女はその直後、スタジオ内に駄菓子屋の屋台をそのまま呼び寄せた。 「内田さんが、 [全文を読む]

『踊る大捜査線』出演を「承知しました」!? あの女優に仰天オファーか?

メンズサイゾー / 2012年02月15日19時15分

今回のテレビスペシャルでは、『THE FINAL』の出演者の柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリアなどのレギュラーメンバーのほか、映画3作目『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』に登場した小栗旬、伊藤淳史、内田有紀、さらに国際結婚詐欺師役として、韓国の女優イ・ヘインらの登場が予定されている。 気になるストーリーは、湾岸署刑事課強 [全文を読む]

映画「桃とキジ」公開記念トークイベント

PR TIMES / 2017年08月28日14時10分

これを記念して、本作品の出演者、監督に加え、岡山県にゆかりのある著名人をゲストに迎えたトークイベントを開催します。 [画像1: https://prtimes.jp/i/23972/80/resize/d23972-80-460363-0.jpg ] 保育園のお遊戯会で『桃太郎』を演じた女の子、小島桃。同級生の男の子をお供にしたがえ、見事に演じあげた。その [全文を読む]

「亜人」佐藤健&綾野剛の超ストイックな役作りとは?本広克行監督が告白

映画.com / 2017年08月26日21時55分

2人の熱量は、他の出演者にも伝わっていたそうで「2人がそんななので、他の皆さんも本気を出していますよ。城田優くんもなぜか体を鍛えはじめて、えらいことになっている。あとは、川栄李奈ちゃんもアクションの練習をやっていますが、よく体が動く」と述懐。そのうえで、「2人が力を入れていると、周りの人たちも上げられるんだなあと思った。僕らもいつもよりも熱を帯びて作ろう [全文を読む]

フジテレビ局内ですっかり逆転したドラマ班と映画班の力関係

WEB女性自身 / 2017年07月09日19時00分

それに対して映画班は『ドラマ班に負けるな!』と、このご時世に流行るテーマや出演者をきちんと分析して準備してきたんです。局内からは『まさか映画班が稼いで、ドラマ班が食いつぶす日が来るなんて 』と驚きの声も出ています」(別のフジテレビ関係者) ドラマ班の巻き返しなるか。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松岡修造が“熱すぎて”次が思い浮かばず 『寒さを吹き飛ばすくらいアツイ有名人TOP10』

TechinsightJapan / 2017年01月20日19時00分

アンケート調査によるランキングでTOP10を出演者が予想したところアニマル浜口と松岡修造はすぐに思い浮かぶが、2人のイメージが強すぎて次がなかなか出てこずに苦戦を強いられた。 2017年1月20日は暦の上で「大寒」とあり寒さに覆われた。『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のコーナー企画で、番組が20~40代男女に聞いた“寒さを吹き飛ばすくらいアツイ有名人”を [全文を読む]

やっぱり可愛い大杉漣!おじさんたちのテラスハウスが濃くてハァハァする/『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第一話レビュー

messy / 2017年01月16日23時00分

さらに主演が“役所さん”だと聞き、「役所広司さんが主演なら……」承諾した結果、条件として提示されたのは、“クランクインまでの3カ月間、出演者7人の絆を深めるため、共同生活をすること”だったのです。「中年のテラスハウスじゃねぇーか」と文句タラタラのバイプレイヤーたちですが、大杉さんの別荘で共同生活をスタートさせることになりました。 共同生活初日。既にシェアハ [全文を読む]

柳葉敏郎も大爆笑!陣内孝則が織田裕二のクソ生意気な天狗時代をぶちまけたッ

アサ芸プラス / 2016年10月05日09時59分

織田は当時から意識高い系俳優として知られ、柳葉を含めた他の出演者のシーンに口出しすることも多く、それに柳葉もブチ切れてしまったのが関係に亀裂が入った原因。 また、柳葉は織田と共演したくないという気持ちから、プロデューサーに『(劇中で)殉職させてほしい』と訴えるほどだったといいますから相当です。現在は柳葉も織田とは和解していますが、陣内のエピソードを聞いてい [全文を読む]

中井貴一のMCっぷりに、長澤まさみもタジタジ!?

Movie Walker / 2016年08月29日20時47分

澄田の呼び込みで出演者の長澤まさみ、志田未来、濱田岳、吉田羊、時任三郎、そして君塚監督が順に登場。挨拶を求められると、君塚監督は「今日は中井さんが欠席ということですが、失礼な人だ。どうせ三谷幸喜の映画にでも出てるんでしょう(笑)」と皮肉まじりにコメントし、場内は爆笑の渦に。 澄田とキャスト陣とのクロストークコーナーになると、長澤に対し「生で拝見するのは初 [全文を読む]

瑛太&上野樹里のコメント到着!劇場公開10周年を記念し『サマータイムマシン・ブルース』がBD化

Entame Plex / 2015年11月18日10時46分

このほど主演の瑛太、上野樹里のコメントが到着した! 主演の瑛太は「初の映画主演ということで、気負っていた部分もあったと思いますが、現場に入る前に出演者の皆さんと、疑似タイムマシン体験のため遊園地へ行ったり、合宿をしながらワークショップを行い士気を高めたり、始まりから終わりまでとにかく楽しい毎日でした」と、当時を振り返った。そして、Blu-rayを待っている [全文を読む]

柳葉敏郎が「ゴチになります」メンバーを引き受けた本当の理由

アサ芸プラス / 2015年01月06日18時00分

高級レストランで値段を見ずに料理を注文し、設定金額から最も遠かった出演者が全員分の代金を自腹で支払うこの企画。1年間の自腹額が最も高額だったメンバーがクビになるシステムだ。 今年はナインティナイン岡村隆史(44)、矢部浩之(43)、国分太一(40)、江角マキコ(48)に柳葉が加わった。昨年末、2014年加入の平井理央(32)、2013年加入の上川隆也(4 [全文を読む]

「打ち上げやろうぜ!」あの織田裕二が視聴率低迷でキャラ変更!? 現場が大混乱に

日刊サイゾー / 2013年09月26日11時00分

「打ち上げでは、視聴率低迷の責任転嫁をするわけでもなく、出演者やスタッフの労をねぎらっていたそうです」(同) 心変わりのワケは、自身の置かれている状況が危うくなってきたためだ。 「ある日、某局の上層部に、いきなり織田さんから『どうも~織田です! 元気ですか!』と営業の電話があったといいます。露骨に『今度、番組やりましょうよ』と言うわけではなく『お元気です [全文を読む]

柳葉敏郎の『欽ドン!』時代の過去を隠さない姿勢に賛辞の声

NEWSポストセブン / 2013年05月08日07時00分

なんでもかんでも昔の映像にNGを出す人もいるけど、柳葉さんの姿勢にスタッフも出演者も感謝したのではないでしょうか」 [全文を読む]

【フジテレビ】国内放送局唯一の自社運営コミュニケーションサービス 「イマつぶ」会員登録者数100万人を突破

PR TIMES / 2013年01月11日12時25分

本サービスは、番組の出演者やスタッフも参加するなど、放送局の自主運営ならではのサービスを展開しております。また、twitterとの投稿連携機能や、mixiと連動した、番組を共有できるソーシャルチェックインサービス「イマつぶLIVE」や、『めざましテレビ』と連動したスマートフォンアプリ「めざましアプリ」など、機能・サービスを拡充し続け、登録会員数を堅調に伸ば [全文を読む]

フォーカス