スピンオフ 踊る大捜査線に関するニュース

『踊る大捜査線』まさかのパチンコ化! 伝説的人気シリーズの遊戯化に疑問と拒否反応も必至?

ギャンブルジャーナル / 2017年06月26日16時00分

本作はユースケ・サンタマリアが主演を務めた『踊る大捜査線』シリーズのスピンオフ映画で、観客動員300万人と大ヒットを記録している。 「ふたつの伝説(レジェンド)がついに踊りだす。」と銘打たれた本作品。ビッグコンテンツ『踊る大捜査線』に、新生“ゴチポケット”が搭載された点が大きな特徴になっている。 “ゴチポケット”は2014年に発売された『CR黄門ちゃま 超 [全文を読む]

日本の映画・ドラマ界を支えるいぶし銀!名脇役と呼ばれる俳優たちの共通点とは?

日本タレント名鑑 / 2015年05月09日10時55分

プレシーズン1話から出演しているライバル刑事役の川原和久さん(53)、プレシーズン2話から監察医・その後は鑑識として出演されている六角精児さん(52)などは、スピンオフ映画が作られるほどの人気になりました。 他にも山西惇さん(52)、神保悟志さん(52)なども印象が強いですよね。『相棒』に限らず、ドラマを支えるバイプレイヤー、名脇役と言われる演技の上手な役 [全文を読む]

米倉涼子主演の『ドクターX』シリーズで、内田有紀のスピンオフ計画が進行中!?

日刊サイゾー / 2014年09月25日13時00分

そこで浮上しているのが、内田さんを主人公にしたスピンオフ作品なのです」と明かす。 『相棒』では2009年に六角精児主演の『鑑識・米沢守の事件簿』が、昨年には川原和久主演の『相棒シリーズ X DAY』がスピンオフ作品として劇場公開された。また、フジテレビの人気ドラマ『踊る大捜査線』でも、主演を務める織田裕二以外のキャストのスピンオフ作品が制作されている。 内 [全文を読む]

水野美紀 会議室では決まらない「踊る大捜査線」 復活ウラ事情「織田裕二の直訴で封鎖できなかった」

アサ芸プラス / 2012年09月12日10時54分

97年にテレビシリーズが放送されてから、欠かせないキャストだったはずの水野だが、05年に公開されたスピンオフ映画「交渉人 真下正義」を最後に同シリーズに出演しなくなった。 不自然に姿を消した10年公開の前作では、なんと“産休”という役回りで処理されていたのである。 不可解にも見える降板劇の裏側について、芸能プロ幹部が語る。 「水野は05年に大手芸能プロか [全文を読む]

佐藤健・綾野剛の共演映画「亜人」に踊る大捜査線ファン大興奮の仕掛け!

アサジョ / 2017年09月09日10時15分

「高杉は『踊る』シリーズの97年に放送された『歳末特別警戒スペシャル』からSAT中隊長・草壁中を演じ、以降もシリーズの劇場版2作品、スピンオフ映画『交渉人 真下正義』でも同役で登場した、本広ファンにはおなじみの“SAT役者”。シリーズ以外でも本広監督の『スペーストラベラーズ』にSAT隊長役で出演しています。シリーズの草壁は『深夜も踊る大捜査線THE FIN [全文を読む]

新台『CR交渉人 真下正義』に拒否反応を見せるのは原作ファンだけではない!? 一撃性は抜群だが「このスペックはダメ」の声が殺到?

ギャンブルジャーナル / 2017年07月09日08時00分

伝説的人気ドラマ『踊る大捜査線』シリーズのスピンオフ映画をモチーフにした話題作ということで、大きな注目を集めた。 大当たり確率1/227.5の確変ループタイプ。継続率は65%だが確変中は約2400個獲得できる16Rの割合が50%も存在する。さらには誘導された玉がおまけチャッカーに入賞し出玉を増やす“ゴチポケット”も搭載されているため、十分な出玉感を味わえる [全文を読む]

ムロツヨシ「僕を覚えて」と必死にアピールした下積み時代

WEB女性自身 / 2014年10月31日10時00分

さらに28歳のときに『踊る大捜査線』のスピンオフ映画『交渉人 真下正義』にも出していただいたのですが、トントン拍子でうまくはいかなかった」中山「まだなかなか世の中に出られないんだ」ムロ「またコツコツ舞台に出て、バイトざんまいの日々の再開です。コンサート会場の設営バイトではチーフみたいな立場まで上り詰めちゃって(笑)。『僕、バイトは一生懸命やりますけど、本業 [全文を読む]

萩本欽一「青島幸男さんから教えられた言葉の影響は、すごく大きかった」(2)

アサ芸プラス / 2013年07月26日10時00分

彼等は今、「笑っていいとも!」(フジテレビ系)や、「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)など、多くの番組で構成作家として活躍していますし、「踊る大捜査線」(フジテレビ系)の作家(スピンオフ映画では監督)、君塚良一くんも、あの時、居候していた一人です。 [全文を読む]

柴咲コウ『ガリレオ』新作降板の裏に犬猿の仲のアノ俳優

メンズサイゾー / 2012年09月27日18時00分

これに激怒した柴咲は、同ドラマのスピンオフ映画『アンダルシア~』の出演をドタキャン。この一件で遺恨が残り、両者は共演NGになっています」(芸能関係者) [全文を読む]

フォーカス