ドラマ 踊る大捜査線に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

1位『緊急取調室』(テレ朝)14.1% 2位『小さな巨人』(TBS)13.2% 3位『警視庁・捜査一課長』(テレ朝)12.0% 4位『警視庁捜査一課9係』(テレ朝)11.2% 5位『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジ)11.0% ――なんと、見事に5つとも刑事ドラマである。 昨今、連ドラは刑事ドラマや医療ドラマばかりが目に付くが、遂にここまで来た [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

そう、『踊る大捜査線』(フジ系/1997年)もそうだったけど、お仕事ドラマといいつつ、やっぱり視聴者は青島俊作(織田裕二)と恩田すみれ(深津絵里)の恋の行方も気になるワケで。2人が心を通わせつつも、なかなか前に進めないもどかしさに、視聴者は感情移入するのである。■そのチームに阿部寛はいるか3つ目の世界は、主人公が所属する組織である。東京地検城西支部。検事も [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

ドラマや情報番組など、多ジャンルにわたる視聴率の底上げがあったからである。そんな局のパワーは、当初「楽しくなければ~」のキャッチフレーズに相応しくないといわれた、あの部署にも伝播した。フジテレビ報道局である。■世紀のスクープ時に、1985年8月12日――。その日、午後6時過ぎに羽田空港を離陸した日本航空123便は、相模湾上空で制御不能となり、群馬県の御巣鷹 [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

恋ダンス――そう、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のエンディングで、ガッキー(新垣結衣)をはじめ、出演者たちが星野源サンの曲『恋』に合わせて踊る、あのダンスだ。 かつてのポッキーダンスを彷彿させるガッキーの魅力全開である。TBSサン、ありがとう! ちなみに振り付けは、先のリオ五輪閉会式の東京プレゼンの振り付けも担当したMIKIKOサン。Per [全文を読む]

第13回「テレ朝の時代」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月03日12時30分

テレビ朝日のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』が絶好調だ。4シーズン目となる今作は、8話までの平均視聴率が21.3%(関東地区・以下同)。20%を割ったのは、わずかに2話の19.7%のみ。これは前3シリーズに引けを取らない堂々の数字だ。連ドラの視聴率が年々下がる昨今、いやはやすごい。いくら巷で『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が話題沸騰といって [全文を読む]

フジテレビの新ドラマが軒並み低迷で高まる”往年の名作”再放送論

デイリーニュースオンライン / 2016年04月24日10時02分

4月も下旬に差しかかり、各局の4月期の最新ドラマがほぼ出揃った。そんな中、新ドラマが軒並み1ケタ台を記録している絶不調のフジテレビに対し、視聴者が過去の名作ドラマの再放送を期待する皮肉な状況が生まれている。 ■新ドラマは軒並み1ケタの大不調 汚名挽回を果たすべく、様々なキャストを起用したフジテレビ。21日に放送された松下奈緒(31)主演のドラマ「早子先生、 [全文を読む]

もっと評価されるべき!日本のTVドラマサントラ名曲10選!胸キュンから壮大まで…

しらべぇ / 2014年12月22日08時00分

テレビドラマを彩る大きな要素といえば、サウンドトラック。好きなドラマの名シーンを頭に浮かべる時、そこにはきっと、曲名は分からないけど何度となく聞いた、それぞれのドラマのために作られたテーマ曲も鳴り響いているはずです。 ドラマの劇中に流れることで、主題歌よりもむしろ作品の象徴となるそれらテーマ曲。『古畑任三郎』『踊る大捜査線』『HERO』など、国民的なテーマ [全文を読む]

え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!

日本タレント名鑑 / 2017年06月14日07時30分

ドラマも次々と最終回を迎え、いよいよ夏ドラマが始まります。個人的に印象的だった春ドラマは「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」や「小さな巨人」などですね。警察を舞台に繰り広げられるドラマチックなストーリーにドキドキさせられました。 ところで、昔から刑事が出てくるドラマって多いですよね。「古畑任三郎」「踊る大捜査線」「相棒」、古くは「西部警察」や「太陽にほえ [全文を読む]

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

ドラマ見ていると、「やけに共演の多い俳優さんたち」がいる事に気が付きませんか?ドラマは基本的に「オファー」か「オーディション」でキャスティングが決まります。オーディションといっても、俳優であれば誰でも受けられるというわけではなく、事務所や劇団にオーディションの案内が来て、初めて出演のチャンスを得られるのです。 そんな少ないチャンスだからこそ、事務所や劇団側 [全文を読む]

シリーズファイナル劇場公開記念 『フジテレビオンデマンド』 人気ドラマシリーズ「踊る大捜査線」配信スタート

PR TIMES / 2012年09月07日16時02分

映像配信サービス ユーネクスト「U-NEXT」(http://unext.jp)の『フジテレビオンデマンド』では、2012年9月7日より劇場公開される『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を記念し、「踊る大捜査線」シリーズの連続ドラマ(1997年放送)・スペシャルドラマ2作品(1998年放送)を2012年9月1日から配信スタートいたしました。2 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】SMAP全員とドラマで共演した深津絵里。草なぎ剛との場面だけ思い出せず。

TechinsightJapan / 2015年09月16日12時13分

女優の深津絵里が『SMAP×SMAP』へ出演した際にSMAPメンバーそれぞれとドラマで共演したシーンを振り返った。ところが草なぎ剛と共演した場面だけはどうしても思い出せないようで、「覚えてないな」と首を捻る。草なぎはとうとう落ち込んでしまった。 SMAPの5人全員と共演経験がある女優は多くない。篠原涼子はSMAPそれぞれの主演ドラマで共演したことがあり、戸 [全文を読む]

織田裕二、『踊る』以外にヒットは期待できない!? 格安ギャラに「当然」の声も

サイゾーウーマン / 2013年02月14日09時00分

12日発売の「女性自身」(光文社)が、織田裕二の次回作について「4月スタートの土曜深夜枠のドラマ」であると報じている。売れっ子俳優になってからは、大作映画やゴールデンドラマに主演する機会は多かったものの、深夜枠のドラマに登板するのは異例のことだ。 『踊る大捜査線』(フジテレビ系)が昨年の映画でファイナルを迎えてから、CM以外ではさっぱり仕事がなくなってしま [全文を読む]

フジテレビ局内ですっかり逆転したドラマ班と映画班の力関係

WEB女性自身 / 2017年07月09日19時00分

かつては金看板だった「月9枠」を始めとした各ドラマも振るわない。 「7月クールの月9は山下智久(32)主演の人気シリーズ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』。以前のシリーズは高視聴率を記録しており、全話平均視聴率13・0%以上は取れるものと見込まれています。ただここ最近の月9は、全話平均2ケタに届かない有様。それだけに、局内でも『なんとか挽回を 』と今 [全文を読む]

やっぱり可愛い大杉漣!おじさんたちのテラスハウスが濃くてハァハァする/『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第一話レビュー

messy / 2017年01月16日23時00分

毎週金曜日00時12分~テレビ東京系で放送される冬ドラマ、『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』。「バイプレイヤー」とは、多くの映画やドラマに出演し、主演俳優に引けを取らない人気のある名脇役のことを表します。このドラマは、遠藤憲一(55)、大杉漣(65)、田口トモロヲ(59)、寺島進(53)、松重豊(53)、光石研(55)<※ [全文を読む]

若者には不評?織田裕二が日曜劇場『IQ246』で怪演も賛否両論

しらべぇ / 2016年10月31日08時00分

ディーン・フジオカ、中谷美紀、土屋太鳳などの豪華キャストが出演していることからも、放送前から期待値が高いドラマだが、ネットでは「織田裕二の話し方が変」などと話題になっている。■織田裕二のキャラ設定にはネットでも賛否がTwitterでは、ドラマを観た人が織田の演技についてさまざまに呟いている。「○○みたい」「○○のマネ?」というような声が数多く上がっているの [全文を読む]

亀山社長「鍵はドラマ」、株主「ベッキーを取締役に」…フジの株主総会が大迷走

アサ芸プラス / 2016年07月05日09時58分

株主からの質問に答える形で亀山千広社長は「(復活のために)まずはドラマで話題を作り、バラエティで視聴習慣を根付かせる。そして最後に報道番組で信頼を得たい」と発言し、続けて「そのために何としてもヒットドラマをうまなくてはならない」と締めくくった。 これに対して一般視聴者の間から大ブーイングが巻き起こっている。「今さらドラマかよ」「感覚が時代遅れ」「『ラヴソ [全文を読む]

映画「シュールな男」2015年9月29日19時~ TOHOシネマズ日本橋にて特別上映舞台挨拶を実施します!

DreamNews / 2015年09月28日17時00分

テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』『仮面ライダー響鬼』に、イブキ / 仮面ライダー威吹鬼 役等を務めの数々の作品に出演して来たイケメン俳優の渋江譲二が自ら企画・主演・脚本も一部兼務した。本作はイケメン俳優と言う肩書きを払拭する様な「シュールレアリスム【超現実】」にこだわったコメディ作品に仕上がった。 シュールとはシュルレアリスム芸術の形態、主張の一 [全文を読む]

”踊る”シリーズ最終作「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」ついに配信スタート!

PR TIMES / 2013年04月25日12時05分

「踊る大捜査線」は、平成9年よりフジテレビで放送を開始し、革新性と抜群の面白さで日本の映画・ドラマ史に数々の記録を残す名作となった、国民的大人気刑事ドラマシリーズです。 15年にわたり、世代を超えて愛されてきた「踊る大捜査線」シリーズ。「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」は興行収入で日本実写映画歴代1位を記録しており、 [全文を読む]

あのイメージが強すぎ! ほかの役を演じることに違和感がある俳優4人

しらべぇ / 2017年07月15日21時00分

(gpetric/iStock/Thinkstock)7月は新ドラマのスタート期。各テレビ局が様々なストーリーを世に送り出し、「大ヒット」を狙う。俳優にとっても、ヒット作に出演することは一種のステイタスだ。しかし、社会現象化するほどヒットすると、あまりにもその役のイメージが強くなり、後の俳優人生に影響が出るともいわれている。そのような「1つの役のイメージが [全文を読む]

フォーカス