監督 踊る大捜査線に関するニュース

映画「シュールな男」2015年9月29日19時~ TOHOシネマズ日本橋にて特別上映舞台挨拶を実施します!

DreamNews / 2015年09月28日17時00分

また本作で新米役を務める川野直輝は、映画「踊る大捜査線シリーズ」(本広克行監督)や市川海老蔵主演の映画「利休にたずねよ」(田中光敏監督)、北野武監督の新作「龍三と七人の子分たち」等、実力派俳優として認知されている。ほかにも渋江の企画に賛同し、虎牙光揮、林剛史、等の特撮出身の俳優の他にも、倉持由佳、瀬戸早妃、緑川静香、矢部太郎、芋洗坂係長、島津健太郎、波岡一 [全文を読む]

松本潤、堂本光一主演作や「ズンドコベロンチョ」も

Smartザテレビジョン / 2015年10月21日12時33分

11月21日(土)、28日(土)の2週にわたって、上位にランクインした作品を“新たな出演者”により復活させる「傑作復活編」と日本を代表する映画監督&キャストが登場する「映画監督編」が放送されることが明らかになった。 今回視聴者投票によって復活するのは以下の5作品。(※「復活編」で主演を務める俳優は当時と異なる) ■「イマキヨさん」(投票1位 '06年3月2 [全文を読む]

日本の映画・ドラマ界を支えるいぶし銀!名脇役と呼ばれる俳優たちの共通点とは?

日本タレント名鑑 / 2015年05月09日10時55分

スター俳優の中村雅俊さんの付き人だった自由劇場の小日向文世さん(61)、舞台やロマンポルノなどに出演されていた大杉漣さん(63)なども、北野武監督映画『ソナチネ』で脚光を浴びました。 テレビでの暴力的なシーンなどが減りつつあった90年代は、逆に映画やVシネマなどでヤクザ物の作品が多く作られていた時代でもあります。アクションや猟奇的なシーンなど、現実ではあり [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(9月28日付) 人気コミック原作・佐藤健主演の『亜人』が公開!

ガジェット通信 / 2017年09月28日16時30分

1位 『亜人』(https://yahoo.jp/hxw6rV) ■公開日 :2017年9月30日(土) ■監督 :本広克行 ■キャスト:佐藤健、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、山田裕貴、浜辺美波、品川祐、吉行和子、綾野剛、宮野真守 他 ■作品概要:桜井画門のコミックを原作に、不死身の主人公を『るろうに剣心』シリーズなどの佐藤健が演じ、『踊る大捜査 [全文を読む]

佐藤健主演で大人気コミック『亜人』が実写映画化! 佐藤健×本広克行の初タッグに期待の声

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月13日18時00分

桜井画門による大人気コミック『亜人』が、主人公・永井圭役に映画「るろうに剣心」など様々な作品で人々を魅了する佐藤健、監督には「踊る大捜査線」シリーズの本広克行という豪華タッグにより実写化される。この知らせに「佐藤健の素晴らしいアクション楽しみすぎる」「踊るの監督と聞いて、『亜人』大好きだからホッと一安心」「この実写化は熱量がすごいぞ…!」と大きな期待の声が [全文を読む]

GACKTもワクワク「踊る大宣伝会議、(略)」再び!

Walkerplus / 2015年06月05日17時54分

6月5日(金)、神戸三宮映画祭を開催中の神戸市三宮にあるミント神戸で、本広克行監督がメガホンをとった話題作「踊る大宣伝会議、(略)Season2」の制作発表が行われ、本広監督とGACKTらがトークを繰り広げた。 神戸三宮映画祭は、国内の有名監督が自由に制作した「ネスレシアター on YouTube」作品を中心に上映する映画祭。今年は6月5日(金)・6日(土 [全文を読む]

話題の深夜アニメで夢タッグ結成! 『踊る大捜査線シリーズ』本広克行&『魔法少女まどか☆マギカ』虚淵玄 “サイコパス”対談

週プレNEWS / 2012年10月11日13時00分

国民的映画監督とオタク業界の新星が奇跡のタッグを結成した。 10月11日からスタートする深夜アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』。今、その制作陣が、アニメ業界を超えて話題になっている。 総監督を務めるのは、あの『踊る大捜査線』シリーズを手掛けた本広克行(もとひろかつゆき)。実写映画やドラマの世界で活躍しながら、マニアックなアニメファンとしても知られ [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

黒澤明監督の『赤ひげ』と同じ構図だ。あれも三船敏郎が主役だったが、物語を動かす事実上の主人公は若き日の加山雄三だった。 実際、『太陽~』は第1話のタイトルからして「マカロニ刑事登場!」である。ファーストカットはショーケンで、彼が七曲署に初出勤するところから物語が始まる。 ――そう、新人刑事の成長物語。こんな設定はかつての刑事ドラマにはなかった。『太陽~』は [全文を読む]

香取慎吾がテレ朝初主演!不老不死の“バンパネラ”に

Smartザテレビジョン / 2016年02月26日05時00分

そんな香取のテレ朝初主演作は、本広克行監督とタッグを組み、歳をとらずに生き続ける不老不死の一族=“バンパネラ”の姿を描く、斬新なサスペンスドラマ。香取は「少し前に(映画「ギャラクシー街道」で)宇宙人の役をやっていましたが、今回は“バンパネラ”ということで、いよいよ人間じゃないことがバレ始めたかな…(笑)」と冗談交じりのコメント。人気作品「踊る大捜査線」シリ [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

当時、馬場康夫監督は、まだ日立の宣伝部に所属する一介のサラリーマン。アマチュアで映画を作った経験はあるものの、映画界の実績は何もなかった。だが、小牧サンや石原サンは、馬場監督が話すスキー映画の企画を純粋に面白いと感じ、億単位の予算を決済したのである。そう、ホイチョイ・ムービーは、実績やキャリアを求める旧来の映画界の慣習では世に出ることはなかった。フジテレビ [全文を読む]

福士蒼汰が時代劇映画初主演!「曇天に笑う」実写化

Smartザテレビジョン / 2016年07月04日08時00分

主演に映画やドラマに引っ張りだこの若手人気俳優・福士蒼汰を迎え、監督を名匠・本広克行が務める。同作は、'11年のコミック連載開始からその魅力的なキャラクターたちに10代、20代の女子を中心に熱狂的なファンが付き、'14年にアニメ化、そして'15年からは舞台化と、さまざまなメディアで人気を博す大ヒットシリーズ。満を持して映画化される本作で、主演を務める福士は [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

今も語り継がれる名作だけど、放映前、同ドラマは『ケイゾク』(TBS系/1999年)の堤幸彦監督の作品として注目され、脚本のクドカンはノーマークだったんですね。ところが――蓋を開けたら、小ネタ満載で超面白くて、クドカンの名を一躍メジャーに押し上げた。いや、そればかりじゃない。この作品をキッカケに多くの若手俳優にスポットライトが当たった。主役の長瀬智也は別とし [全文を読む]

小関裕太「曇天に笑う」唯一の映画オリジナルキャラに

Smartザテレビジョン / 2016年09月08日08時00分

来年実写映画化される福士蒼汰主演×本広克行監督の「曇天に笑う」に、三兄弟と共に大蛇(オロチ)の発見と破壊を目的に結成された右大臣・岩倉具視直属部隊「犲(やまいぬ)」の隊員・永山蓮役で、小関裕太が出演することが分かった。 小関演じる蓮は、曇天火(福士蒼汰)と「犲」のチームリーダー・安倍蒼世(古川雄輝)の幼なじみであり、2人とも友好的な関係。2丁拳銃を得意とし [全文を読む]

ももクロCM第2弾スタート!メイキング動画、体験動画を一挙公開!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月20日11時30分

監督には、「踊る大捜査線シリーズ」を手がけた本広克行監督を起用。本広監督は2015年2月公開予定のももクロメンバー主演の映画「幕が上がる」を監督することが決まっており、今回のCMも映画と同じスタッフが手がけている。音楽には、第1弾CMと同じ「Chai Maxx ZERO」を採用。この楽曲は、『comico』のCMのために書き下ろしたももクロオリジナル楽曲 [全文を読む]

ももクロ主演の映画&舞台が2015年公開決定!

Entame Plex / 2014年11月05日19時51分

劇作家:平田オリザの青春小説「幕が上がる」を「踊る大捜査線」シリーズで知られる本広克行監督が、主演にももいろクローバーZを迎えて映画&舞台化することが決定した。 弱小演劇部の少女たちが全国大会を目指し、本当の喜び、本当の悲しみ、本当に大切なことに気づき、きらめいていく本作。今回その主演には「今、もっとも輝いている少女たちに演じてもらいたい」という平田、本広 [全文を読む]

東山紀之、実写映画『曇天に笑う』出演 岩倉具視役「とても光栄」

ORICON NEWS / 2017年09月29日10時00分

映画では『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督がメガホンをとる。 舞台は明治初頭。物語の中心となるのは、曇天三兄弟と呼ばれる長男・天火(福士)、次男・空丸、三男・宙太郎。悪党どもから国の平和を守ることを生業としている。 300年に1度、曇り空が続く日に復活し、人々に災いをもたらすオロチ(大蛇)の伝説をめぐり、3兄弟に加えて、国を守る番犬である右大臣直属部隊 [全文を読む]

福士蒼汰主演『曇天に笑う』に東山紀之!岩倉具視にふんする

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月29日10時00分

『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督がメガホンを取り、唐々煙のコミックを実写化した本作。明治維新後の滋賀県を舞台に、300年に1度復活しては災いをもたらすとされるオロチ(大蛇)をめぐって、3人の兄弟、明治政府の部隊、忍者一族が壮絶な戦いを繰り広げる。 東山が演じるのは、オロチの伝説を調査している右大臣・岩倉具視。要職につきながら、オロチ討伐を目的と [全文を読む]

映画「桃とキジ」公開記念トークイベント

PR TIMES / 2017年08月28日14時10分

日時:8月30日(水)18:50~19:30 場所:とっとり・おかやま新橋館(港区新橋1-11-7新橋センタープレイス) 出演:弥尋、甲本雅裕、喜多一郎(監督)、押坂忍、星川愛美(sha☆in)ほか 映画「桃とキジ」は、「桃太郎」ゆかりの地、岡山を舞台に素敵な人間たちが織り成す、みんなを笑顔にするハートフルストーリー。今年4月の岡山県先行公開に続き、9月9 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

実際、初めて連ドラに挑んだ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系/2000年)は一躍彼自身の名前を有名にしたし、初の映画脚本の『GO』(行定勲監督)も映画賞を総ナメにした。初めてフジテレビで書いた『ロケット・ボーイ』(フジ系/01年)は平均18.8%の高視聴率だったし、初めて東野圭吾作品に取り組んだドラマ『流星の絆』(TBS/08年)は、最終回で驚異の22 [全文を読む]

実写映画『亜人』主演の佐藤健、「賛否両論ある」と不安を吐露するも、「るろ剣チームに佐藤健なら見たい」の声続出!!

おたぽる / 2016年11月04日21時00分

主演は佐藤健、監督は『踊る大捜査線』シリーズの本広克行が務め、2017年に公開を予定している。 原作は、交通事故に遭い死亡するもすぐに蘇生し、“決して死なない”新種人類「亜人」であることが判明した主人公と、研究のために彼を追う日本国政府の戦いを描いたバトルサスペンス。コミックの累計発行部数は540万部を突破した大人気作だ。これまで3部作の劇場版アニメが公開 [全文を読む]

フォーカス