説法 瀬戸内寂聴に関するニュース

瀬戸内寂聴93歳の新作恋愛小説にキュン死に! SEALDsを題材にした理由は?

tocana / 2015年11月01日11時00分

(文=平田宏利) ※イメージ画像:『日にち薬: 寂聴あおぞら説法 みちのく天台寺』光文社 [全文を読む]

「夫に愛人が…」63歳女性の悩みに瀬戸内寂聴が回答

WEB女性自身 / 2013年05月20日07時00分

京都寂庵で開かれた瀬戸内寂聴さんの『青空説法』(最新単行本『明日は晴れ』発売中。光文社刊・1,050円)。今回の63歳の女性相談者は、苦悩をつづった手紙を寂聴さんに送っていました。長年連れ添った夫が愛人と……。さて寂聴さんのアドバイスは――。63歳女性「旦那の話を綿々と手紙にも書きましたけど……、いい年をして、女がいまして……。私は、こんな年になって別れた [全文を読む]

瀬戸内寂聴が日本の行方と若者たちへの希望を語る「“恋と革命”をしている男の人はモテるの」

週プレNEWS / 2016年01月31日06時00分

週刊プレイボーイ本誌が50周年の節目の今年、人生の大大大先輩が若い人たちに伝えたいメッセージとは? 前編記事では恋愛の大切さを語った先生の説法は、日本の行方、そして「恋と革命」の必要性へと深まっていく。 *** ―2015年は戦後70年の節目の年でした。今は戦争を実体験した人が少なくなりましたね。 瀬戸内寂聴(以下、寂聴) もうほとんどの人が死んでしまっ [全文を読む]

瀬戸内寂聴が安倍支持ネトウヨの攻撃にも怯まずさらに激烈批判!「安倍首相は世界の恥」「悪名が歴史に残る」

リテラ / 2015年07月22日13時00分

「多くの国民が安保法案に反対したという事実、そして安倍首相と政府与党がどれだけ横暴なことをしたのかという事実は、歴史に刻まれます」 瀬戸内はこの「女性自身」のインタビューに答える少し前、7月10日にも京都の寂庵で定例説法を開いているが、ここでも「可愛い息子や孫が戦争に連れて行かれ、行けば殺さないと殺される。沢山殺せば褒められる」、それが戦争というものの実 [全文を読む]

「最愛の人に捨てられた」突然の出家に騒然!やりたい放題の源氏が犯さなかった3つのタブー~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ガジェット通信 / 2016年12月12日19時00分

会場の飾り付けはもちろん、講師となる僧侶の読経や説法(イケメンとか、話がうまくて声のいいお坊さんなら最高)、そこに集う貴族たちのファッションチェックなど、話題に事欠かない催しだったようです。 特になかなか外へ出る機会のない女性には、貴重なお出かけの機会でもありました。清少納言は宮仕えをする前、大混雑で牛車の中から見物した、貴族の屋敷での法華八講の様子を書い [全文を読む]

寂聴さんへ悩み相談「奥さんのいる男性を好きに…」

WEB女性自身 / 2013年10月21日07時00分

瀬戸内寂聴さんの青空説法、みちのく天台寺には数千人が集まった。法話終了後、境内のあちこちから相談をお願いする手が上がった。 46歳女性 実は今、すごく好きな人がいるんです。私が強く相手を思っているとき、相手が同じように私を思っていてくれると思うときは幸せなんですが。ふっと、自分の気持ちが相手にとってどうなのか……、相手にも家庭の事情がありますし、迷惑なとき [全文を読む]

息子との不仲、病気の母…親子の悩み消す寂聴さんの金言

WEB女性自身 / 2013年05月10日07時00分

瀬戸内寂聴さんの本誌連載『青空説法』の最新単行本が発売されました。タイトルは『明日は晴れ』(光文社刊・1,050円)。「今日はどんなつらい日でも、明日はきっといい日になるはずですから絶望しないで!」というメッセージを込め、寂聴さんが名付けました。今回は「こどもの日」を記念して、親子関係にまつわる悩み相談と、寂聴さんのアドバイス・金言をご紹介します。――息子 [全文を読む]

フォーカス