演習 航空自衛隊に関するニュース

やはり現時点での"米朝戦争"はありえない

プレジデントオンライン / 2017年08月17日09時15分

8月21日には米韓合同演習が実施予定で、緊張はさらに高まることが予想される。最終的に「米朝戦争」が起きる可能性はあるのだろうか。元航空自衛官の宮田敦司氏は「冷静に分析すれば、危険度が高まっているとはいえない」という。北朝鮮のシグナルを読み解く方法とは――。 ■2隻の空母を朝鮮半島近海に派遣か 韓国メディアは8月2日、米空母2隻が8月中旬に朝鮮半島近海へ展開 [全文を読む]

見逃した人必見!? 観覧当選倍率は29倍の富士総合火力演習【画像ギャラリーあり】

FUTURUS / 2015年08月24日18時00分

今年も平成27年度『富士総合火力演習(そうかえん)』が東富士演習場で行われた。最新鋭の装備を駆使して行われる陸上自衛隊国内最大の実弾射撃演習とあって、多くの国民が観覧を希望、その倍率は実に29倍。運良く当たったファン、約2万5,000人は朝早くから会場に詰めかけた。 ■ 総合火力演習とは 陸上自衛隊としては『25大綱(平成26年度以降に係る防衛計画の大綱に [全文を読む]

米戦略爆撃機、朝鮮半島沖で日韓の戦闘機と夜間演習

ロイター / 2017年10月11日11時12分

これとは別に、米軍は声明で、B─1Bランサー2機が10日夜に日本の航空自衛隊および韓国軍の戦闘機と日本海近海で合同演習を行ったと発表。B─1Bランサーが、日本や韓国の戦闘機と合同で夜間演習を行ったのは初めて。 韓国軍によると、B─1Bランサー2機は韓国の領空に入った後、韓国の東方沖で空対地ミサイル演習を実施した。 韓国軍は、今回の演習について、防衛能力を [全文を読む]

アメリカの「金正恩 斬首作戦」が絶対に不可能な理由

プレジデントオンライン / 2017年04月28日09時15分

それでも、ウサマ・ビンラディン殺害作戦に参加した米海軍特殊部隊「DEVGRU」(旧・米海軍特殊部隊チーム6)を、今回の米韓合同軍事演習「フォール・イーグル」に参加させたことは、金正恩へのメッセージにはなったようである。演習中に発表された、朝鮮人民軍総参謀部報道官の「われわれ式の先制特殊作戦を実施する」との声明(2017年3月26日)がそれを裏付けている。 [全文を読む]

自衛隊の演習場、隊員たち「やりたい放題」で無法状態?フェンスなく子供が6日間迷子

Business Journal / 2016年06月15日06時00分

大和くんの無事はもちろん喜ばしいことではあったが、発見された場所が陸上自衛隊の演習場だったことが明らかとなり、警備が厳重な自衛隊施設に小学2年生が簡単に入り込めるのかという疑問が広まった。「自衛隊の演習場の敷地には外周のフェンスもなく、間違って入り込んでしまう可能性は大いにありますよ。自衛隊の施設は、陸上自衛隊の駐屯地と海上・航空自衛隊の基地、そして演習 [全文を読む]

「航空自衛隊ブルーインパルス」が楽天1位の腕時計とコラボ!ブルーインパルスT-4の機体特徴を表現したパイロットウォッチ販売決定

@Press / 2015年10月19日10時30分

株式会社ウエニ貿易(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:宮上 光弘)は、楽天ランキングで月間売上個数1位の腕時計「GUIONNETパイロットクロノ」と世界最高峰の操作技術を持ち最も美しい演習飛行と称される、航空自衛隊松島基地・第4航空団所属第11飛行隊「ブルーインパルス」とのコラボモデル「GUIONNETフライトタイマー」の販売を決定いたしました。本商品 [全文を読む]

米爆撃機、また夜間に朝鮮半島飛行 日本も演習参加

J-CASTニュース / 2017年10月11日18時13分

航空自衛隊は2017年10月10日、米軍のB1B戦略爆撃機2機と九州周辺の上空で共同訓練を実施した。11日に発表した。米軍はその後の10日夜、韓国空軍とも朝鮮半島近くの日本海上空で共同訓練を行ったという。韓国の聯合ニュースでは、今回の狙いは「(北朝鮮に対し)密かに奇襲・侵入する能力を誇示し、心理的に苦しめる意図もある」と韓国軍関係者の話として報じている。 [全文を読む]

中国が"東京爆撃"の飛行訓練を進める思惑

プレジデントオンライン / 2017年09月08日09時15分

昨年8月には日本海でミサイル駆逐艦などが演習を行っているが、今月(9月)中旬から下旬には、日本海とオホーツク海でそれぞれ中露海軍が合同軍事演習を実施する予定になっている。 また中国は、北朝鮮東北部にある羅津港の埠頭について、50年間の租借権を取得している。羅津港は日本海沿岸に位置しており、ここを海軍の拠点とすれば、乗組員の休養や補給のために頻繁に対馬海峡 [全文を読む]

米空母2隻と護衛艦「ひゅうが」参加の共同訓練、日本が「脇役から主役に」と警戒―中国メディア

Record China / 2017年06月11日06時20分

記事は「ここ数年、日本の自衛隊は各国の軍事演習でずっと脇役を演じてきた。武器・装備の発展でも脇役だった。しかし、安倍政権の時代になってから、日本の軍事政策は自衛隊により大きな役割を発揮させる方向に転換した。このために、日本は『空母の作戦能力を持つ』駆逐艦、すなわち『準空母』を開発した」と強調。「この種の『準空母』は徐々に海上自衛隊の主力艦艇となり、日本海 [全文を読む]

今年も自衛隊ブース登場!機動戦闘車が披露される

Walkerplus / 2016年04月30日20時36分

また、航空自衛隊ブースでは、現役戦闘機「F-15J/DJ」のジェットエンジンが展示され、海上自衛隊ブースでは、輸送艦「おおすみ」とエアクッション挺「LCAC」の“模擬演習バーチャル体験”が展開された。航空自衛隊の広報担当者は「F-15戦闘機のエンジンが単体で置いてあることはほぼないので、今回はレアな機会となっています。これがあれば、音速の2.5倍で飛行で [全文を読む]

元自衛隊統合幕僚長 戦時下の米軍機撃墜体験を初めて明かす

NEWSポストセブン / 2015年06月05日16時00分

「『演習』で空に上がればいいんだ!」──隊長に具申すると、小林戦隊長は「よし明日は戦隊訓練だ!」と即決合意したのである。 「演習といっても、もちろん実弾を積んでいますから、上がったときに『たまたま』敵機が来たのだから、攻撃してもいいじゃないかという理屈をつけたわけです。昭和20年7月25日、その日は早朝から整備して上がりました。高度差をとって各飛行隊が敵機 [全文を読む]

田母神俊雄が教える「紛争が戦争に変わる瞬間」(2)戦争開始までに3カ月は必要

アサ芸プラス / 2013年02月26日09時59分

例えば、海上自衛隊や航空自衛隊が、実際の戦闘ではなく総合演習をする場合ですら、相当な準備が必要なのです。ましてや、一国の軍隊が、作戦準備もなしに戦争などやれるわけがありません。 昨年10月に行われた中国海軍による東シナ海での訓練も、ここ数年では最大規模だったと伝えられていますが、それでも部隊単体の訓練であり、ましてや中国海軍全体による演習など、一度も行わ [全文を読む]

国と乗員の命を預かる女性護衛艦艦長

プレジデントオンライン / 2017年06月01日15時15分

「しまゆき」は排水量約3000t、遠洋での練習航海や演習などでも使用される乗員約200人の練習艦である。防衛大学校の女性1期生である彼女は、同じく1期生で練習艦「せとゆき」の艦長となった東良子さんとともに、このとき女性初の艦長に命じられた。 新たに任命された艦長は自らの船の性能を確かめるため、着任した日に乗組員を乗せて離岸する。 すべての準備が整ったのを [全文を読む]

これまでになく緊迫感を持つ米韓合同軍事演習の様子と狙い

NEWSポストセブン / 2017年05月08日16時00分

3月1日から約2か月にわたって行われた米韓合同軍事演習は、両軍あわせて約30万人が参加した。同軍事演習では、4月2日に韓国南東部の浦項で行われた大規模な上陸訓練の様子が報道陣に公開された。さらに同11日には、海上の輸送船から物資を陸揚げする訓練が公開された。4月の訓練を現地取材した在韓国カメラマン・申光秀氏が語る。 「この訓練は初めて陸海空の3軍が連携す [全文を読む]

中国の爆撃機3機、韓国領空を侵入か=THAAD配備への対抗措置との憶測も―韓国メディア

Record China / 2016年08月23日23時30分

中国海軍の東シナ海艦隊の航空爆撃隊もこのほど、日本海で数日続けて実戦演習を実施した。 中国海軍は年明け以降、4度にわたって遠洋飛行訓練を行っている。今回は海軍の定例訓練で、国際海域で世界の海軍の通例にならって実施。いかなる国家、地域、目標も対象としておらず、あくまで国際法にのっとって行っていると強調している。(翻訳・編集/大宮) [全文を読む]

超歌舞伎×初音ミク!ニコ超2016最新情報が続々

Walkerplus / 2016年03月28日07時00分

また、航空自衛隊ブースでは、現役戦闘機「F-15J/DJ」のジェットエンジンが展示され、海上自衛隊ブースでは、輸送艦「おおすみ」とエアクッション挺「LCAC」の模擬演習バーチャル体験が楽しめる。■特撮体験スタジオ「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督が館長を務め、映画などで活躍したミニチュアやデザイン画などを展示した「特撮博物館」が、1年ぶりに復活!会場 [全文を読む]

北朝鮮に自衛隊の特殊部隊を送り込むことは可能か?専門家が分析

まぐまぐニュース! / 2015年11月08日18時50分

おなじみ西恭之氏(静岡県立大学特任助教)は2014年1月22日号のミリタリー・アイに、米陸軍特殊部隊グリーンベレーが2013年、韓国軍とともに北朝鮮に潜入し、反政府ゲリラを組織する想定で合同演習を行った際、演習に参加した2人の大尉の以下のような指摘を紹介しています。 北朝鮮では対空火力の脅威が大きいので、Aチームがヘリコプターで移動できるのは、北朝鮮へ潜 [全文を読む]

壇蜜を自衛隊募集CMキャラクターに起用した防衛省の見えざる深意とは?

アサ芸プラス / 2015年08月22日09時57分

抽選会では壇蜜さん着用済み衣装が当たった男性がハグしてもらっていて、羨ましかったです」 実は、このディナーショーが「予行演習」だとの指摘もあるのだ。「かつて米国ではセックスシンボルのマリリン・モンローが軍を慰問して隊員の士気を上げました。防衛省とのCMキャラクター契約は今年8月から1年間。この間に壇蜜も各駐屯地での“慰問ディナーショー”を展開する‥‥防衛省 [全文を読む]

魚釣島奪還作戦 米軍参加なら日米軍の圧勝で中国野心放棄か

NEWSポストセブン / 2014年06月17日07時00分

2006年に米国で行なわれた模擬演習では、144機のF-15をラプター1機で撃墜したとの報告もある。 「ラプターは突出した機動力とステルス性能を誇り、世界最強の戦闘機と言われています。ラプターと戦うのは、いわば透明人間と鬼ごっこをするようなもの。1機で約10機程度の第四世代機を相手にできる実力があります。仮に20機程度が投入されれば無傷で中国軍機を殲滅でき [全文を読む]

ここまで進んでいる! 中国の“日本占領”事情

週プレNEWS / 2013年03月04日12時00分

航空自衛隊の千歳基地、陸自の千歳・恵庭演習場から2、3キロメートルしか離れていないことと関係はあるのだろうか? 【北海道】岩内町(いわないちょう) 泊原発の原子炉3基が目視できる高台に中国人が別荘を購入しているという。札幌から車で3時間近くかかるこの町でわざわざ別荘を買う理由は、まさか……? 【北海道】倶知安町(くっちゃんちょう) 自衛隊駐屯地から3キロメ [全文を読む]

フォーカス