階級 航空自衛隊に関するニュース

自衛隊vs.帝国陸海軍 「普通の軍隊」になるのか――徹底解剖 日本の大組織

文春オンライン / 2017年08月24日07時00分

ちなみに、明治の初期は「海陸軍」と海軍が優先であったが、武士階級を中心とする国内不平派に対応して鎮台が設置される頃から「陸海軍」と陸軍優先となる。佐賀の乱から西南戦争へと至る不平武士階級の反乱に対応する必要があったためである。 こうした陸軍優先は、西南戦争の鎮圧によって内戦対応の軍隊から「外征軍」へと変化していく時期になっても変わらなかった。海軍の整備には [全文を読む]

災害などから国を守るお仕事! 自衛隊に入るためには?

マイナビ進学U17 / 2016年06月15日12時02分

参考サイト:http://www.jieitai-school.com/kiso/281.html■自衛官の階級と役割の違い自衛官の階級は幅広く分かれており、大きく分類すると幹部、准尉、曹士に分けられており、それぞれで役割が異なります。今回は自衛隊の数ある階級から曹士の最上位の曹長、幹部最上位の幕僚長の2つを抜粋して紹介します。・曹長小部隊のリーダー及び専 [全文を読む]

【官邸ドローン事件】山本容疑者を“反戦左翼”にした航空自衛隊という土壌

デイリーニュースオンライン / 2015年04月30日06時50分

特に階級の低い自衛官の間では、パワハラ、イジメ問題など、何かあれば『元航空自衛官、ジャーナリストのKさんのところに行けばいい』と。いわば“駆け込み寺”としての役割をはたしている。それが自衛隊としては脅威であり、怖い」(前出・空幕関係者) 陸・海・空の3自衛隊を見渡すと、著名な“元自OB”のうち、左翼的な活動で知られるOBを輩出しているのは「空自だけだ」(防 [全文を読む]

空自戦闘機パイロットの資格試験「模範解答渡す」不正を告発

NEWSポストセブン / 2015年01月27日07時00分

「佐官クラスなど、ある程度以上の階級の幹部には、“参考資料”という名目で採点する時に使う模範解答のコピーを渡していました。幹部が試験に落ちて戦闘機に乗れないという事態になってはいけないという思いから生まれた悪しき慣例なのでしょう。いってみれば、私は組織的なカンニングに加担していたということになります」(山本氏) ※週刊ポスト2015年2月6日号 [全文を読む]

ミャンマー将官10人が自衛隊と多彩な交流ー日本財団

Global News Asia / 2016年09月02日21時01分

また航空自衛隊浜松基地近くの浜名湖を望む舘山寺大草山を訪れ、頂上に立つ「ビルマゆかりの碑」と旧日本軍の特務機関「南機関」の機関長だった鈴木啓司大佐(最終階級・陸軍少将)の墓参りも。このほか広島の平和記念資料館や鎌倉なども訪問、自由行動を通じて日本の社会にも触れた。 防衛大学校では、アジアを中心に各国軍からの留学生を受け入れており、タイ軍では、幹部の中では [全文を読む]

フォーカス