小説 秋元康に関するニュース

『ジョン・グレイ博士の「愛される女」になれる本』著者ジョン・グレイ、監修秋元康が、5月11日にキンドル電子書籍にてリリース

DreamNews / 2016年05月20日18時00分

著書に、小説『象の背中』、『趣味力』、訳書に『この人と結婚するために』(J・グレイ)〔訳書は三笠書房刊〕などがある。 ★『ジョン・グレイ博士の「愛される女」になれる本』著者ジョン・グレイ、監修秋元康 ・キンドル電子書籍ストア https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01FTVFWU2 ・三笠書房BOOKSTORE http: [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】秋元康がホラー体験。『着信アリ』執筆中のできごとに「怖かったです」。

TechinsightJapan / 2015年07月31日20時15分

秋元康が小説『着信アリ』を執筆中に起こった恐怖体験をトークアプリ「755」で明かしている。AKB48をはじめとするアイドルグループの曲を作詞する際にそのような現象が起きたという話は耳にしないが、やはり怖い波長の仕事は“怖いもの”を呼ぶのだろうか。 映画になり、ハリウッドでリメイクもされたホラー小説『着信アリ』。その原作者が秋元康だというのも忘れてしまいがち [全文を読む]

「石原プロ次世代スター発掘オーディション」グランプリ受賞者に“秋元康”が音楽プロデュース決定!!

PR TIMES / 2015年10月09日10時39分

著書に、小説『象の背中』(扶桑社)、『企画脳』(PHP文庫)ほか多数。 日本放送作家協会理事長。日本音楽著作権協会(JASRAC)理事。 ◆石原裕次郎生誕80周年 石原プロ次世代スター発掘オーディション概要 [画像2: http://prtimes.jp/i/7290/31/resize/d7290-31-101012-1.jpg ] <主催>「4K未来 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】指原莉乃がマンガ『SLAM DUNK』に共感。「秋元さんは“AKB界の安西先生”」

TechinsightJapan / 2014年08月16日20時55分

彼女は最も影響を受けた作品としてマンガでは『SLAM DUNK』、小説では『白夜行』を挙げており、中でも『SLAM DUNK』にはHKT48へ移籍となった際の自分と重なるものを感じるという。 自著『逆転力~ピンチを待て~』(講談社刊)で話題の指原莉乃が、8月16日の『王様のブランチ』で“読書LOVERSのBook SELECT”コーナーに出演した。本の中で [全文を読む]

渋谷のんべい横丁「鳥重」名物お母さんが語る“人生を成功に導く秘訣”

週プレNEWS / 2012年11月04日06時00分

少し前に『象の背中』という小説をお書きになったんですが、そのときに「お母さんのお店を小説の中で登場させたいんだけど、いいでしょうか」って電話がありました。 ―きちんと連絡するんですね。 母 それから、去年のことですが、夜中の1時過ぎに仕事が終わってふと外を見ると男の人がボーッと立っているんです。それで「なんでしょうか?」って聞いたら、「鳥重さんは今年で商売 [全文を読む]

幻冬舎の依頼で指原莉乃が小説を執筆!? 文壇バーの取材で浮き彫りになった指原と文化人の食い合わせの悪さ

リテラ / 2017年05月11日11時11分

●幻冬舎の依頼で指原莉乃が小説を書くも、あえなく頓挫 本日5月11日、又吉直樹の芥川賞受賞後第一作となる小説『劇場』(新潮社)が出版された。又吉の成功を受けてか、今年3月には徳井健太(平成ノブシコブシ)や板倉俊之(インパルス)、福徳秀介(ジャルジャル)といった吉本芸人の短編小説を掲載したムック本『文藝芸人』(文藝春秋)が出版されるなど、出版界は売り上げを見 [全文を読む]

<「あさロス」の方のために>「あさが来た」平均視聴率が今世紀最高23.5%

メディアゴン / 2016年04月06日07時40分

水戸重之[弁護士/吉本興業(株)社外監査役/湘南ベルマーレ取締役]* * *<白岡あさと広岡浅子>NHK連続テレビ小説「あさが来た」は、平均視聴率23.5%という今世紀最高の記録を残して幕を閉じた。明治の女性実業家・広岡浅子をモデルにしたドラマである。広岡浅子は、加島銀行、炭鉱経営、大同生命、尼崎紡績(ユニチカの前身)、日本綿花(旧ニチメンの前身)などを次 [全文を読む]

『もしドラ』作者が語った挫折 「小説家になれず、自殺しようと思った」

ニコニコニュース / 2012年01月17日12時41分

また、放送作家よりも小説家への思いが強かったという岩崎氏は、かつて収入を二の次に考えて活動をする芸術家肌だったという。ところが、32歳当時の年収が95万円になってしまったことに人生の危機を感じ、そこから改めてビジネスの勉強を始めたと語る。その流れのなかで、ピーター・ドラッカー氏の著書『マネジメント』と出会い、岩崎氏自身が歩んできた様々な人生経験(野球、芸 [全文を読む]

テレ朝「きりたんぽ事件」を見て「抗議のスキル」を考えた

NEWSポストセブン / 2017年03月11日16時00分

一方、かつて村上春樹氏の小説の一部を抗議した自治体は炎上したこともある。両者の違いはなにか。大人力コラムニストの石原壮一郎氏が「大人の抗議力」を考える。 * * * 最初に「秋田県抗議でテレ朝がタイトル変更」というニュースを見たときは、「ああ、どうせまたしょうもないイチャモンを……」と思っていたんですが、そうではありませんでした。早とちりして申し訳ありませ [全文を読む]

石原さとみが「大作」連呼! 日テレ『地味にスゴイ!』12.9%好スタートも「オチが雑すぎ」!?

日刊サイゾー / 2016年10月07日00時00分

原作は、出版社の校閲部を舞台にした宮木あや子氏の小説シリーズ『校閲ガール』(KADOKAWA)。ちなみに、サイゾーの社内にも校閲部がありまして、「真矢みきは、いつの間にか真矢ミキに改名していますよ」「チェキッ娘における秋元康氏の立ち位置は、プロデューサーではなく“協力”ですよ」などと言って原稿を直してくれる、なくてはならない存在です。 石原演じる河野悦子 [全文を読む]

ジョン・グレイ博士、待望の来日!男と女の「距離のとり方」、「愛される法則」がわかる心理法則―新刊書籍『ジョン・グレイ博士の「愛される女」になれる本』(著者:ジョン・グレイ)5月11日(水)刊行!

DreamNews / 2016年05月13日16時00分

著書に、小説『象の背中』、『趣味力』、訳書に『この人と結婚するために』(ジョン・グレイ)〔訳書は三笠書房刊〕などがある。─────■ プレスに関するお問い合わせ先 ■─────社 名:株式会社三笠書房会社ホームページ:http://www.mikasashobo.co.jp/三笠書房電子書籍ストア:http://www.mikasabooks.jp/c/p [全文を読む]

どう見てもモデルは秋元康!? “表現規制“をテーマにしたマンガ『有害都市』に賛否両論!

おたぽる / 2014年11月21日23時00分

ここで思い出されるのは、2010年の都条例改定問題の前後に特に大きかった、有川浩氏の小説『図書館戦争』(アスキー・メディアワークス/現・KADOKAWA)への賞讃だ。この小説は、表現が規制されたらどうなるかを考えさせるフィクションとして賞讃を受けていたわけだが、この作品も規制を推進する側の描かれ方は悪魔的であった。なので、『図書館戦争』は賞讃されて『有害 [全文を読む]

鈴木おさむ、初の恋愛小説『美幸』1月22日発売!あまりにも激しい愛の復讐劇に、ベストセラー作家も驚愕!? 特設サイトもOPEN!

PR TIMES / 2013年12月20日13時54分

彼女が全てを投げ出した「無償の愛」の行方、 そして心震える意外な結末とは…! 【特設サイト】 http://www.kadokawa.co.jp/sp/miyuki/ ~著者からのメッセージ~ 初めて恋愛をテーマに小説を書きました。 僕なりの恋愛小説。 普通の恋愛小説だと思ったらビックリしちゃうと思います。 恋愛というより愛でしょうか。無償の愛。 愛せる [全文を読む]

広瀬すずが『ウタフクヤマ』でのぞかせる“娘力(ムスメリョク)”とは

週刊女性PRIME / 2017年09月11日16時50分

今回、番組のテーマは「クリエイターの脳みそを覗こう!」 作詞家、映画監督、音楽プロデューサー、ミュージシャン、小説家、シンガーソングライターと、これでもかという多彩な顔ぶれによるクリエイター話が繰り広げることを期待した。 だいぶ前置きが長くなったが、ここでやっと広瀬すずの娘力の話となる。 大人ばかりの酒場に紛れ込んだ19歳の少女が隅にちょこんと座っている [全文を読む]

渡辺麻友が純愛を貫く“平成の阿部定”に!?

Smartザテレビジョン / 2017年03月04日05時00分

仲居の阿部定が交際相手を殺害し、その下腹部を切断した衝撃的な事件は、後に数々の小説や映画の題材になった。しかし、このドラマは“阿部定事件”を描くものではなく、渡辺演じるさおりが“純愛を貫き通すため”、“理想の男性に裏切られた復讐(ふくしゅう)のため”、“愛の方向性がズレたため”出会ったサイテー男たちを成敗していく。 渡辺は「お話をいただいた時は驚きました。 [全文を読む]

秋元 康氏がEMTGの特別顧問に就任

PR TIMES / 2017年02月08日15時58分

著書に小説『象の背中』(扶桑社)、『趣味力』(NHK出版)、『天職』(朝日新聞出版)ほか多数。【EMTG株式会社 サービス紹介】EMTGではUVERworld、コブクロ、ゴスペラーズ、サカナクション、THE YELLOW MONKEY、backnumber、ファンキー加藤、吉井和哉を始めとし、約100アーティストの有料ファンサイト/ファンクラブの運営やシス [全文を読む]

神体験3Dクレーンゲーム「神の手」第2弾 HoneyWorks・アニメ映画「ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~」とのコラボが決定!!

@Press / 2016年06月14日15時00分

楽曲発の小説は6冊累計120万部を突破。今年4月に公開したアニメ映画『ずっと前から好きでした。 ~告白実行委員会~』においては、公開からわずか2日で約5万人を動員。現在では20万人を超える大ヒットとなっている。■ゲットした景品が自宅に届 神体験3Dクレーンゲーム「神の手」秋元康氏プロデュース「神の手」は、ゲームセンターで人気のクレーンゲームを完全バーチャル [全文を読む]

代々木アニメーション学院にAKB48の産みの親である秋元 康氏が名誉学院長 兼 総合プロデューサーとして就任

@Press / 2016年03月28日10時30分

著書に、小説『象の背中』(扶桑社)、『趣味力』(NHK出版)、『秋元康アートのすすめ』(美術出版社)、『天職』(朝日新聞出版)ほか多数。映画『着信アリ』(企画・原作)はハリウッドリメイクされ、2008年1月『One Missed Call』としてアメリカで公開。2012年には『象の背中』が韓国 JTBCでテレビドラマ化されている。 1991年 「グッバイ [全文を読む]

大島優子、「下ネタ連発」の舞台出演でベッドシーンに挑む日も近い!?

アサ芸プラス / 2016年02月16日09時58分

「なにしろ、森三中の大島美幸の壮絶なイジメ体験をベースに、夫である放送作家・鈴木おさむが描いたかなり衝撃的な小説の舞台化。下ネタ連発のセリフは、鈴木自身も『ファンに怒られそう』といって尻ごみするほど。よく大島がこんな過激な仕事を受けたと話題になっています」(女性誌記者) ファンの怒りをあおって集客につなげる話題作りではないかとも言われているが、AKB卒業後 [全文を読む]

テリー伊藤対談「鉄拳」(3)「振り子」は母を亡くした体験が元

アサ芸プラス / 2014年02月13日09時58分

テリー そして13年は、国民的人気テレビ小説のオープニングになって、そして年末の紅白という大舞台の中でも出てきた。どのような気持ちですか。田舎へ帰ろうと、その日付も決まっていたのに、テレビの一企画で描いたパラパラ漫画がこんなに大きく広がって、日本を代表する文化人になって。 鉄拳 人生諦めないほうがいいなって思いますね。何がきっかけで仕事が増えるかわからな [全文を読む]

フォーカス