土地 杉並区に関するニュース

怒りの告発!南伊豆に新形「姥捨山」

プレジデントオンライン / 2017年05月14日11時15分

平成27年3月27日に杉並区広報課が発表した「全国初の自治体間連携による特別養護老人ホームを南伊豆町に整備します!」との資料内に、「南伊豆は平均気温16℃の温暖な土地」「豊かな自然」「新鮮な魚介類」と宣伝文句が書かれている。それぞれ検証していこう。 まず、平均気温だ。気象庁HP記載の気象データによれば、南伊豆(石廊崎)の過去3年の平均気温は16.9℃で、記 [全文を読む]

東京都杉並区と横浜市青葉区、そこに住む「意識高い病」にかかった人々の共通点

citrus / 2016年07月01日19時50分

いわゆるブランドアドレスというのは、その土地が持つストーリーに加えて、自然か不自然かはともかく住民が醸成した集団の自己肯定感が鍵となっているのだ。私は川崎から横浜へと日和ってしまったけれど、練馬区のみなさんにはぜひ、ご当地ナンバー導入で練馬ナンバーから杉並ナンバーにこぞって変更する杉並人に惑わされず、杉並の迫害に負けず、自信を持って生涯練馬ナンバーで通して [全文を読む]

平成の姥捨か!?「杉並区の特養」大論争

プレジデントオンライン / 2017年05月24日09時15分

具体的には『きれいな空気』『食べ物が良い』『地域経済の活性化』『土地取得に都心では数十億円かかるが、跡地利用でゼロ円』『事前の調査では希望者多数』など。しかし、東京都(23区中)22区に対し『実証事業』と称して募集をかけたものの、実際には6人しか集まらず町長によるトップセールスは不発。計画は白紙撤回になった」 自然豊かな地方に老後移住したいと憧れを持つ人は [全文を読む]

"姥捨て特養"杉並区以外が距離をとる理由

プレジデントオンライン / 2017年05月19日09時15分

都市部で整備の土地を確保するのは難しいが、地方部であれば可能だ。今回、南伊豆町は土地を無償で貸し出している。特養の誘致によって、観光振興や雇用創出を見込んでいるからだ。 ところが「全国初」というこの取り組みは、まったく広がっておらず、現状では「日本唯一」となっている。なぜ杉並区は、頓挫が見込まれるこの計画を推し進めているのだろうか。 ■なぜ舟形町の計画は失 [全文を読む]

コプラスがコーディネイトのコーポラティブハウス「杉並荻窪コーポラティブハウス[OGGI]」 2012年9月下旬竣工

@Press / 2012年09月10日09時30分

【物件概要】 杉並荻窪コーポラティブハウス (建物名称:OGGI) 住所 :東京都杉並区上荻2-2-4(住居表示) 交通 :JR中央線、東京メトロ丸の内線「荻窪」駅徒歩6分 敷地面積 :633.93m2 延床面積 :1,656.06m2 構造規模 :鉄筋コンクリート造 地下1階 地上5階建 用途地域 :第2種中高層住居専用地域 住戸数 :19戸(60.9 [全文を読む]

すれ違い生活で離婚の満島ひかりが別居生活で失ったものとは?

アサジョ / 2016年05月18日17時59分

満島は結婚を機に移り住んだ形なので、2人がすれ違い状態になったら、同じ土地に住み続けるわけにはいかなかったんでしょうね」 果たして満島は、引っ越し先でもお気に入りのパン屋を見つけることができたのだろうか。(白根麻子) [全文を読む]

空き室だらけの「特別養護老人ホーム」

プレジデントオンライン / 2017年07月04日09時15分

土地が高騰する都心部から高齢者を集めれば、ウィンウィンだという発想です。しかし、介護認定を受けている人の約7割が認知症を患っている現実を前に、どこまで本人の意思、要望を確認できるのか、また遠方への移送に高齢者が耐えられるのかという問題もあります。70年、80年と生きてきて最後の最後で縁もゆかりもない土地で、見知らぬ人に囲まれて過ごす孤独は、仮に本人が現状を [全文を読む]

人口減少の衝撃 20~30代女性半減の都市続出、新築住宅ニーズ消滅の危機

Business Journal / 2014年11月21日06時00分

おそらく現役世代の社会保障負担が増えすぎ、経済活動が停滞し、GDPは下がり、土地への需要が減り、地価も下落するだろう」として、「現役世代負担率」(生産年齢人口1人に対する老年人口の割合)に注目する。 同書によると「現役世代負担率が上がるほど地価を押し下げる。(略)このまま現役世代負担率が上がり続けた場合、日本全体の地価を2010年から2040年にかけて毎年 [全文を読む]

タワマンより豊か 名作ニュータウン3選

プレジデントオンライン / 2017年07月10日09時15分

なんでもかんでも木を伐採して、土地を平らにするニュータウンとは異なる、風情のある住宅地がここに生まれた。 ただし、後期高齢者が増えるこれからの時代には、起伏の多い地形が負担になる危険もある。新しい交通手段が必要になるだろう。 【2】鳩山ニュータウン(埼玉県比企郡鳩山町) 鳩山ニュータウンに初めて行ったのは2012年の春だ。『東京は郊外から消えていく!』(光 [全文を読む]

上京して、初めて住んだ23区ランキング!2位は「世田谷区、練馬区」では1位は?

Woman Insight / 2017年04月28日06時45分

初めての土地で、初めての学校で、初めての一人暮らしは心細いと思います。少しでも不安な気持ちがなくなるような、安全な街の快適な部屋で過ごせるといいですね。(あおいあん) 情報提供元:株式会社グローバル・リンク・マネージメント 【あわせて読みたい】 ※え、これ全国共通じゃないの?「方言だと思ってなかった方言」コレクション ※親にSNSをフォローされるの、あり? [全文を読む]

狭小地に最適な半地下仕様のモデル店舗が都内に初登場!アイダ設計「荻窪モデル店」9/17(土)グランドオープン!さらにアイダ設計は積極出店!浜松・相模原にも同時期オープン!

PR TIMES / 2016年09月15日14時01分

本店舗はアイダ設計人気の「BRAVO FAMILY(ブラーボ・ファミリー)」仕様のほか、都心部に多い狭小・高さ制限のある敷地に対応する、土地を最大限有効活用できるアイダ設計初の「半地下」仕様となっています。[画像1: http://prtimes.jp/i/10879/17/resize/d10879-17-661816-0.jpg ][画像2: http [全文を読む]

【何だこれ】日本に最強の「曰くつき物件」があるぞ!海外で話題に

秒刊SUNDAY / 2016年07月23日19時11分

つまりこの土地を有効利用した全く新しい発想の家なのである。 キッチン、ダイニング、リビングルーム、ベッドルーム、バスルーム、遊び場などすべての要素を詰め込んだ家で、東京の杉並区にあるという。 既に家には人が住んでおり、家族3人で暮らしており、わずか4ヶ月で完成させたという。自分のマイホームを手に入れるため、東京にある不思議な地形を利用したこの家。 土地は狭 [全文を読む]

公園を保育所にする杉並区に「通勤時間を30分伸ばせばいい」

NEWSポストセブン / 2016年06月26日16時00分

杉並区はその土地に、100人規模の保育所を作ろうとしている。 説明会は張り詰めた空気の中、始まった。まず杉並区の担当職員が「緊急対策」について説明する。質疑応答に移っても、緊迫した雰囲気は変わらない。 住民側の席から、青いチェックのシャツを着た50代くらいの男性が立ち上がった。男性は、待機児童問題の解消そのものには賛成だと語った上でこう続けた。 [全文を読む]

5千万円の驚愕の欠陥住宅!傾きで動悸、家中に水たまりカビだらけ、一晩中騒音

Business Journal / 2016年03月21日06時00分

子どもは2歳と4歳で実家に世話になることも多かったので、家を建てるならば実家の近くがいいと考えて土地を探した結果、親戚と先代の社長が知り合いだった地場のハウスメーカーHに建築を頼んだのです」(大島氏夫人) 90年8月に通算2000本安打を達成した大島氏は、93年当時も40歳を過ぎたものの現役で活躍していた時期だ。親戚と共にHの先代社長に面談し「安心して任せ [全文を読む]

やっぱりタワーマンション購入はこんなに危ない!節税対策の罠、巨額負債抱える恐れも

Business Journal / 2015年10月02日06時00分

現状当局の不動産評価の方法は、土地全体の面積に対する物件の床面積で決まる。タワーマンションのように上層部と下層部で価格がまったく違っても、広さが同じであれば評価も同じとなる。また、タワーマンションなどは戸数が多く、一戸当たりの所有面積が狭くなり、相続税を計算する際の評価は相対的に低くなる。結果的に現金を相続するより大幅に節税できるというものだ。 では、どん [全文を読む]

日本初!学会検診事業と健康情報の保全・流通をガイドライン化~ウェアラブル端末の普及時代に新たな情報管理の方法として~

DreamNews / 2015年05月27日14時00分

< 一般の方からのお問い合わせ先 > 担当: 石井、阿久津メールアドレス: checkup@ithealthcare.jpTEL: 03-5244-5807(株式会社MTヘルスケアテ゛サ゛イン研究所)ホームページ: http://ithealthcare.jp < 報道関係者からのお問い合わせ先 > 広報代行 共同PR株式会社担当: 玉手・大浦・中澤TE [全文を読む]

「地方創生」に取組む行政や建設・不動産・介護業界を応援~全国無料セミナー講師協力中~

@Press / 2015年01月06日12時00分

■シェアハウス活用で「地方創生」を応援1)「空き家」や「土地」の有効活用「空き家」のシェアハウスだけでなく、新たな土地有効活用として新築のシェアハウスを作り、その運営管理や食事や清掃の家事支援等を地域の高齢者や都会からのUターン者に担ってもらう事で新たな雇用を作ります。2)「観光事業」の場として提供地域の高齢者が観光地の案内役を務めたり、郷土料理を振舞うな [全文を読む]

東京の魅力を再発見!夏祭りの前に立ち寄りたいスポット

Daily Beauty Navi / 2014年08月07日09時00分

阿佐ヶ谷駅のある杉並区はもともとアニメ制作会社の多かった土地で、ここはアニメ制作者とファンの交流の場所を目指して作られました。アニメやゲームにちなんだ店を見てまわるときには「101」のトロピカルフルーツやナタデココの入ったタピオカドリンクを飲みながら、おなかがすいたら「象の耳」の揚げ焼きパンを。揚げた後に焼いているので、脂っこくなくてヘルシーなのも魅力です [全文を読む]

「世界一危ない都市」東京は“水害”にも弱かった! 迫り来る水没のXデー

週刊女性PRIME / 2017年09月02日22時00分

“水の低きに就くが如し”です」(土屋さん) 特に、満潮時の平均海水面よりも低い土地にある海抜ゼロメートル地帯では、水没の可能性が大きい。 「わが国の3大都市圏には広大な海抜ゼロメートル地帯が広がっています。過去に地下水の過剰な汲み上げを行ったせいです。特に東京では、地下水にメタンガスが含まれていたため、工業用に大量に汲み上げられました」(河田教授) その結 [全文を読む]

富野由悠季が語るアニメ“聖地巡礼”ブームへの思い「僕が反面教師。若い時に外に出ておかないとダメ」

週プレNEWS / 2017年01月30日15時00分

一例だけど、その土地の特産品のポスターばかり目立って張ってあるけど、外国人にはトイレの場所がどこかわかりづらいとかね、たくさんある。 ―なんだか聖地巡礼の話から、日本の観光業界全体の話へと飛躍していますね。 富野 僕としてはそこが狙い。伝統を守ることだけが“おもてなし”ではないんだって話は、もともと観光業界にどっぷりの人では言いづらいけど、新参者なら忌憚 [全文を読む]

フォーカス