決算 東レに関するニュース

東レ、“斜陽”繊維事業で高収益のカラクリ ユニクロとの提携、他社と逆行…

Business Journal / 2013年01月26日06時55分

●奇跡ではない東レの繊維復活 東レの合成繊維事業が話題となるきっかけは、昨年5月に発表した2012年3月期連結決算の内容だった。同社はこの決算で売上高が前期比3.2%増の約1兆5900億円、営業利益が同7.6%増の1077億円、経常利益が同11.1%増の1098億円、当期純利益が同10.9%増の642億円となり、営業、経常、純益の三益が過去最高を更新した。 [全文を読む]

【投資のヒント】決算発表後に目標株価の引き上げがみられる銘柄は

ZUU online / 2017年05月09日18時00分

先月20日の安川電機 を皮切りにスタートした3月期決算銘柄の本決算発表も今週がピークとなりますが、一足早く決算を発表した銘柄では業績や目標株価の見直しもある程度進んだと思われます。そこで今回は先月27日に決算を発表したTOPIX500採用の3月期決算銘柄を対象に決算後に目標株価引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました [全文を読む]

明暗くっきり。失速ユニクロと好調しまむらに見る業界のジレンマ

まぐまぐニュース! / 2016年12月13日05時00分

その勢いの差は決算書を見ても一目瞭然です。しかし、無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、しまむらも今後ユニクロと同じ轍を踏む可能性があると指摘、そこには「アパレル産業の課題」が横たわっているとしています。 ユニクロの失速としまむらの快進撃から見えること こんにちは、佐藤昌司です。フ [全文を読む]

【投資のヒント】2年ぶりに最高益が期待される銘柄は

ZUU online / 2017年05月22日18時00分

日本経済新聞の集計によると上場企業の2017年3月期の決算は、急ピッチで進んだ円高の影響で売上高が前の期に比べ3%減り減収となったものの、2年ぶりに増益となり過去最高を更新となりました。そして2018年3月期は増収増益となる見通しで、前期に続いて最高益の更新が期待されています。そこで今回は今期に営業利益で最高益更新が見込まれる3月決算銘柄のなかから前期こそ [全文を読む]

東レとユニチカ、“脱繊維”進める繊維業界の明暗を分けたもの

Business Journal / 2012年12月01日10時25分

ユニチカの2013年3月期第1四半期(4-6月)連結決算は、売上高が388億8000万円で、前年同期比マイナス12.7%、経常利益が5億6000万円で同マイナス73.7%と大きく落ち込んだ。経常利益の上期(4-9月)計画20億円に対する進捗率も28.0%にとどまり、今年5月に発表したばかりの経営ビジョン(長期経営計画「ビジョン2020」)の目標数字に早々と [全文を読む]

巨像・トヨタに激震…利益1兆円消失の危機

Business Journal / 2016年06月07日06時00分

2017年3月期決算の前提となる為替レートを見てみよう。主要企業360社のうち、1ドル=110円に設定している企業が全体の52%を占めた。【円安メリット企業が前提としている今期の1ドルの為替レート】・100円日精樹脂工業・105円トヨタ自動車、トヨタ紡績、豊田自動織機、小松製作所(コマツ)、三菱電機、ファナック、小糸製作所、日野自動車、豊田合成、富士重工業 [全文を読む]

フォーカス