帝人 東レに関するニュース

安倍首相の“お友達企業”取締役に、あのSTAP細胞問題の戦犯が就任!

Business Journal / 2015年06月09日06時00分

東レと競合する帝人とユニチカは不採算事業の減損損失を計上して最終赤字に転落。東洋紡は減収減益だった。東レの独り勝ちである。 [全文を読む]

東レ、“斜陽”繊維事業で高収益のカラクリ ユニクロとの提携、他社と逆行…

Business Journal / 2013年01月26日06時55分

例えば、帝人は医薬品事業への参入、クラレは合成樹脂や化成品への主力事業転換などでしのいだ。繊維工場を閉鎖して広大な跡地に商業施設を誘致、賃貸収入で生き残りを図るメーカーもあった。 [全文を読む]

自動車、製造の常識が根底から変更…「炭素繊維」納品めぐる死闘の幕開け

Business Journal / 2016年10月20日06時00分

帝人が三菱ケミカルホールディングス(HD)に逆転勝利した。帝人は、米自動車部品大手コンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス(以下、CSP)社を840億円で買収すると発表。帝人による企業買収では過去最大となる。今年12月にCSP社の全株式をファンドなどから買い取り、完全子会社にする。 CSP社をめぐっては、三菱レイヨンが提携に向けて協議中だった。三菱 [全文を読む]

【繊維・紙・パルプ業界】他社牽制力ランキング2015トップ3は東レ、東洋紡、帝人

DreamNews / 2016年05月26日10時00分

集計の結果、2015年に最も引用された企業は、東レの1,732件、次いで東洋紡の656件、帝人の585件となりました。 1位東レの最も引用された特許は、「繊維強化熱可塑性樹脂成形体」に関する特許(特許第5309563号)、「ディスプレイ用フィルター」(特願2006-204255)のほか、「アクリル樹脂フィルム」に関する特許(特願2006-512757)の [全文を読む]

快走・東レ、高リスク連続大型買収から透ける、長期的“脇固め”経営と新市場進出への布石

Business Journal / 2013年12月14日01時00分

炭素繊維市場におけるゾル買収後の東レの世界シェアは単純合算で31.7%となり、現在2位でシェア13.9%の東邦テナックス(帝人子会社)を大きく引き離し、圧倒的な競争力を確保することになる。同時に、汎用品から高機能品まで揃えた初の「炭素繊維総合メーカー」にもなる。東レはゾル買収の理由について「高機能品と汎用品の両面から事業展開を図ることで、新たな成長機会を [全文を読む]

【繊維・紙・パルプ業界】他社牽制力ランキング2016トップ3は東レ、東洋紡、帝人

DreamNews / 2017年06月09日11時00分

集計の結果、2016年に最も引用された企業は、東レ、次いで東洋紡、帝人となりました。 1位東レの最も引用された特許は、「カーボン含有樹脂組成物」に関する特許(特願2001-202046)で、後発の特許8件(うち6件がマツダ)の審査過程で拒絶理由として引用されています。このほかには「蓄電デバイス用セパレータ」に関する特許(特許第5707961号)や、「バイ [全文を読む]

クルマの軽量化ニーズ増加で「東レ」が炭素繊維事業拡大!

clicccar / 2017年02月24日06時03分

炭素繊維市場を先陣を切って開拓してきた東レは世界シェアの約4割を握っており、帝人、三菱レイヨンを足した日系3社で世界生産の6割超を占めるなど、日本が強い競争力を持つ先端素材。 そうしたなか、新聞報道によると東レは今後3年で炭素繊維に過去最大となる1,000億円超を投じ、自動車市場への「CFRP」部材供給体制を本格化させる計画で、2018年の稼動を目指して [全文を読む]

自動車向けCFRPの世界需要は2020年には28,000tに増加。矢野経済研が需要予測を発表

clicccar / 2016年11月14日14時03分

今回の予測全体を最近の自動車業界の動向に照らし合わせてみると、素材メーカーでは東レ、帝人などが自動車向けのCFPRを手がけており、CFPRを採用する高級車以外の自動車メーカーでは、トヨタが新型プリウスPHVのバックドアにCFPRを採用し、CFPRを含むバックドアの量産性確保のために新型プリウスPHVの発売開始が遅れているのでは、と噂されていることが想起さ [全文を読む]

【繊維・紙・パルプ】特許資産規模ランキング、トップ3は東レ、三菱レイヨン、帝人

DreamNews / 2015年10月27日11時00分

その結果、1位 東レ、2位 三菱レイヨン、3位 帝人となりました。 1位の東レの注目度の高い特許には、「電子放出源用炭素材料、リン酸系ガラス、および導電性粒子を含む電子放出源用ペースト」や「強化繊維と、マトリックス樹脂からなる成形材料を用いたプレス成形方法」に関する技術などが挙げられます。 三菱レイヨンは、昨年から3つ順位を上げ2位となりました。同社の注 [全文を読む]

日本のプラスチック工業はどれだけ強いのか―中国メディア

Record China / 2017年03月23日01時50分

そのうえで、クラレ、出光、帝人、東レ、旭化成、住友化学、三菱化学、三井化学、信越化学などを挙げ、「プラスチック素材を生産する化学工業メーカーが数え切れないほど存在する」と紹介した。 また、「資源に乏しく、土地の狭い日本では廃プラスチックの回収が非常に重視されている。PET(ポリエチレンテレフタラート)の回収率は54%で世界一だ」とし、帝人、萩原工業、パナ [全文を読む]

奥さんに買ったら喜ばれるかも?弱酸性に保ち肌トラブルを防ぐ「身に纏う化粧品」

FUTURUS / 2015年12月05日22時00分

その新しく発表される素材の多くは“植物由来のエコな物”が増えておりトレンドとなりつつあるが、繊維開発の大手である『帝人』が“着るだけで化粧品代わりになってくれる”という夢のような素材を発表した。 ■ 着るだけで肌を「弱酸性」に調整してくれる その素材とは『ラフィナン』というもので、健康的な肌に近い弱酸性の化粧品成分が配合された素材となっている。 sour [全文を読む]

「耐熱性繊維の世界市場 ~2020年:繊維の種類別 (アラミド繊維、セラミック繊維、その他)・用途別・地域別の市場動向と将来予測」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年08月05日11時30分

第1章 イントロダクション 第2章 分析手法 第3章 エグゼクティブ・サマリー 第4章 重要考察 第5章 市場概要 ●イントロダクション ●市場の内訳 ●市場のダイナミクス ●課題 第6章 産業動向 ●イントロダクション ●バリューチェーン分析 ●ポーターのファイブフォース分析 ●戦略的ベンチマーキング 第7章 耐熱性繊維市場:繊維の種類別 ●イントロダ [全文を読む]

【繊維・紙・パルプ業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は東レ、東洋紡、三菱レイヨン

DreamNews / 2015年05月12日11時00分

2014年に、東レの特許によって影響を受けた件数が多い企業は三菱樹脂、次いで富士フイルム、帝人、大日本印刷などとなっています。 2位東洋紡の最も引用された特許は、「光学用易接着性ポリエステルフィルム(特許第4770971号)」および「液晶表示装置、偏光板および偏光子保護フィルム(特許第4962661号)」で、前者は三菱樹脂の7件と大日精化工業の1件、後者は [全文を読む]

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、水処理ビジネス市場について調査結果を発表

DreamNews / 2015年04月07日17時30分

例えば、帝人帝人〈瀋陽〉環保科技有限公司を設立、野村マイクロサイエンスが黔東南州凱創水資源環保科技工程有限公司を設立、三菱レイヨンがベトナムの現地企業と販売代理店契約を締結したこと等が挙げられる。 ◆2014年度については、引き続き海外への展開強化や現地企業との連携に加え、海外からの受注が多く見られる。具体的には、東レが、繊維・水処理膜メーカーのウンジケ [全文を読む]

「炭素繊維強化プラスチック(CFRP)複合材料のリーディング企業16社 2014年」産業リサーチ刊行

DreamNews / 2014年09月01日14時00分

全体としてビッグプレイヤーといえば、Hexcel, Cytec, 東レ,そして帝人が挙げられますが、細分化された市場にあって飛びぬけたシェアを有するとは言えません。また複合材市場は専門化が進んだ市場といえます。たとえばCytec社は炭素繊維のみ、といったように多くの企業は1タイプの複合材を生産していますが、帝人が炭素繊維とアラミド繊維を扱っているように複数 [全文を読む]

「炭素繊維の世界市場:2026年に至る需要家別、製品タイプ別市場予測」最新調査リリース

DreamNews / 2017年01月05日11時00分

【英文市場調査レポート】炭素繊維の世界市場:2026年に至る需要家別、製品タイプ別市場予測Carbon Fiber Market by Product Type (Continuous, Long, Short), Raw Material (PAN, Pitch, Rayon), Form ( Composite, Non-Composite), End [全文を読む]

「炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場:用途別2016-2026年市場予測と動向」調査レポート刊行

DreamNews / 2016年06月16日10時30分

【英文市場調査レポート】炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場:用途別2016-2026年市場予測と動向Carbon Fibre Reinforced Plastic (CFRP) Composites Market Report 2016-2026Forecast Data, Analysis & Outlook For Top Companie [全文を読む]

水着キャンギャルの終焉 背景に企業広告の方針変更

NEWSポストセブン / 2016年05月29日16時00分

キャンギャル業界を引っ張ってきた繊維メーカーも1999年のクラレを皮切りに、2002年には東洋紡、2003年にはカネボウと帝人が撤退。ビール会社もキリンとサントリーがそれぞれ2003年、2004年を最後に幕引き。アサヒとサッポロは続けているが、2005年から水着姿は封印された。近年ではテレビCMにも、矢沢永吉や福山雅治といった男性が出演している。 「不景 [全文を読む]

「自動車用複合材料の世界市場2016-2026年」調査レポート刊行

DreamNews / 2016年05月25日10時30分

【英文市場調査レポート】自動車用複合材料の世界市場2016-2026年Automotive Composites Market Forecast 2016-2026Analysis of Top Companies Light-Weighting for Fuel Efficiency & Emission Reduction With Car Inter [全文を読む]

「世界の複合材料市場の動向および予測 ~2021年:タイプ (炭素複合材・ガラス複合材他)・樹脂 (熱硬化性樹脂・熱可塑性樹脂)・製造技術・用途・地域別」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年05月18日15時00分

第1章 イントロダクション 第2章 調査手法 第3章 エグゼクティブサマリー 第4章 重要考察 ●市場規模の比較 (2016年と2020年) ●複合材料の製造プロセス別成長率 ●航空・防衛産業向け用途が最大の市場シェアとなった2015年 ●国別成長率 ●樹脂タイプ別市場規模の比較(2016年と2020年) ●エンドユーザー産業の成長マトリックス 第5章 [全文を読む]

フォーカス