旭化成 東レに関するニュース

リチウムイオン二次電池 セパレーター、特許総合力トップ3は東レ、LG CHEM(韓国)、住友化学

DreamNews / 2017年04月19日11時00分

総合力4位の旭化成は、子会社であるCELGARDを合算すると、総合力の順位が2位となります。旭化成名義で注目度が高い特許として、膜厚、応力、強度といった物性値を規定したもの、CELGARD名義で注目度が高い特許として、セパレーター作成工程に関する特許が挙げられます。 本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「リチウムイオン二次電池 セパレーター」に [全文を読む]

【繊維・紙・パルプ業界】他社牽制力ランキング2016トップ3は東レ、東洋紡、帝人

DreamNews / 2017年06月09日11時00分

2016年に、東レの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は大日本印刷(53件)、次いで三菱レイヨン(52件)、旭化成(49件)と続いています。 2位東洋紡の最も引用された特許は、「偏光子保護フィルム」に関する特許(特許第4962661号)で、大日本印刷による後発特許10件をはじめとする計13件の審査過程で拒絶理由として引用されています。 2016年 [全文を読む]

リーディング・カンパニーシリーズ最新作『東レ 改訂版』が12月17日に発売!! ネット上では知ることのできない東レが満載。日覺社長の単独インタビューなど繊維・化学業界の雄・東レの実像を徹底解剖

DreamNews / 2016年12月09日10時00分

また、企業規模などから東レにとって永遠のライバルとも目される旭化成との経営比較を行い、それぞれの強みや特徴を浮き彫りにしています。研究・技術開発から人材育成まで細部にわたり戦略を分析し東レの実力を探る 四十余年間、化学業界のトップ専門紙・化学工業日報の記者・編集局長・論説委員を歴任し、化学・繊維業界を最もよく知る産業ジャーナリストと呼ばれる佐藤眞次郎氏の手 [全文を読む]

水着姿のキャンギャル 水着審査拒否し合格した後の女優K

NEWSポストセブン / 2016年05月28日16時00分

松嶋菜々子は旭化成の提供番組『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ系)の放送10周年とタイアップした1992年のキャンペーンガールに選出された。同年のアサヒビールのソフトドリンク部門でも選ばれて、1996年の朝ドラ『ひまわり』で女優として開花した。「新作水着や化粧品のキャンギャルは女性に共感される要素を持つ必要がある。女優としても売れる存在感があり、その [全文を読む]

「分離膜の世界市場:2021年に至る技術別、用途別市場予測」調査レポート刊行

DreamNews / 2017年04月28日11時00分

【英文市場調査レポート】分離膜の世界市場:2021年に至る技術別、用途別市場予測Membranes Market by Type (Polymeric, Ceramics), Technology (RO, UF, MF, NF, Pervaporation, Gas Separation), Application (Water & Wastewater [全文を読む]

日本のプラスチック工業はどれだけ強いのか―中国メディア

Record China / 2017年03月23日01時50分

そのうえで、クラレ、出光、帝人、東レ、旭化成、住友化学、三菱化学、三井化学、信越化学などを挙げ、「プラスチック素材を生産する化学工業メーカーが数え切れないほど存在する」と紹介した。 また、「資源に乏しく、土地の狭い日本では廃プラスチックの回収が非常に重視されている。PET(ポリエチレンテレフタラート)の回収率は54%で世界一だ」とし、帝人、萩原工業、パナ [全文を読む]

夏目雅子が「キャンギャル→スター」という道筋を作った

NEWSポストセブン / 2016年05月27日11時00分

すると彼女はクラリオンや旭化成、大磯ロングビーチなどの広告にも起用されることとなる。その後、各企業は「第2のアグネス・ラム」を狙って外国人を頻繁に起用し始める。 その時代に鮮烈なデビューを飾ったのが夏目雅子だ。1977年、カネボウ化粧品は日本で約200名、パリ、ロンドン、ニューヨークで約400名をオーディションしたが、その中から夏目を抜擢。約2か月のチュニ [全文を読む]

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、ケミカルメーカーのR&D戦略について調査結果を発表

DreamNews / 2015年05月07日18時00分

旭化成は、環境・エネルギー関連・ヘルスケア関連事業等の拡大を目指している。特にヘルスケア関連では、子会社等を通じてM&A、アライアンスを積極化している。 ◆本資料では主要大手27社を対象に、研究開発力(連結・単独)の実態と分析を行った。具体的には、R&D推進体制、R&D展開状況、外部提携、更には今後のR&D戦略と事業戦略の方向性を中心に実査・分析し、今後の [全文を読む]

中国が本物志向に。日本の高付価値素材へ期待高まる【インターテキスタイル上海2014年秋3/3】

FASHION HEADLINE / 2014年12月19日08時00分

消費者も目が肥えてきたのではないか」と語るのは旭化成の担当者。ベンベルグは欧米中心に人気が持続しており、中国でも様々なブランドが採用している。蝶理も、「去年よりも引き合い多く、商談スペースが足りないほど。春展にも出展して、商品の見せ方などいろいろ工夫していきたい」と中国市場へ期待を寄せる。 [全文を読む]

雑誌のレシピで塩10gを100gにし読者が「食べてみろ」と抗議

NEWSポストセブン / 2013年04月26日07時00分

当時、これらの業界は急成長中で、東レ、カネボウ、旭化成、資生堂などはBG向けの広告を掲載できる媒体を待望していた。若い読者のニーズと一致して、週に1回発行する、回転の速い女性週刊誌はその受け皿となった。彼女たちにふさわしい記事と広告が、『女性セブン』の創刊号にも掲載されている。 「セブンモード・コレクション」記事では、外国人女性をモデルに、初夏に着るニット [全文を読む]

フォーカス