炭素繊維 東レに関するニュース

快走・東レ、高リスク連続大型買収から透ける、長期的“脇固め”経営と新市場進出への布石

Business Journal / 2013年12月14日01時00分

営業利益が最も伸びたのは炭素繊維事業で、前年同期比約70%増だった。化学繊維事業も「ヒートテック」など衣料向け高機能繊維が好調で、前年同期比約30%増だった。このため、同社は14年3月期の通期連結決算予想を「当初通り」と据え置き、純利益は13年3月期比34.1%増の650億円を見込んでいる。これで純利益は2期ぶりの過去最高益更新がほぼ確実となった。 そん [全文を読む]

「炭素繊維の世界市場:2026年に至る需要家別、製品タイプ別市場予測」最新調査リリース

DreamNews / 2017年01月05日11時00分

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「炭素繊維の世界市場:2026年に至る需要家別、製品タイプ別市場予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】炭素繊維の世界市場は2016年から2026年まで金額ベースで平均年成長率10.8%にて推移すると予測されます。その市場規模は2016年の28億ドルから2026年には80億ドルに達すると当レポートで [全文を読む]

ホンダの燃料電池車・CLARITY FUEL CELLには、カーボン材料が生きている

clicccar / 2016年04月13日11時03分

(画像:ホンダ) 今回は東レの炭素繊維材料が「クラリティ」に使われていることが明らかになりました。 東レの発表によると「クラリティ」に採用された炭素繊維材料は、燃料電池スタックの電極基材用カーボンペーパーと、および高圧水素貯蔵タンク用高強度炭素繊維の2つです。 (画像:東レ) まず、燃料電池スタックの電極基材用カーボンペーパーについては、東レが30年来開 [全文を読む]

トヨタがFCV「MIRAI」の心臓部にカーボン繊維を採用!

clicccar / 2014年11月30日08時03分

軽量化を目的に航空機や自動車に採用が進む炭素繊維複合材料「CFRP」。 ボーイング787の主翼や胴体に大々的に採用されたのに続き、BMWが量産モデル「i3」や「i8」のボディ骨格に採用するなど、強度が鉄の約10倍で重量が鉄の約1/4と、アルミニウムを遥かに凌ぐ高い強度と軽量化効果が得られる「CFRP」は燃費や航続距離を重視する次世代車にとっても無くてはなら [全文を読む]

繊維、造船…“旧”花形産業、何が老舗企業の明暗分けた?加速する脱・主力事業

Business Journal / 2014年07月30日01時00分

永続的な研究開発が実を結んだのが、アクリル繊維を原料とする炭素繊維。比重は鉄の4分の1と軽いのに強度は10倍。鉄より強くアルミより軽く、錆びることも金属疲労もない。そのため、米ボーイングの最新鋭機B787の機体や主翼などに東レの炭素繊維が使われ、炭素繊維は航空機の主要な材料となった。今後、自動車への採用が期待されており、東レは米サウスカロライナ州に炭素繊維 [全文を読む]

日本の炭素繊維技術がすごすぎる!中国ネットで話題に=「この技術だけで世界を制することができる」「日本は常に我々の前を走っている」

Record China / 2016年11月10日07時50分

2016年11月8日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の炭素繊維技術について紹介する動画記事を掲載した。 動画では、日本企業が開発した炭素繊維は鉄の4分の1の重量であるにもかかわらず強度は鉄の10倍だと紹介。弾力があって耐久性のある質の高い日本の炭素繊維は世界シェアの7割を占めており、釣竿から自動車、飛行機まで幅広く応用されていると伝えた。 これに対し [全文を読む]

安倍首相の“お友達企業”取締役に、あのSTAP細胞問題の戦犯が就任!

Business Journal / 2015年06月09日06時00分

事業別では炭素繊維関連の好調さが目立つ。米航空大手ボーイングからの受注増や圧縮天然ガスタンク向けに加え、自動車、風力発電用の風車向けも順調。同部門は2期連続の増収増益を見込んでいる。主力の繊維事業も2ケタの増益になる見込み。おむつ用の不織布や自動車用エアバッグ向け素材の出荷が増える。 合成繊維大手の15年3月期連結決算は明暗を分けた。東レと競合する帝人と [全文を読む]

東レ、“斜陽”繊維事業で高収益のカラクリ ユニクロとの提携、他社と逆行…

Business Journal / 2013年01月26日06時55分

旅客機・ボーイング787の機体にも使われて話題を集めた炭素繊維ではない。「技術が枯渇した成熟産業」と言われている合成繊維のことだ。わが国では落ち目の三度笠のはずの事業が、東レに限っては業績がすこぶる好調なのだ。●奇跡ではない東レの繊維復活 東レの合成繊維事業が話題となるきっかけは、昨年5月に発表した2012年3月期連結決算の内容だった。同社はこの決算で売上 [全文を読む]

自動車向けCFRPの世界需要は2020年には28,000tに増加。矢野経済研が需要予測を発表

clicccar / 2016年11月14日14時03分

矢野経済研究所が、自動車向け炭素繊維強化プラスチック(CFPR)の世界需要予測を発表しました。 今回の発表された予測の調査は2016年7月~10月に実施されたもので、調査対象は自動車メーカー、炭素繊維メーカー、関連メーカー、研究開発機関に及んでいます。 調査対象のCFPRとは、強化材に炭素繊維を用いた繊維強化プ ラスチックの総称で、マトリックスに熱硬化性樹 [全文を読む]

「炭素繊維強化プラスチック(CFRP)複合材料のリーディング企業16社 2014年」産業リサーチ刊行

DreamNews / 2014年09月01日14時00分

リサーチステーション合同会社は、英国Visiongain社の最新リサーチ「炭素繊維強化プラスチック(CFRP)複合材料のリーディング企業16社 2014年」のお取扱いを開始しました。【レポート紹介】炭素繊維複合材市場は、この先幅広い業界・用途において力強い成長を見せるでしょう。同市場は競合が激しく、多数企業が参入し市場シェアを争っており、高度に細分化された [全文を読む]

クルマの軽量化ニーズ増加で「東レ」が炭素繊維事業拡大!

clicccar / 2017年02月24日06時03分

ボーイング787の主翼や胴体をはじめ、風力発電風車やゴルフクラブ、ガス圧力容器などに使われている「炭素繊維」。 同素材は樹脂を混ぜた複合材料「CFRP」(炭素繊維強化樹脂)にして使用されるのが一般的で、軽くて強く、耐腐食性に優れています。 トヨタ自動車(以下トヨタ)のスーパースポーツ「レクサス LFA」のボディ骨格をはじめ、FCV「MIRAI」の燃料電池フ [全文を読む]

日本でのFCV向け炭素繊維強化高圧水素タンクの合弁事業が進行中

clicccar / 2016年05月03日08時03分

最近、燃料電池自動車(FCV)関連の話題が増えていますが、今回はFCVの燃料である水素を入れる車載用炭素繊維強化高圧水素タンク(高圧水素タンク)を製造・販売する合弁事業についての話題です。 三井物産、東レ、並びにHexagon Lincoln Inc.(本社:米国ネブラスカ州リンカーン、以下「ヘキサゴンリンカーン」) の3社は、2016年4月25日に日本で [全文を読む]

東レとユニチカ、“脱繊維”進める繊維業界の明暗を分けたもの

Business Journal / 2012年12月01日10時25分

●長期的視野で非繊維事業を育成した東レ 例えば、業界最大手の東レは、機能性衣料「ヒートテック」を開発するなど機能繊維事業の強化を図る一方、炭素繊維、医療、液晶関連素材などの非繊維事業を育成してきた。 この構造改革は「非繊維の開発には10年以上の研究機関が必要。ちなみに炭素繊維は30年間も累積赤字だった」(日覚昭廣社長)という長期的視野の下で、トップが不断の [全文を読む]

新刊案内「世界の炭素繊維・応用製品の市場実態と展望 2017」 発行:(株)シーエムシー・リサーチ

PR TIMES / 2017年01月13日20時27分

~ Market & Prospect of Carbon Fiber and its Applied Products 2017 ~先端技術やその市場動向に関するレポート発行やセミナー開催を行う(株)シーエムシー・リサーチ(東京都千代田区神田錦町、http://cmcre.com/)では、「世界の炭素繊維・応用製品の市場実態と展望 2017」を2016年 [全文を読む]

リーディング・カンパニーシリーズ最新作『東レ 改訂版』が12月17日に発売!! ネット上では知ることのできない東レが満載。日覺社長の単独インタビューなど繊維・化学業界の雄・東レの実像を徹底解剖

DreamNews / 2016年12月09日10時00分

炭素繊維を生み出した“アングラ研究”やユニクロのヒートテックが生まれた背景、米国ボーイング社との戦略的パートナーシップ、グローバルサプライチェーン、攻勢をかけている自動車事業の作戦、グローバル人材の育成法などナンバーワン・東レの戦略と実力を活写しました。■タイトル:『東レ 改訂版(リーディング・カンパニーシリーズ)』 ■発行:出版文化社■体裁:四六変形判、 [全文を読む]

自動車、製造の常識が根底から変更…「炭素繊維」納品めぐる死闘の幕開け

Business Journal / 2016年10月20日06時00分

三菱ケミカルHDは今年3月、傘下の三菱レイヨンが年内にCSP社と合弁会社を設立し、炭素繊維を使った自動車向けの複合部材の製造・販売を始めると発表していた。 その後、CSP社の株式の6割を持つ米投資ファンドの意向で、会社自体を売却することに方針転換、間隙を縫って手を挙げた帝人が奪う格好になった。帝人に油揚げをさらわれた三菱ケミカルHDは、「別の形で北米の自動 [全文を読む]

「世界の炭素繊維競合分析・リーダーシップ研究」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年03月02日11時30分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界の炭素繊維競合分析・リーダーシップ研究」 (Lucintel発行) の販売を3月2日より開始いたしました。2016年03月02日 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界の炭素繊維競合分析・リーダーシップ研究」 の販売をいたしております。 長年にわたり、炭素繊維(カーボンフ [全文を読む]

「炭素繊維強化ポリマー (CFRP:Carbon Fibre Reinforced Polymer) 複合材料の市場予測 (2015-2025年):主要企業の展望」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年04月15日15時30分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「炭素繊維強化ポリマー (CFRP:Carbon Fibre Reinforced Polymer) 複合材料の市場予測 (2015-2025年):主要企業の展望」 (Visiongain発行) の販売を4月15日より開始いたしました。2015年04月15日 株式会社グローバルインフォメーションは、市 [全文を読む]

東レ 1兆円契約でも悩みは尽きぬ「ボーイング商法」のリスク

NEWSポストセブン / 2014年12月04日11時00分

11月17日、東レは米航空大手ボーイング社と次世代大型旅客機「777X(トリプルセブンエックス)」の主翼など主要部に使用する炭素繊維を独占的に納める契約に基本合意したと発表した。 契約は今後10年以上続き、供給総額は1兆円規模になる見通しだ。このビッグビジネス締結を受けて東レの株価は急騰し、2007年以来の高水準となっている。しかし、社内には不安の声も上が [全文を読む]

トランプ氏に日本の経営者のしたたか対応相次ぐ理由

NEWSポストセブン / 2017年01月24日07時00分

米軍のステルス戦闘機に使用される炭素繊維は、主に東レの技術力が使われています。トランプは軍需産業のテコ入れを示唆しているが、それを支えているのが日本企業である以上、日本の経営者たちはドンと構えていられるのです」 ※週刊ポスト2017年2月3日号 [全文を読む]

フォーカス