周辺 静岡大学に関するニュース

国立大学法人静岡大学、「COMPANY」を採用~永続的なコストコミットにより、予算の明確化を実現~

PR TIMES / 2014年12月09日10時47分

導入時だけでなく、導入後も追加費用なしで周辺機能の利用を進めることができるため、永続的な業務効率化が可能となります。 静岡大学は、文部科学省が今後の国立大学改革の方策や実施方針をまとめた「国立大学改革プラン」など、先の読めない各種変更にもスムーズに対応することで永続的に業務効率化し、学生へのサービス拡充を目指します。ワークスは、今後も国立大学法人での実績拡 [全文を読む]

【ショック】「日本沈没」がすでに始まっていることが判明! 理学部教授が“列島消滅の危機”をガチ警告

tocana / 2017年05月14日13時00分

ここでいう「スラブ」とは、プレート同士のぶつかり合いにおいて、下に沈み込んでいる方のプレートを指し、日本列島周辺では、ユーラシアプレートの下に沈み込む太平洋プレートが「太平洋スラブ」にあたる。新妻氏によれば、2009年4月18日にロシア極東ウラジオストクで発生したM5.0、震源の深さ671kmの地震以降、太平洋スラブの「凋落」が始まり、2年後に発生した東日 [全文を読む]

基礎医学医療研究に向けた新たな助成金・生体の科学賞 充填知覚研究の小松 英彦氏が第1回の受賞者に決定

@Press / 2017年02月16日10時00分

充填知覚とは暗点の内部が、暗点の周辺視野に存在する色や明るさ、模様などの情報によって知覚的に埋められる現象を指します。充填知覚が起きるために、暗点内には視覚情報が網膜から入力されていないにも関わらず、視野が欠損していることを自覚しないことが生じます。充填知覚は知覚心理学の分野では以前から広く認識されていたが、眼科の臨床現場において緑内障の自覚症状の欠如の原 [全文を読む]

カジノという名のギャンブルを成長戦略に据えるアジアの愚国

まぐまぐニュース! / 2017年01月13日05時00分

米国アトランティックシティのカジノ産業は周辺州のカジノ合法化によって、12のカジノのうち5軒が廃業に追い込まれている。日本も同じ運命をたどる危険性が高い。 カジノは一般客より、圧倒的にVIP客からの稼ぎが多い。シンガポールやマカオが潤ったのは、中国人富裕層が主要顧客になっているからだ。VIPのなかには、マネーロンダリングや贈収賄の手段としてカジノを使う客も [全文を読む]

御嶽山噴火が富士山崩壊の導火線となる!これだけの理由

週プレNEWS / 2014年10月07日06時00分

以後、伊豆大島北部群発地震(2013年後半~)、浅間山周辺の地殻変動の増大(今年3月~)、草津白根山の火山性地震増加(今年6月~)など、不穏な動きは強まるばかりだ。 また、九州でも新燃岳大噴火に続いて阿蘇山と桜島が活動を強め、南西諸島では今年8月から口永良部島(くちのえらぶじま)が多量の噴煙を上げ始めた。 そして今回の御嶽山噴火については、噴火時期を琉球大 [全文を読む]

富士山噴火Xデー 地震雲など近隣住民を不安に陥れる予兆多数

NEWSポストセブン / 2012年09月03日16時00分

記者が富士山の周辺を取材すると、地元住民を不安に陥れる多くの“異変”が起きていることがわかった。 富士山の美に魅せられて富士五湖のひとつ、精進湖畔に移り住んだ写真家の栗林秀旭さんが言う。 「移住して11年になりますが、最近はおかしさを感じることが多い。ここ2か月、写真撮影のため頻繁に樹海に入っていますが、同じ猛暑の昨年や一昨年と比べても、体感気温が高い。富 [全文を読む]

富士山噴火の「降灰」東京も影響 飛行機や電車止まることも

NEWSポストセブン / 2012年08月31日16時00分

崩れた山の岩石や土壌は時速100kmの猛スピードで斜面を 下る『岩屑なだれ』となり、周辺地域に甚大な被害をもたらす。 40万人が被災ともなれば、過去に例を見ない大規模な災害となってしまうわけだが、これまで富士山の山体崩壊については、あまり指摘されてこなかった。しかし、武蔵野学院大学の島村英紀特任教授(地震学)「富士山は大規模な山体崩壊が非常に起きやすい」と [全文を読む]

フォーカス