長男 本木雅弘に関するニュース

森三中・大島の第1子は「笑福(えふ)」! 空詩(らら)、宝冠(てぃあら)……芸能界キラリンネーム王は誰だ!?

日刊サイゾー / 2015年06月25日17時00分

長女は「宝冠(てぃあら)」、長男は「我流(がりゅう)」だといい、長女は妻が、長男は自ら命名したことを明かしている。 一方、昨年10月に長女の「空詩(らら)」とママ雑誌の表紙を飾ったのは、ミュージシャンの夫を持つ元オセロの松嶋尚美。ちなみに、長男の「珠丸(じゅまる)」を、幼少期からロングヘアーにさせていたことが話題に。松嶋は、海外のロックミュージシャンをリス [全文を読む]

本木雅弘、出演映画を「皇室関係者に観てもらいたい」と要望発言 波紋呼ぶ恐れも

Business Journal / 2015年08月23日17時00分

8日の初日舞台挨拶では、その直後に17歳の長男が作品を鑑賞することを明かしていた本木だが、この日はその結果を報告。 「長男が想像以上に作品を理解して観てくれたことが嬉しかったなどと、プライベートな内容をさらっと話していましたが、言葉を選びながらゆっくりと観客に語りかけるように話す姿は、あたかも役柄の昭和天皇そのものでした。舞台挨拶のなかほどでは司会者から、 [全文を読む]

男性のほうが繊細でロマンチスト?映画「永い言い訳」にまつわる男の魅力【西川美和監督インタビュー・前編】

Woman Insight / 2016年10月13日20時00分

そして大宮家長男の晋平は、その父の元で育ちつつも、繊細な感受性をもっていて、そして愛おしい存在。実は、複雑な精神という点では、幸夫と相通じるところがあるんですよ。 西川 そして欠かせないのが、池松壮介さんが演じた岸本信介(幸夫のマネージャー)。彼は、年の割に苦労を重ねてきだろうと思わせる落ち着きがある人物です。繊細でありながらも根っこのところで父性があるの [全文を読む]

本木雅弘 全身がんの姑・樹木希林と離れ、英国移住のわけ

NEWSポストセブン / 2016年03月03日07時00分

長男(18才)がアメリカに留学中の2010年に、妻・内田也哉子(40才)との間に次男(5才)が誕生した後、長女(16才)が留学することになって移住を決意した。「娘さんの留学先は、一応は寄宿学校だったんですが、イギリスの学校は細々とした休みが多く、その間は学校を空けるという規則があるんです。里親をつけることもできたんですが、慣れるまでは自分たちでフォローしよ [全文を読む]

本木雅弘 ゲリラ豪雨時の江口洋介の手際の良い処置に敗北感

NEWSポストセブン / 2015年09月04日07時00分

本木は1995年にエッセイストの内田也哉子(39才)と結婚し3人の子供(長男・17才、長女・15才、次男・5才)に恵まれ、江口は1999年に森高千里(46才)と結婚し、2人の子供(長女・15才、長男・13才)をもうけた。 本木が江口に敗北感を感じた理由。それは演技よりも、「夫としての凄テクにあった」と映画関係者は言う。 「映画は昨年4月から8月にかけて撮影 [全文を読む]

“モックン”本木雅弘が西川美和作品に出演へ「現在はロンドン在住で、仕事セーブ中」

日刊サイゾー / 2014年07月21日12時00分

長男はバスケット留学でアメリカにいるのですが、長女がロンドンの学校に通っているので、一番下の子と一緒に家族で滞在しています。仕事のあるときだけ、日本に短期滞在しているようですね。今回の映画も8月にはクランクアップするので、終わり次第またロンドンに戻るそうですよ」(映画関係者) 映画は7年ぶりとなるが、ドラマにしても2年前の『運命の人』(TBS系)以来、出演 [全文を読む]

有名人がこぞって居住! 「芸能人マンション」のメリット・デメリット

サイゾーウーマン / 2012年02月13日08時00分

「離婚を発表した菊池桃子の次男は、岸谷五朗と奥居香夫妻の長男と同じ小学校の同級生でした。現在は転校してしまったようですが、菊池家の離婚情報が駆け巡った頃には一部週刊誌が学校で取材を行ったため、岸谷も困っていたと聞きます。同じく小学校でいうと、酒井法子の長男が運動会に参加した際、同じく自分の子どもの応援をしに来ていた宍戸開が目撃され、入籍していたことが発覚し [全文を読む]

「東ラブ」に翻弄された有森也実 続編あればやると明言

NEWSポストセブン / 2016年11月14日16時00分

2000年に長女、2002年に長男に恵まれて、今や芸能界一のおしどり夫婦としても評判だ。 今年7月クールのドラマ『はじめまして、愛しています。』(テレビ朝日系)では妻を気遣いながらも強引で真っ直ぐな夫を、昨年の『オトナ女子』(フジテレビ系)では篠原涼子(43才)と恋愛する作家役を熱演。 「ずっとドラマや映画に出続けていますが、昨年の映画『天空の蜂』以降、再 [全文を読む]

競馬界「カワイイ女性騎手」誕生に色めき立つも、「元祖」女性騎手の末路が悲惨すぎて心配......

Business Journal / 2016年02月25日18時00分

さらに、所属していた増沢末夫厩舎の長男である増沢真樹氏と交際が発覚し、06年に結婚。「同じ厩舎の助手が人気女性騎手に手を出した」と厩舎に批判的な手紙が届いたこともあったという。 その後騎乗機会が減少し13年に騎手を引退、菊沢隆徳厩舎の調教助手となった。デビュー2年目の1番人気騎乗時の勝率40%、連対率60%はなかなかの高数値であり、騎乗技術は評価されてい [全文を読む]

辻希美の「空シリーズ」より凄い!子供にキラキラネームをつける有名人たち

アサ芸プラス / 2015年03月11日17時59分

そんな辻といえば、長女・希空(のあ)、長男・青空(せいあ)、次男・昊空(そら)と、兄弟それぞれの名前に“空”が入り、一見して読みづらい「キラキラネーム」を付けたことで話題となった。 だが、芸能界にはさらに珍しいキラキラネームを我が子に命名したタレントが大勢いる。 「芸能人はある意味目立つことが仕事のため、子供の名前に対しても、他とはかぶらないオンリーワン [全文を読む]

フォーカス