紹介 相田みつをに関するニュース

がんばる女子を藤岡弘、とハローキティが、そして、かつみ(ハート)さゆりが熱血応援!「日めくり刊行記念 相田みつを×ハローキティのにんげんだものはっぴょう会」で満場女子が感涙!

PR TIMES / 2015年11月30日14時31分

相田みつをの長男で同美術館館長「相田一人(かずひと)」との対談スタイルで、女性から寄せられた相談に答えながら、相田みつを作品に表された人としての生き方を紹介。自らいじめにあっていたことを明かし、いじめの相談には、独自の視点でいのちの大切さを説きました。この場面では、観客の女性たちが涙し、それを目にした藤岡弘、さん自身も目頭を熱くする姿もありました。普段は静 [全文を読む]

完売店続出!楽天ブックス売り上げNo1!* 品切れ続出で発売即増刷を決定! がんばる女子応援日めくり「ハローキティのにんげんだもの」【特別限定品】が大ヒット中。

PR TIMES / 2015年11月05日11時10分

今回は、皆さんにそのごく一部をご紹介します。「幸運日めくり ハローキティのにんげんだもの」読者の声(一部)[画像2: http://prtimes.jp/i/15616/2/resize/d15616-2-172883-1.jpeg ][画像3: http://prtimes.jp/i/15616/2/resize/d15616-2-139822-2.jp [全文を読む]

疲れたココロに効く!5月の開運パワーがみなぎる「心理テスト」

ANGIE / 2016年05月09日06時59分

次の中でいちばん気になる季語はどれでしょう? 1. 夏の月(なつのつき) 2. 百合の花(ゆりのはな) 3. 結び葉(むすびは) 4. 蛇衣を脱ぐ(へびきぬをぬぐ) 5. 蛍火(ほたるび) 6. 白南風(しらはえ) ココロを読み解く開運アドバイス それでは6つの季語に秘められたメッセージをご紹介します。季語別に、エネルギーがチャージできるおすすめの神社仏 [全文を読む]

錦織選手、全豪オープン初戦突破とともに『まいにち、修造!』が累計発行部数50万部に達しました

@Press / 2015年01月21日18時15分

http://shop.php.co.jp/php/goods/index.html?ggcd=820782 ≪累計50万部に到達≫ 『まいにち、修造!』は、昨年末、テレビ、新聞、雑誌などで、「元気になれるアイテム」として多数ご紹介いただきました。おかげさまで多くのお客様からご好評をいただき、順調に部数を伸ばしてまいりましたが、一方、お客様のご注文に生産 [全文を読む]

【ランキング】155か国中もっとも幸せな国は?トップはあの国!

TABIZINE / 2017年04月06日07時30分

リリースされたばかりの2017年度版のレポートより、世界の幸福な国ランキングをご紹介します。さて、日本は何位にランクインしているのでしょう? 「幸福度」はどうやって測るの? まず気になるのが、幸せをどう数値化するのかということではないでしょうか? 幸せの感じ方はひとそれぞれなので、なかなか難しい気もするけれど・・・。 2017年度版の世界幸福度ランキングで [全文を読む]

夫婦円満のコツは亭主関白?

クオリティ埼玉 / 2017年01月20日16時19分

福岡市に事務局を置く「全国亭主関白協会」のことを紹介していた。「亭主関白」とあると亭主を擁護しているように聞こえるが、実際は違う。「関白」とは天皇に次ぐ2番目の地位で、家庭内では妻が天皇であるから、「関白」とは妻を補佐する役目であるとの意味だ。同協会のホームページ上では、亭主関白に役立つさまざまな三原則が掲げられている。 「愛の三原則」ありがとうをためらわ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松岡修造がアイドル超え。日めくりカレンダー『まいにち、修造!』がランキング1位に。

TechinsightJapan / 2014年12月20日16時50分

松岡修造が「相田みつを先生の日めくりカレンダーで元気をもらっている」とブログで伝えていることも紹介された。 ネットではランキングについて「修造だけダントツだろうな。スーパーアイドルだわ」、「超絶熱い修造」などの書き込みもあり、彼の人気を好意的に捉えている人が多い。 彼の“熱さ”は「松岡修造が海外に出ると日本が寒くなる」と噂されるほどで、先日、“爆弾低気圧” [全文を読む]

一度は諦めながら40歳で出産した翻訳家が体験を綴った書

NEWSポストセブン / 2012年06月09日16時01分

【書籍紹介】『孕むことば』(鴻巣友季子/中公文庫/840円) 翻訳家として、一度は諦めながらその後40歳で出産を体験した著者が、子育てや文学などについて記したエッセイ。妊婦として知った用語、子供が口にする独特なことば等、幼い娘から学び、感じながらの文章はときに可笑しくときに考えさせられる。 ※週刊ポスト2012年6月15日号 【関連ニュース】米で生まれ育ち [全文を読む]

フォーカス