新選組 斎藤一に関するニュース

新選組きっての人気隊士が検定に?!新選組検定スピンオフ企画『斎藤一検定』、8月12日までWeb上開催

@Press / 2012年07月13日13時30分

日本出版販売株式会社(代表取締役社長:古屋 文明、本社:東京都千代田区)とヒューマンタッチ株式会社(代表取締役:齋藤 仁、本社:東京都新宿区)は「新選組検定」のスピンオフ企画『斎藤一検定』を本日よりWeb上にて開催いたします。 『斎藤一検定』特設サイト: http://www.kentei-uketsuke.com/saitohajime/ ■人気急上昇中 [全文を読む]

『第2回 新選組検定』 豪華ゲストによる合格対策講座を8月30日に開催! 「検定、受け付けてます」にて申込受付開始

@Press / 2012年08月20日16時00分

日本出版販売株式会社(代表取締役社長:古屋 文明、本社:東京都千代田区)とヒューマンタッチ株式会社(代表取締役:齋藤 仁、本社:東京都新宿区)は、8月30日(木)に東京都内で開催される『第2回 新選組検定 合格対策講座』のお申し込み受付を、「検定、受け付けてます」内新選組検定公式ホームページにて開始いたします。■テーマは「斎藤一」、豪華ゲストが解説今回の合 [全文を読む]

デタラメだらけの新選組!「鉄の結束と戒律」、劇的なドラマはウソ?

Business Journal / 2015年09月17日06時00分

幕末ファンを中心に根強い人気を誇る、新選組。局長の近藤勇を筆頭に、副長の土方歳三、現代ではアイドル的な扱いで人気ナンバーワンの沖田総司をはじめ、大ヒット漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(集英社)の影響からか、斎藤一の人気もかなり高い。 これらの多士済々なメンバーが、まさに「『漢』と書いて『オトコ』と読む」世界を繰り広げる新選組は、波乱に満ちたグルー [全文を読む]

新選組「最強の剣士」は結局、誰だったのか? 「二刀流、剣術、生き様…」総合力はこの剣士だ

東洋経済オンライン / 2017年06月08日11時00分

幕末のヒーローとして絶大な人気を誇る新選組。その人気の秘密は、何といっても隊士たち個々の魅力的なキャラクターにある。そして、時代に逆らい、滅びゆく江戸幕府に殉じた彼らの「美学」は、私たち現代人の心を今なお強く揺さぶり続ける。ところで、新選組といえば剣の使い手ぞろいとして知られるが、数ある隊士のなかでも「最強」の名にふさわしい人物は、いったい誰なのだろうか。 [全文を読む]

ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇キービジュアル解禁!

PR TIMES / 2017年03月03日11時25分

不穏な空気渦巻く京の街で、“人斬り集団”と恐れられていた新選組。その十番組組長として、原田左之助は隊に身を置いていた。そんな折、新選組の面々は父・綱道を捜して京へやってきた雪村千鶴と名乗る少女と出会う。とある事情から同じく綱道を追う新選組のもとに、世話になることになった千鶴。流れる日々の中で、原田と千鶴は心を通わせていくが…。千鶴を狙う鬼一族の襲来、新選組 [全文を読む]

新選組・斎藤一の写真発見で「るろうに剣心」ファンがショックを受けた理由とは?

アサジョ / 2016年07月20日09時58分

新選組の一員で「無敵の剣」として恐れられた斎藤一の写真が発見され、世間から驚きの声が上がっている。 発見されたのは昭和30年に撮影された家族と一緒にフレーム収まっているもの。極めて鮮明で、斎藤がどんな容姿だったのか手に取るようにわかる。「斎藤は謎の多い人物で、史料がほとんど残っていません。これまでは容姿もよくわからず、長男をもとに描かれた肖像画があるだけで [全文を読む]

「悪・即・斬」「はじめくん!」「スポックじゃない」 新選組・斎藤一の写真発見に『るろ剣』『薄桜鬼』ファンも歓喜!

おたぽる / 2016年07月15日21時00分

江戸時代末期、反幕府勢力を取り締まった新選組の隊士と知られる「斎藤一」の写真が見つかったことが、15日わかった。人気アニメのキャラクターとしても人気を博す斎藤一の歴史的発見に、アニメオタクからも歓喜の声が上がっている。 新選組でも一、二を争う剣客であると言われる斎藤一。戊辰戦争では、前線で活躍し、明治維新後も警察庁抜刀隊の一員として西南戦争に参加。大正時代 [全文を読む]

白又敦ら若手イケメン俳優が新選組を熱演! ミュージカル『薄桜鬼』黎明録が開幕

Entame Plex / 2015年05月26日10時23分

若手実力派俳優陣による熱い演技に加え、原作を忠実に再現した熱く切ない物語、そして殺陣×ダンス×歌で新選組を表現するという斬新な演出で観客を魅了した。今作では新選組が誕生する以前の話を新キャラクターである井吹龍之介を中心に描いている。 井吹龍之介役を演じる白又敦は「今回の見どころは何と言っても、ミュージカル『薄桜鬼』の“エピソード0(ゼロ)”であるところです [全文を読む]

『一鬼夜行』シリーズ待望の第2部『鬼の福招き』開幕にファンから期待の声!!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月28日11時10分

さまざまな作品を発表してきた小松たが、特に注目を集めたのは、14年に発売された新選組の活躍を描いた異色の物語『夢の燈影』。新選組と言えば、近藤勇、土方歳三、沖田総司、斎藤一、藤堂平助、原田左之介、永倉新八など幹部以上の名の知れた人物の活躍を描かれることが多いのだが、同作は彼らの華々しい活躍の陰で語られることのなかった、無名隊士の人生を描いた作品。 『夢の [全文を読む]

SOUND THEATRE待望の大阪公演!諏訪部順一・沢城みゆき・井上和彦による公演「The ONE」4/4,5上演

PR TIMES / 2015年03月05日11時06分

~その男、新選組最後の生き残り~[画像: http://prtimes.jp/i/11548/3/resize/d11548-3-898796-2.jpg ]新感覚・音楽朗読劇SOUND THEATRE(サウンドシアター)は、2009年に「HYPNAGOGIA」を上演して以来、従来の朗読劇の要素に加えて様々な演出の工夫を凝らした作品を今日まで上演し続けてい [全文を読む]

樹なつみ先生ファン必見!! 書泉オリジナル特典イラストカードがもらえる! 明日、3月5日より『一の食卓』1巻発売記念フェア 書泉3店舗にて開催!!

DreamNews / 2015年03月04日16時00分

だがその男こそ、かつて「壬生の狼」と恐れられた新選組・三番隊隊長=斎藤一、その人だった!! 巨匠・樹なつみ先生が初めて挑む、時代劇&グルメコミックが、いよいよ明日3月5日発売! 書泉全店では、これを記念して、フェアを開催いたします!! なんと!! フェア特典として樹なつみ先生の書泉オリジナル特典イラストカードをプレゼント! こちらは『一の食卓』1巻に封入い [全文を読む]

司馬遼太郎作品電子書籍化第2弾 新選組 土方歳三を描いた代表作『燃えよ剣』6月27日発売決定!

@Press / 2014年06月19日17時00分

古今、多くの作家が挑んできた歴史小説の大テーマ、新選組。その作品群の中でひときわ眩い輝きを放つ巨星こそ、副長・土方歳三を主人公に据えた『燃えよ剣』です。 本作の連載が始まったのは昭和37年11月、週刊文春誌上においてでした。当時司馬さんは39歳、『梟の城』で直木賞を受賞してから2年後のこと。同じく37年の6月には産経新聞にて『竜馬がゆく』の連載も始まって [全文を読む]

ミュージカル『薄桜鬼』HAKU-MYU LIVE 2スペシャルゲスト登場決定!

PR TIMES / 2016年06月16日12時22分

新選組と鬼達が、歌い舞う―――“薄ミュ”の宴ふたたび! ミュージカル『薄桜鬼』の人気楽曲で盛り上がるLIVE 第二弾! 2014年1月に観客を熱狂させた、ミュージカル公演の楽曲のみで構成されたライブイベント、ミュージカル『薄桜鬼』HAKU-MYU LIVE。待望の第二弾の開催決定! 大好評のうちに幕を閉じた、ミュージカル『薄桜鬼』黎明録、新選組奇譚を彩った [全文を読む]

ミュージカル『薄桜鬼』HAKU-MYU LIVE 2

PR TIMES / 2016年05月20日12時22分

2016年8月、京都・東京にて開幕決定!! 新選組と鬼達が、歌い舞う――“薄ミュ”の宴ふたたび! ミュージカル『薄桜鬼』の人気楽曲で盛り上がるLIVE 第二弾!! [画像: http://prtimes.jp/i/16719/44/resize/d16719-44-143751-1.jpg ] 2014年1月、観客を熱狂させた、ミュージカル『薄桜鬼』HAK [全文を読む]

腐女子人気No.1! あの薄桜鬼がついに検定に!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月14日07時20分

史実をもとにしながら、新選組の活躍に恋愛要素や吸血鬼、鬼といった伝奇的要素も絡めたこの作品は、その後も数々のゲームが作られ、2010年にはアニメ化。さらに、ミュージカル化やWEBラジオ、『るるぶ』(ジェイティビィパブリッシング)とコラボして京都のガイドブックにもなるなど、登場から5年経った今でもその人気ぶりは衰えない。そんな腐女子たちからの圧倒的な人気を誇 [全文を読む]

『るろうに剣心』原作マンガ家・和月伸宏「尾田君や武井君は弟子というよりも“同士”ですね」

週プレNEWS / 2012年08月24日06時00分

特に、剣心が斎藤一(幕末に剣心と激闘を繰り広げた元新選組の剣士)にその内心を吐露するようなシーンがあるんですけど、これは旧作ではあるようでなかった要素で、注目してほしいですね。 ■「次につなげる」思いを託した旧作のラスト ―現在、『るろうに剣心-キネマ版-』が連載されている『ジャンプSQ.(スクエア)』の中で、主人公が30歳近いのは実は剣心だけですね。 [全文を読む]

フォーカス