松本潤 古田新太に関するニュース

「面倒くさい!」男・松本潤の困惑エピソードをヒロミが暴露

デイリーニュースオンライン / 2015年11月01日08時00分

嵐・松本潤(32)の言動に関して、複数の芸能人から「面倒くさい」という“クレーム”が相次いでいる。一般的には、連続ドラマ『花より男子』(TBS系、2005年~2007年放送)の印象が根強く、クールなキャラクターに見られる松本潤。だが、多くの先輩芸能人を困らせてしまう松本潤の実態とは……? 「もうちょっと付き合って下さい」粘り続ける松潤 タッキー&翼の滝沢秀 [全文を読む]

ドラマ効果でマツジュン人気急上昇! 「抱きたい男」調査で羽生、綾野剛おさえ1位獲得

AOLニュース / 2014年03月12日18時00分

人気グループ・嵐の松本潤(30歳)演じる主人公・小動爽太が、石原さとみ(27歳)演じる「紗絵子さん」という女性に10年以上に及ぶ片想いを繰り広げるこのドラマには、"不倫"や"セフレ"といった際どい恋愛要素も登場。そのリアリティーさと妄想シーンなどにおけるコミカルな演出との絶妙なバランス、一筋縄ではいかないストーリー、そして、キャスト陣の熱演などが評判となっ [全文を読む]

窪田正孝&永野芽郁ら「僕やり」チームが「嵐」を追い詰める!?「VS嵐」

CinemaCafe.net / 2017年08月10日12時30分

大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤の「嵐」メンバーがゲストとチームを組んで様々な体感型ゲームで対戦する「VS嵐」。その8月10日(木)放送回に放送中のドラマ「僕たちがやりました」から窪田正孝&永野芽郁&間宮祥太朗らメインキャスト陣がゲスト出演する。 今回は、同作で主演を務める俳優の窪田さんをはじめ、ヒロイン役の永野さん、間宮さん、葉山奨之、今野浩喜 [全文を読む]

大竹しのぶ還暦パーティーで古田新太「どういうこっちゃ!」

NEWSポストセブン / 2017年07月27日07時00分

パーティーが始まると、松本潤(33才)が料理やお酒を運ぶ姿まである。 出席者が「年末特番よりも豪華」と目を見張ったのは、7月17日に行われた大竹しのぶ(60才)の還暦を祝う誕生パーティー。半年前に大竹自身が会場を取り、予算や構成はもちろん、案内状の手配まで行う気合の入れようだった。「パーティーのタイトルは『大竹しのぶと60人の男たち』。大竹さんが“公私とも [全文を読む]

芸能界の一大勢力「小栗会」に藤ヶ谷太輔ら若手ジャニーズも続々入会!?

アサ芸プラス / 2015年09月28日09時58分

俳優・小栗旬と嵐・松本潤の二人といえば、言わずと知れた伝説のドラマ「花より男子」(TBS系)の御曹司4人組を演じた「F4」仲間だ。同世代である二人は、その後も「ごくせん」(日本テレビ系)や「スマイル」(TBS系)でも共演し、息のあった演技を見せてくれた。 一方、小栗と俳優・生田斗真はドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」(フジテレビ系)で共演 [全文を読む]

“ジャニーズの落ちこぼれ”生田斗真が「ジュニアの希望の星」になれたワケ

アサジョ / 2015年08月03日09時59分

嵐の二宮和也、松本潤、相葉雅紀と同期でありながら、嵐のメンバーに選ばれず、当時は“ジャニーズの落ちこぼれ”と思い、一人悩んでいたというが、そんな時に出会ったのが舞台だったという。 生田は舞台を通して演出家・蜷川幸雄と出会い、共演した「劇団☆新感線」から様々なことを学ぶことで”俳優一本”でやっていこうと決意したのだという。 今でも尊敬してやまない「劇団☆新 [全文を読む]

歌わない、踊らない…ジャニーズの落第生・生田斗真が「ジュニアの希望」になったワケ

アサ芸プラス / 2015年01月20日18時00分

嵐の二宮和也、松本潤、相葉雅紀と同期でありながら、嵐のメンバーに選ばれず、当時は“ジャニーズの落ちこぼれ”と思い悩んでいた。そんな時に舞台と出会い、演出家・蜷川幸雄や共演した「劇団☆新感線」から様々なことを学び、俳優一本でやっていこうと決意したのだという。今でも尊敬してやまない「劇団☆新感線」の古田新太には特に影響を受け、古田のようになりたくて真剣に太ろう [全文を読む]

「春子が三角関係に!?」「駅長が刑事に!?」『あまちゃん』キャスト出演新ドラマ、一挙紹介!

日刊サイゾー / 2014年01月09日09時30分

主人公・爽太(嵐・松本潤)の妹で、苦しい三角関係に悩む女子大生を演じる。この作品で、ますます人気女優となりそうだ。 ■NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』毎週日曜放送中 「無頼鮨」の大将・梅頭役のピエール瀧や、北三陸市観光協会長の会長・菅原役の吹越満、琥珀掘削職人の勉さんを演じた塩見三省が出演。特に、野武士の実力者だった蜂須賀小六を演じる瀧の、ワイルドな演技に注 [全文を読む]

空前のテレビドラマ人気 小劇場出身の舞台役者が支えている

NEWSポストセブン / 2013年08月10日16時00分

その後、一転して商業演劇へと進出し、東山紀之、二宮和也、松本潤といったジャニーズの面々を臆面なくキャスティング。宮沢りえも小栗旬も、そうやって生の舞台に上がり、アングラ戯曲を通じて磨かれ鍛えられていきました。 生の舞台は怖い。観客の目が突き刺さる。やり直しが効かない。一回性の勝負をかける場所。しかもアングラの代表・唐十郎の戯曲なんて、複雑で猥雑でストーリー [全文を読む]

フォーカス