国分佐智子 結婚に関するニュース

「ともさかとの不倫を止めてください!」スネオヘアー関係者が再婚前に苦情

サイゾーウーマン / 2012年08月06日13時00分

以前NHKのドラマで主演を務めた際に、『キャラが被る』と言って、共演の国分佐智子を降板させろとプロデューサーに詰め寄ったこともあったほど」(テレビ局関係者) 現在は晴れて番組共演もできる夫婦となり、略奪婚だったということも過去の出来事に。結局ともさかの一人勝ち、といったところだろうか。※画像は『Mammaともさか にんぷちゃん編』/インデックスコミュニケー [全文を読む]

国分佐智子妊娠、義母・香葉子さんは「赤ちゃんまだ?」を反省

NEWSポストセブン / 2016年07月13日16時00分

7月8日に放送された『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS系)に自宅ロケの形で出演した二代目・林家三平(45才)と妻の国分佐智子(39才)。番組内で国分は、「三平さんがお父さんになります」と切り出し、現在妊娠5か月であることを告白した。“おめでた”を知った日のことを、三平の母である海老名香葉子さん(82才)が振り返る。 「報告があったのは、5月のある朝 [全文を読む]

「鬼嫁」「年の差」はもう古い!? 最新“おしどり夫婦枠”事情

日刊サイゾー / 2014年08月28日22時00分

5位 林家三平・国分佐智子 10回 2011年に交際2カ月でスピード婚した、落語家の2代目林家三平と女優の国分佐智子夫妻。『ぴったんこカン・カン』(TBS系)にレギュラー出演している。 5位 中尾彬・池波志乃 10回 言わずと知れた、ベテラン夫婦。一時期よりは共演の機会は減ったが、安定した人気を誇っている。ちなみに、池波は「結婚以来、毎朝、中尾よりも早く [全文を読む]

国分佐智子 三平のイメージアップにもなると姑・香葉子が寵愛

NEWSポストセブン / 2013年07月01日07時00分

覚えることは覚えてもらわないといけないですからね」 今から2年前、息子の嫁となる国分佐智子(36才)に対して、林家一門を取り仕切る姑・海老名香葉子さん(79才)は、こんなきつ~い先制パンチを放っていた。 「結婚当初、香葉子さんは、“本当に有希子はできた嫁なの”とベタ褒めなんですけど、話の中で、さっちゃんの“さ”の字も聞いたことはありませんでしたね。むしろさ [全文を読む]

佐々木希、新垣結衣、堀北真希......2012年を彩ってくれる注目の"辰年美女"三世代

メンズサイゾー / 2012年01月14日18時00分

林家三平と結婚した国分佐智子も忘れてはならないだろう。「他には、内田恭子、山本モナ(現・中西モナ)、政井マヤ、大橋マキなど女子アナの当たり年でもあるのが特徴です。結婚、出産を経てさらに艶っぽくなり、セカンドブレイクを果たした井川遥はこれからアラフォー女性の憧れになるでしょう。現在公開中の映画『源氏物語 千年の謎』で紫式部役を演じる中谷美紀も同様で、独身女性 [全文を読む]

赤江珠緒に、母親の子作り催促で親子断絶報道はウソ? 不幸しか生まない“妊娠急かし”に呆れ声

messy / 2017年02月27日20時00分

16年11月に第1子男児を出産した国分佐智子(40)も、夫・林家三平(46)の母親・海老名香葉子(83)に子作りを催促され続けていたという。香葉子は国分に「赤ちゃんはまだ?」とよく聞いていたそうなのだが、ある日それを聞かれた国分がすごく寂しそうな顔をしているのを見て取り、「これは言っちゃダメな言葉だったんだと気づいた」と語っている。 娘や嫁に対し「子供まだ [全文を読む]

愛妻家キャラが不発の林家三平、メンバーの心配を意に介さず

NEWSポストセブン / 2017年01月20日16時00分

三平は2011年に女優の国分佐智子(40)と結婚。その上、昨年11月には長男・柊乃助(しゅうのすけ)くんが誕生した。幸せいっぱいの三平は、ことあるごとに「嫁ネタ」を披露。国分も出演し、夫婦共演を果たした2016年7月10日放送回では、冒頭の挨拶から、 「先日、『私、ファンなんです』というご婦人から声をかけられました。『え、僕の?』と聞くと、彼女は『いいえ [全文を読む]

消えた美女タレントの華麗なる転身(3)あの元ワンギャルは1500万円を騙し取られ…

アサジョ / 2017年01月18日18時14分

90年代、釈由美子や国分佐智子など多数のグラドルが出演していた色っぽい深夜番組、「ワンダフル」(TBS系)の中で、“ワンギャル”として活躍していた小野砂織。 しかし、共演者との乱痴気パーティー疑惑を報じられ、その後はフェードアウトしながらひっそり引退となった。彼女はどうしているのか?「グラドル時代の貯金を元にエステサロンを立ち上げ、これが大成功。サロンには [全文を読む]

フォーカス