大会 奥原希望に関するニュース

祝!「スディルマンカップ2015」銀メダル獲得!緊急特番をCS放送「TBSチャンネル2」で6月OA!バドミントン日本代表に独占密着した超貴重映像が満載!

PR TIMES / 2015年05月20日09時41分

(番組詳細ページ: http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/s1512/ )[画像: http://prtimes.jp/i/3065/508/resize/d3065-508-975138-0.jpg ] 5月10日(日)から17日(日)に開催された、バドミントン世界国別対抗戦「スディルマンカップ2015」にて、日本代表チームは [全文を読む]

祝!銀メダル獲得!あの感動をもう一度!バドミントン“世界最高峰の男女混合団体戦”「スディルマンカップ2015」CS放送「TBSチャンネル2」で未公開映像も含めて緊急再放送!

PR TIMES / 2015年05月18日14時44分

日本代表チームは、決勝戦で大会5連覇中の世界ランキング1位・中国と対戦。敗れたものの“大会史上初の銀メダル獲得”という快挙を成し遂げた。CS放送「TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ」では、生中継ではお伝えできなかった選手インタビューなど、未公開映像もあわせて緊急再放送!あの激闘をもう一度! (番組詳細ページ: http://www.tbs.c [全文を読む]

日本ついに決勝進出!!世界一まであと1勝!!バドミントン“世界最高峰の男女混合団体戦”「スディルマンカップ2015」 CS放送「TBSチャンネル2」で独占生中継!

PR TIMES / 2015年05月17日10時21分

第1試合・男子ダブルスは、この大会初登場の平田典靖/橋本博且ペア。世界ランキング1位の相手ペアを相手に善戦するも、惜しくも敗れる。第2試合の女子シングルスは、準々決勝に続いて奥原希望が登場。第1ゲームを落とすものの、続く第2・第3ゲームを制し、勝利を収めた。第3試合・男子シングルスは、こちらも今大会初登場となる上田拓馬。ランキング的には格上の相手選手に必 [全文を読む]

末っ子の負けず嫌いバネに バドミントン奥原リオ代表への道

WEB女性自身 / 2016年08月12日06時00分

「全部、希望が大会や遠征先で買い集めてきたものです。最初は、各県・各市のゆるキャラや大会マスコットでしたが、だんだん海外のキャラクターが増えていって」 奥原選手の母・秀子さん(53)が笑顔で言った。真新しいものは昨年12月、ドバイで行われた「スーパーシリーズファイナルズ」の大会キャラクターだった。この世界最高峰の大会で優勝したのは日本人初の快挙。世界ラン [全文を読む]

バドミントン「スディルマンカップ2017」2大会連続のメダル獲得!日本代表チームに独占密着!超貴重映像が満載!CS放送・TBSチャンネル1で6月18日(日)よる11時からOA!

PR TIMES / 2017年06月16日10時10分

5月21日(日)から28日(日)にオーストラリア・ゴールドコーストで開催された、バドミントン世界国別対抗戦「スディルマンカップ2017」にて、2大会連続でメダルを獲得した日本代表チーム。CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」では、日本代表の戦いぶりを振り返る特別番組を6月18日(日)よる11時からオンエアする。[画像1: https://p [全文を読む]

最強メンバーで大会史上初のメダルへ!バドミントン“世界最高峰の男女混合団体戦”「スディルマンカップ2015」5/10(日)より CS放送「TBSチャンネル2」で日本戦全試合&決勝戦を独占放送!

PR TIMES / 2015年04月27日13時36分

1989年の第1回大会から数えて、今回で14回目を数えるバドミントンの世界国別男女混合団体戦。 日本代表チームは、昨年5月に行われた男子団体の世界選手権「トマス杯」で史上初の優勝!女子団体の世界選手権「ユーバー杯」で準優勝の好成績を収め、2015年2月末時点での世界ランキングはなんと3位!最強メンバーで 臨む日本代表チームには、大会史上初のメダル獲得、さら [全文を読む]

<バドミントン>日本人は歴史的快挙なのに中国は…奥原希望の金メダルを中国人は絶賛し嘆く―中国ネット

Record China / 2017年08月28日10時00分

中国メディアによると中国は今大会で4人の選手が女子シングルスにエントリーしたが、最も良い成績が4強だった。バドミントンの強豪国でもある中国だが、世界選手権の同種目の金メダルは4大会連続で無縁となっている。 中国ネットでは、「身長差20センチ以上という不利な状況な中で奥原が勝てたのは確かな技術があったから」「まさに精神力の戦いだった。日本の奥原希望や山口茜 [全文を読む]

5月21日(日)開幕!バドミントン“世界最高峰の男女混合団体戦”スディルマンカップ2017 日本戦全試合をCS放送「TBSチャンネル1」で完全独占生中継!!目指せ!大会史上初の金メダル!

PR TIMES / 2017年05月18日10時00分

[画像: https://prtimes.jp/i/3065/785/resize/d3065-785-667670-0.jpg ] 2年に1度開催されるバドミントンの世界国別男女混合団体戦「スディルマンカップ」は、1989年の第1回大会から数えて今回で15回目。2015年に行われた前回大会で、日本代表は大会史上初の銀メダルを獲得!まさに、日本バドミントン [全文を読む]

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会にて世界バドミントン連盟と日本バドミントン協会、日本アンチ・ドーピング機構によるアンチ・ドーピング啓発ブースの出展

PR TIMES / 2017年09月22日15時51分

公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(所在地:東京都北区、会長:鈴木秀典、以下JADA)と、世界バドミントン連盟(所在地:マレーシア 会長:ポール・エリック・ホイヤー、以下BWF)、公益財団法人 日本バドミントン協会(所在地:東京都渋谷区 会長:綿貫 民輔、以下NBA)は、2017年9月19日(火)~24日(日)に開催される国際バドミントン大会「ダイハ [全文を読む]

日本勢初のシングルス金、バドミントン・奥原希望がリラックスタイム「髪下ろした姿、素敵です」

サイクルスタイル / 2017年08月28日23時46分

大会の決勝で対戦したのは、同五輪の準決勝で敗れた相手・シンドゥ・プサルラ(インド)選手だったが、2-1(21-19、20-22、22-20)で勝利し、見事にリベンジを果たした。 ファンからは、「ホントにホントにおめでとうございます。優勝したあと奥原選手がコートに向かってありがとうございました!と深々と一礼したのをみて、なんて素敵な人だろうと思いました。私 [全文を読む]

日本が歓喜した五輪金メダル!その裏には中国との「切っても切れない関係」―華字紙

Record China / 2016年10月19日20時50分

10、13、15年に男女ともに日本リーグ優勝を果たし、全日本実業団選手権大会では3連覇を達成した。彼の教え子は5大会連続で五輪に出場している。 中條監督は、「スポーツ交流も日中友好の重要な一環。高橋と松友の金メダルによって、日本のバドミントンは輝かしい舞台に登った。これは中国のサポートと切っても切れない関係がある」と感慨深そうに語った。(翻訳・編集/北田) [全文を読む]

メダリストたちの意外な”ノーパン事情”が明らかに!

Smartザテレビジョン / 2016年09月05日15時33分

大会中話題となった、水谷選手の「試合中ノーパン」エピソード。これにはさらに深いエピソードがあった。どうやら“ノーパン”なのは試合中だけではないらしく、「どんな時にノーパンなのか?」という質問には、水谷選手なりの深い理由とともに面白エピソードが飛び出す。 出演者たちが答えを予想する中、柔道の山部佳苗選手も、「私も(ノーパンで)柔道着の下はスパッツをはいてい [全文を読む]

日本!予選リーグ1位で準々決勝進出!“史上初のメダル”までへあと1勝!バドミントン“世界最高峰の男女混合団体戦”「スディルマンカップ2015」CS放送「TBSチャンネル2」で日本戦全試合を独占放送!

PR TIMES / 2015年05月13日09時46分

続く女子シングルス、この大会初登場の奥原希望は、ランキング上位の相手に食い下がるも惜しくも敗れた。そして男子シングルスと女子ダブルスは、ロシア戦に続き桃田賢斗と高橋礼華/松友美佐紀ペアが登場。桃田は第2ゲームを落としたものの、その他は着実にポイントを重ねて勝利。高橋&松友の“タカマツペア”は、世界ランキング1位の貫禄を見せ、相手ペアを寄せ付けない試合内容で [全文を読む]

内閣総理大臣杯・文部科学大臣杯争奪 平成25年度 第67回 全日本総合バドミントン選手権大会

PR TIMES / 2013年11月26日16時49分

~ 日本一決定戦、チケット好評発売中 ~ 公益財団法人 日本バドミントン協会(所在地:東京都渋谷区 会長:綿貫 民輔)では、内閣総理大臣杯・文部科学大臣杯 平成25年度 第67回全日本総合バドミントン選手権大会を、来る12月3日(火)から8日(日)まで、国立代々木競技場第二体育館で開催いたします。内閣総理大臣杯・文部科学大臣杯争奪平成25年度 第67回 全 [全文を読む]

東京五輪は全種目メダルも!? 日本バドミントンがここまで強くなった理由

文春オンライン / 2017年10月04日11時00分

9月24日まで東京体育館で行なわれていたバドミントンの最高グレードの国際大会の1つ「ジャパンオープン」で、日本勢が躍動した。 世界選手権金メダルの奥原希望こそ準決勝を怪我で欠場したが、女子ダブルスでリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組が優勝。男子ダブルスは井上拓斗、金子祐樹組、ミックスダブルスは保木卓朗、廣田彩花組が日本勢初の決勝進出で準優 [全文を読む]

奥原「絶対女王」宣言!故郷の長野県大町市&母校のあるさいたま市から表彰

スポニチアネックス / 2017年09月30日19時24分

今後は各大会での勝率を上げていくことに力を注ぎ、「世界ランク1位で東京五輪を臨めるようにしたい」と語った。 また、1週間前のヨネックスオープンで痛めた右膝については「大事には至っていない。大丈夫だと思っています」と軽症と強調。今月後半のデンマークオープン、フランスオープンには出場予定だ。 [全文を読む]

バドミントン・奥原希望、日本勢初のシングルスV 「キツすぎて最後楽しかった」

J-CASTニュース / 2017年08月28日12時53分

日本勢が世界選手権で優勝するのは、1977年(第1回大会)の女子ダブルス、栂野尾悦子、植野恵美子ペア以来2度目。男女を通じ、初のシングルス優勝となった。 奥原選手は試合後、ツイッターで「やりましたーーー!キツすぎて最後楽しかった でもこれは歴代2位の長さです笑」「日本は夜中でしたが、応援ありがとうございました そしてたくさんの温かいメッセージもありがとうご [全文を読む]

<リオ五輪>韓国を破った日本バドミントン、躍進の裏に“韓国人監督”の存在=韓国ネット「国宝が流出した」「なんか切ない…」

Record China / 2016年08月17日18時00分

朴監督は1992年バルセロナ五輪男子ダブルスで金メダル、96年アトランタ五輪混合ダブルスで銀メダル、世界選手権大会で通算5回の優勝などを記録した伝説的な選手だ。 パク監督は2004年に日本代表チームの司令塔になった。アテネ五輪で日本は、参加した13人のうち12人が1回戦で脱落するという屈辱を受けていた。しかし、朴監督が指揮を執り、初めて出場した08年の北京 [全文を読む]

NHK五輪キャスターが発表!

Smartザテレビジョン / 2016年06月22日20時00分

阿部アナは同局の「おはよう日本」でメインキャスターを務め、ソチ五輪に続いて2大会連続で開会式を担当する。森アナは、同番組でスポーツキャスター務めていて、今回が初の現地キャスター。中継番組も担当する。 三瓶アナと杉浦アナは、どちらも初の閉会式担当。三瓶アナは五輪の現地実況を3度経験していて、杉浦アナはソチ五輪に続き2度目の現地キャスターを務める。2人は中継番 [全文を読む]

激震のバドミントン、裏カジノショックでも期待できるメダルラッシュ

週プレNEWS / 2016年04月20日06時00分

世界トップの選手たちが各地を転戦するスーパーシリーズ(SS)の大会や、昨年12月に行なわれたSSの年間上位8人によるファイナルの男子シングルスで日本勢として初めて優勝するなど、リオ五輪での金メダル獲得も期待されていた桃田。それだけに不参加は日本バドミントンにとって大きな痛手である。 だが、スポーツライターの折山淑美氏はこう語る。 「それでもまだ日本はメダ [全文を読む]

フォーカス