ボーカル 桜井和寿に関するニュース

小林武史、愛娘・HARUHIプロデュースに「完全コネじゃねーか!」と批判の声 一青窈との不倫の「罪滅ぼし?」の声も

おたぽる / 2016年06月12日12時00分

HARUHIは、96年に結婚した、My Little Loverのボーカル・akkoとの間に生まれた次女だという。 「映画が公開された当初からウワサはあったものの、『週刊女性』によって親子であることが公にされると、HARUHIの歌声を聴いたことがない人からは『完全にコネ採用だね』『横文字系アーティスト多すぎて、誰が誰だかわからん』などと批判の声が殺到。その [全文を読む]

「次はRADWIMPSか……!?」くるり脱退騒動に見る“ワンマンバンド”の危うさ

日刊サイゾー / 2013年05月25日12時00分

くるりのメンバーが定着しない理由は、ボーカル・岸田繁の“ワンマン体制”に原因があるのでは……と、ささやかれている。 Mr.ChildrenやBUMP OF CHICKENなど、ボーカルがほぼすべての楽曲で作詞作曲を担当するロックバンドは多い。ボーカルはバンドの顔でもあるため、ある程度のワンマンぶりも仕方がないのかもしれないが、行き過ぎればメンバー同士の不仲 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】スガシカオとミスチル・ボーカルのやりとりに「どんだけ仲良しなの!」

TechinsightJapan / 2016年02月06日20時45分

スガシカオがツイッターで「君、ミスチルのボーカルでしょ?」と質問をぶつけて反響を呼んでいる。つぶやきの内容からその相手はMr.Childrenの桜井和寿と思われ、フォロワーから「どんだけ仲良しなんですか!!」「ユニークなお友達をお持ちですね」と突っ込まれた。 約6年ぶりとなるオリジナルアルバム『THE LAST』を1月20日にリリースしたスガシカオ。本作に [全文を読む]

ドライブでもどこでも間違いない!オシャレで絵になるラブソング14選~洋楽7・邦楽7~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年09月16日09時00分

サビでは、“You are my angel”というド直球な歌詞が、ボーカルのスティーブン・タイラーのハスキーボイスに乗って響いて、文句なしでカッコイイ。 あえて場面を選ぶとしたら、太陽がサンサンとしている晴れた日、海などのアウトドア環境、あるいはドライブやジョギングなどのお供にオススメな1曲。 ※AerosmithVEVO 3)『Drowning』 B [全文を読む]

菅野美穂の“初めての男”も……ロックシンガーはイケメンより地味がモテる?

日刊サイゾー / 2013年03月30日12時00分

菅野の“初めての交際相手”といわれるのは、人気ロックバンド・筋肉少女帯のボーカル大槻ケンヂだ。 「大槻ケンヂが、10代だった頃の菅野美穂と交際していたのは、音楽業界では有名な話です。というのも、大槻がことあるごとに自慢していたから(笑)。『処女を奪った』という話もまことしやかに語られていますが、それは本当かどうか。90年代前半ごろの大槻はかなりのプレイボー [全文を読む]

ケツメイシ、湘南乃風と相次ぐバンドマンの”突然の離婚劇”

デイリーニュースオンライン / 2016年03月05日12時05分

」のボーカル川谷絵音(27)も離婚間近とされており、バンドマンとの結婚生活の難しさを懸念する声が広がっている。 ■”同志”としての絆が夫婦関係にマイナス作用? そんななかでも、MINMIと若旦那は子だくさん夫婦として有名だっただけに、業界各方面からも驚きの声が上がっている。一体、何が離婚の引き金となったのか。二人に近しい音楽業界関係者は語る。 「彼らは長い [全文を読む]

なぜミュージシャンは売れると妻をポイ捨て&不倫?ゲス極、ミスチル、GLAY…

Business Journal / 2016年02月20日07時00分

」のボーカル・川谷絵音の不倫騒動は、ベッキーが芸能活動の休業を発表したことで、ようやく沈静化しつつある。 しかし、芸能界、とりわけ音楽業界には、川谷と同様に下積み時代を支えた糟糠の妻を捨てて不倫、再婚するケースが少なくない。その代表格が、超人気バンド「Mr.Children」の桜井和寿と元ギリギリガールズ・吉野美佳の例だ。 ミュージシャンが売れた途端に妻を [全文を読む]

【ベッキー不倫騒動】ブレイク直後に”糟糠の妻”を捨てる「トロフィーワイフ現象」とは

デイリーニュースオンライン / 2016年01月16日16時00分

今更だが、紅白歌合戦にも出場した同バンドのボーカル。 (2) 山下久美子…布袋と結婚した時点で売れていたため<糟糠の妻>感は薄いが、不倫されて相当傷ついたと語っている。 著者プロフィール コンテンツプロデューサー 田中ねぃ 東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニ [全文を読む]

星野源、KCO、桜井和寿――ミュージシャンを襲う脳疾患の恐怖

日刊サイゾー / 2013年01月02日09時00分

早期発見で手術も成功し、後遺症なども残らない見込みと聞いています」(音楽雑誌編集者) 昨年には小室哲哉の妻で、globeのボーカルを務めるKCOも、同様にくも膜下出血で倒れて緊急手術を受けている。現在はリハビリ中で、日常会話を交わせるほどに回復したものの、発症当初は言語や記憶に障害が見られたことも、夫である小室がTwitterなどで明かしている。 2002 [全文を読む]

小林武史の“イエスマン”はもう嫌だ!? Mr.Children解散説の裏側

サイゾーウーマン / 2012年09月26日09時00分

近年は解散説やボーカル・桜井和寿のソロ転向説が流れるなど穏やかではないが、実際にミスチルの周辺で何らかの変化が起きていることは間違いないようだ。 ミスチルは1992年5月にミニアルバム『EVERYTHING』を発売し、メジャーデビュー。93年7月にリリースした4枚目のシングル「CROSS ROAD」以後、「innocent world」「Tomorrow [全文を読む]

「ベスト盤の大ヒットも後押しか!?」強まるMr.Childrenの長期休養説

日刊サイゾー / 2012年05月29日08時00分

バンドの活動休止、そしてソロ活動への転身を望むボーカル桜井和寿と、あくまでもバンド継続を主張する所属事務所・烏龍舎。既報のそうした構図に変化が生まれそうだと、音楽業界関係者は証言する。「今回のベストアルバムは有名なシングル曲が中心で、新曲やボーナストラックが入っていません。"オマケ"をたくさん付けてベストを売る昨今の音楽業界の風潮から見ればかなり異例です [全文を読む]

チャラン・ポ・ランタン、もう『逃げ恥』の「恋ダンス」じゃない方なんて言わせない! 豪華ゲストと作り上げた新作をリリース

okmusic UP's / 2017年01月15日18時30分

僕がボーカルではない曲をMr.Childrenで演奏し録音するのは初めてのことでしたが、曲の素晴らしさに引っ張られ、また可愛い歌声に寄り添いながら楽しくレコーディング出来ました。より多くの人にチャラン・ポ・ランタンの才能を感じてもらえたら嬉しいです。チャラン・ポ・ランタンは、そのパフォーマンスが魅力でありますが、この曲『かなしみ』は、パフォーマンスなしで、 [全文を読む]

チャランポ新曲にミスチルがアレンジで参加!

Entame Plex / 2016年12月25日12時00分

僕がボーカルではない曲をMr.Childrenで演奏し録音するのは初めてのことでしたが、曲の素晴らしさに引っ張られ、また可愛い歌声に寄り添いながら楽しくレコーディング出来ました。より多くの人にチャラン・ポ・ランタンの才能を感じてもらえたら嬉しいです。チャラン・ポ・ランタンは、そのパフォーマンスが魅力でありますが、この曲「かなしみ」は、パフォーマンスなしで、 [全文を読む]

窃盗逮捕の『ワンピース』歌手、裏切り・借金踏み倒し常習の“あきれた素性”

日刊サイゾー / 2016年11月18日18時00分

人気アニメ『ワンピース』の主題歌でメジャーデビューしたロックバンドの元ボーカルが、まさかの窃盗事件だ。元ROOTLESSのメンバーで、現在は建設作業員の野畑慎容疑者(34)が、友人のギターを盗んだとして窃盗容疑で警視庁池袋署に逮捕された。「ほとんど知られてないことですが、彼は何度も友達を裏切ってきたので、正直“またかよ”という思いです」とは、容疑者を知る音 [全文を読む]

素敵すぎるママを見て…「モヤモヤしちゃったとき」心に響く名言

BizLady / 2016年11月03日13時00分

■ミスチル桜井さんが『VERY』で語った、歌詞のような言葉が深い!まずは、ママ向け雑誌でダントツの売り上げを誇る『VERY』の人気モデル、クリス-ウェブ佳子さんとMr.Childrenのボーカル、桜井和寿さんの対談から(『VERY』2015年7月号)。<きれいに生きなくたっていいんじゃない? 外見だけの話じゃなくて、そもそも人生はきれいごとだけじゃ回ってい [全文を読む]

ミスチル、次期NHK朝ドラ『べっぴんさん』の主題歌を務めることが決定!

Entame Plex / 2016年08月24日18時22分

10月3日(月)より放送スタートとなるNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の主題歌にMr.Childrenの「ヒカリノアトリエ」が決定! この「ヒカリノアトリエ」は作詞作曲ともにボーカル桜井和寿が手掛け、楽曲について桜井は「『べっぴんさん』との出会いが、僕らにまっすぐな希望の歌を与えてくれました。 ひたむきな物語にそっと寄り添えるような曲で [全文を読む]

Mr.Childrenが朝ドラ「べっぴんさん」主題歌書き下ろし

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日17時45分

ボーカルの桜井和寿は「『べっぴんさん』との出会いが、僕らにまっすぐな希望の歌を与えてくれました。ひたむきな物語にそっと寄り添えるような曲でありたいと、強く願っています」とメッセージを寄せた。 主題歌アーティスト決定について「べっぴんさん」の堀之内礼二郎プロデューサーは、「タイトルに使われている『べっぴん』という言葉には『作り手が思いを込めた特別なもの』と [全文を読む]

ミスチル:桜井和寿、ライブに飛び入りで観客騒然! チャランポと2曲セッション

Entame Plex / 2016年08月23日18時08分

もも(ボーカル)と小春(アコーディオン)が、ステージに登場すると、坂本九のカヴァー「見上げてごらん夜の星を」から自身の楽曲「さよなら遊園地」「71億ピースのパズルゲーム」を披露。 そして、その後のMCで一際大きな歓声が巻き起こることに。なんとステージにMr.Childrenの桜井和寿が登場したのだ。アコーディオンの小春は今年のMr.Childrenのツアー [全文を読む]

ウカスカジー、ニューアルバム『Tシャツと私たち』を7月13日にリリース

okmusic UP's / 2016年05月12日19時00分

前作『AMIGO』収録の「縁 JOY AMIGO」でもウカスカジーとの相性抜群な DJ FUMIYA(RIP SLYME)とのタッグにより新たな楽曲として生まれ変わった新曲「前を向け!」、音楽への躍動する情熱を歌うアルバム表題曲「Tシャツと私たち」の新曲5曲に加え、「Celebration(Instrumental)」、 さらにボーナストラックとして“Sp [全文を読む]

売れた途端に嫁をポイ!?ベッキーの不貞騒動でミスチル、GLAYがとばっちり

アサジョ / 2016年01月13日09時59分

」のボーカルであり、既婚者の川谷絵音との熱愛を報じ、大きな話題となった。今回の騒動の一番の被害者ともいえる川谷の妻は、バンドが売れない時代から彼をずっと支え続けてきたのだという。「川谷は、妻のA子さんとインディーズ時代である2011年頃に知り合い、2015年夏に結婚しました。記事には2人の親密さが伺える写真や、川谷側のLINEのやりとりが掲載されていたため [全文を読む]

フォーカス