皇居 江戸城に関するニュース

日本を代表する文化歴史芸術画像を100万種保有。今回発表・100年以上前の東京関連画像を商用提供

DreamNews / 2017年01月23日14時30分

■本社〒169-0075東京都新宿区高田馬場1-4-21TEL:03-5273-2741 FAX:03-5273-2563http://www.21j.com/ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〇100年以上前の東京関連画像収録リスト001アメリカ大使館.jpg 002イギリス大使館.jpg 003ソ連 [全文を読む]

皇居の観光名所・東御苑と外苑 松の廊下跡など史跡が数多い

NEWSポストセブン / 2014年12月29日07時00分

日の丸を振る人々で皇居が賑わう季節がやってきた。12月23日の天皇誕生日の一般参賀に続き、1月2日には新年一般参賀が行なわれる。 現在の皇居の歴史はかつて江戸城であったこの場所に1868(明治元)年に明治天皇が京都御所から移り住んでから始まり、天皇の公務や宮中祭祀などが行なわれてきた。 かつて江戸城本丸があった「東御苑」、宮殿や宮内庁庁舎などがある「西の丸 [全文を読む]

今上天皇 退位後は京都にお戻りいただこうとの提案も

NEWSポストセブン / 2017年02月21日07時00分

明治天皇が京都の御所から江戸城(現在の皇居)に居を移したのは、元号が慶応から明治に変わった際のことだ。1868年9月に元号が変わると、間もなく天皇は東京に向けて行幸に出発。東京に着いた翌10月に江戸城を東京城と改め、いったん京都に戻ってから翌1869年3月に改めて東京に入った。 自民党は2月13日、天皇の「一代限り」の退位を認め、特例法で対応すべきとの見解 [全文を読む]

皇居・西の丸エリアには天皇の祭祀の場となる宮中三殿が存在

NEWSポストセブン / 2015年01月02日16時00分

日の丸を振る人々で皇居が賑わう季節がやってきた。12月23日の天皇誕生日の一般参賀に続き、1月2日には新年一般参賀が行なわれる。 現在の皇居の歴史はかつて江戸城であったこの場所に1868(明治元)年に明治天皇が京都御所から移り住んでから始まり、天皇の公務や宮中祭祀などが行なわれてきた。 かつて江戸城本丸があった「東御苑」、宮殿や宮内庁庁舎などがある「西の丸 [全文を読む]

職員も迷う皇居の吹上御苑 かつて9Hのゴルフ場が存在した

NEWSポストセブン / 2014年12月30日16時00分

日の丸を振る人々で皇居が賑わう季節がやってきた。12月23日の天皇誕生日の一般参賀に続き、1月2日には新年一般参賀が行なわれる。現在の皇居の歴史はかつて江戸城であったこの場所に1868(明治元)年に明治天皇が京都御所から移り住んでから始まり、天皇の公務や宮中祭祀などが行なわれてきた。 かつて江戸城本丸があった「東御苑」、宮殿や宮内庁庁舎などがある「西の丸」 [全文を読む]

当日受付での参観が可能となった皇居の見どころ

NEWSポストセブン / 2016年08月15日16時00分

この夏から皇居見学が、事前予約なしでできるようになった。大切に保存整備されてきた皇居を吹き抜ける風はどんな香りがするのだろうか。皇居側から見る21世紀の東京も見ごたえありそうだ。 徳川時代、265年に渡り将軍の居城として栄えた江戸城。明治維新後は天皇皇后両陛下のお住まいとなり、現在の皇居の歴史が始まった。 皇居の面積は約115万平方メートル。広大な敷地のう [全文を読む]

クルマでぐるり!“巨大パワースポット”皇居外苑へ

Walkerplus / 2016年01月03日09時00分

かつて江戸城があったことで知られる皇居。巨大なパワースポットとしても有名で、その周りをぐるりとドライブするだけで、全体運アップなどのご利益が得られるという。風水的には、富士山と秩父山系の霊力が皇居に流れ込んでいるとされる「龍穴」に位置する。 なかでも強いパワーがあるとされるのが、半蔵門から二重橋にかけてのエリア。国道20号線で桜田門を目指してクルマを進め、 [全文を読む]

この秋注目の“近世日本の美術展”に行ってみた

WEB女性自身 / 2015年09月07日06時00分

見学者は年配の人が多く、休憩所からは皇居が見下ろせる。静かで落ち着いた雰囲気だった。 次に向かったのは国技館でおなじみの両国にある江戸東京博物館。全体をくまなく見るとしたら1日はかかりそうなほど大きな施設。 今回の特別展のテーマは「徳川の城」。江戸城、名古屋城、大阪城 など徳川家が築いた城に関する資料が展示されている。城が大好きな記者は、城周りの絵地図に興 [全文を読む]

[西田陽光]【「考え・行動・出会い」が人生を拓く】~新・社会人へのメッセージ~

Japan In-depth / 2015年04月02日07時00分

北の丸公園、靖国神社、千鳥が淵、皇居周辺、四谷から飯田橋の外堀土手、ため息が出るほどの見事な桜が咲き乱れ春爛漫。皇居界隈は江戸城跡のお堀の緑と土手の桜が水面に映る様は、得も言われぬ美しき季節。新年度を迎えた街角には小顔ですらりとした若者たちであふれている。スーツ姿の新入社員思しき青年たちは、緊張感を漂わせ実に初々しい。この初々しい青年たちが日本の未来の担い [全文を読む]

大きく見やすくなってさらに楽しい『ワイド版 東京今昔散歩』で時空散歩!

PR TIMES / 2014年04月26日10時35分

構成 第1章 江戸城から皇居へ 第2章 モネを魅了した亀戸天神の風景 第3章 吉宗が植えさせた墨堤の桜 向島・東京スカイツリー 第4章 江戸時代から続く庶民娯楽の中心 浅草 第5章 橋の展覧会 隅田川 第6章 芸術と文化の中心地 上野 第7章 江戸からの学問の中心地 神田川界隈 第8章 月見の名所 九段坂 第9章 金融・商業の中心地 日本橋界隈 第10章 [全文を読む]

皇居ラン 近代日本ができるまでを感じられると歴女達に人気

NEWSポストセブン / 2013年10月08日16時00分

皇居ランのブームは、2007年から開催されている東京マラソンが大きなきっかけだった。以来、日に日にランナーが増加して、現在では、平日午後6~9時までのわずか3時間に、約4000人もが集まってくるという(千代田区調べ)。1日1万人のランナーが走っていると報じられたこともある。 健康のため、ダイエットのため、ストレス解消のため。これがランニングをする人の大方の [全文を読む]

東京の「土木地形散歩」は最高におもしろい 現在の東京の骨格は江戸時代のインフラだ

東洋経済オンライン / 2017年06月02日13時00分

皇居の濠は桜田濠や大手濠など「濠」の名で呼ばれていますが、この二つだけが「淵」なのはそのためです。陣内:もともとあった水辺を、人工的に利用しようということですね。皆川:貯水以外にはもちろん江戸城防御の目的がありますが、現代はそこに首都高が絡んでいるところが景観的には都会的でユニークですね。北河:形としては、ダムの周りの斜面が急勾配ですよね。土質や盛土と切土 [全文を読む]

日本会議の生みの親 「何を怖がっているのという感じ」

NEWSポストセブン / 2016年08月26日16時00分

そのうえで、皇居は世界遺産に登録しよう。それがいい! ●村上正邦/1932年生まれ。自民党。参議院4期。労働大臣、参議院自民党幹事長、自民党参議院議員会長などを歴任。 ●筆坂秀世/1948年生まれ。日本共産党。参議院2期。政策委員長、書記局長代行、中央委員会常任幹部会委員を歴任。 ●平野貞夫/1935年生まれ。参議院2期。自民党、新生党、新進党、自由党、 [全文を読む]

「日本の風景」とともにある本丸御殿 パレスホテル東京

Forbes JAPAN / 2016年05月26日13時30分

江戸城(現在の皇居)を囲むお濠の石垣からインスピレーションを得たというエントランスデザインは、パレスホテル東京が徳川の時代よりこの地に存在していたかのような錯覚を与える。1961年開業の旧パレスホテル時代から見守り続けてきた、日常と非日常が交錯する空間である丸の内という特別な場所だからこそ感じとれる日本。その時間の流れは、2012年以降の新生パレスホテル東 [全文を読む]

【書評】なぜ世界最大級の駅「新宿」攻略本がビジネスにも役立つか

まぐまぐニュース! / 2016年04月26日01時25分

敵が本丸に到達するよりずっと前で本丸を守ったのである 皇居から山間の甲府をつなぐ旧甲州街道のうち、新宿周辺はこの尾根道を利用して道がつくられた 尾根筋が2つの谷、すなわち2つの水系の間にできるということは、水は尾根筋で左右(新宿の場合は南北だから地図上は上下)に分かれているということだ。そしてこの尾根筋で生活文化圏が2つに区切られるのは自然なことだろう。尾 [全文を読む]

お祓いで開運!2016年に行きたい東京の厄除け神社4つ

ANGIE / 2016年01月04日12時01分

鬼のようにつよ~い神さまから、日本でナンバーワンの参拝数をほこる神さままで、様々な神さまを紹介しましょう! お猿さんパワーで厄除け【日枝神社】 江戸城の鎮守、皇居の守護神として崇敬されてきた「日枝(ひえ)神社」は、古くから「山王(さんのう)さん」と呼ばれ親しまれてきました。 日枝大神の神使である猿は「神猿(まさる)」=「魔が去る」に通ずることから、日枝神社 [全文を読む]

「10億人がライブ中継を見る」 建築家・磯崎新氏「二重橋前」での五輪開会式を提案

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月19日20時14分

磯崎さんは、皇居に隣接した「二重橋前」の広場で開くことを提案した。 新競技場をめぐっては、建築家のザハ・ハディドさんが設計したデザインに対して、日本スポーツ振興センターから修正案が出されている。しかし磯崎さんは11月5日、報道各社に向けて意見書を発表し、「まるで列島の水没を待つ亀のような鈍重な姿」と批判していた。 磯崎さんは、この日の会見で「開会式などのセ [全文を読む]

新国立競技場は「粗大ゴミ」「亀」 建築家・磯崎新の発言に海外メディア注目

NewSphere / 2014年11月07日18時27分

「プロポーザル選びにこだわり建築家を選ばなかったため、道を迷うことになった」(オーストラリアの通信社AAP) 同氏は、異例の競技場外での開会式開催を提案しており、皇居の外側に、江戸城の城壁を使った専用の会場を作ればいいと述べている。「開会式はメイン競技場で行うという慣例を超えるチャンス。10億人がテレビで見るにはこのほうがふさわしい」(ガーディアン) 舛添 [全文を読む]

大手町に湧いた温泉 外国人観光客へアピール期待 “灰色の退屈なエリア”イメージ払拭なるか

NewSphere / 2014年07月23日11時50分

「大手町」について、ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ紙)は、皇居に隣接し、その地名は江戸城の門にちなむ。また、日本の金融街の一角を形成しているが、「光と遊び心にあふれたデザインのハイテクワンダーランド」という東京のイメージと裏腹に「灰色のビルが立ち並ぶ退屈な地域」だと説明する。 ブルームバーグは、この地域は日本の最も高額なビジネス街の一部で、近 [全文を読む]

「全国お城マップ」が登場!いま日本の城が熱い!城めぐりの決定版!(iPhone/iPad対応アプリ)

@Press / 2014年04月23日16時00分

江戸城を歩く皇居乾通りの一般公開をはじめ、日本のマチュピチュと称される竹田城跡、そして3Dマッピングの大阪城。最近では天空の城として地域おこしに取り組む越前大野城など、お城の人気が沸騰しています。そこで当社では全国車中泊マップに続き「全国お城マップ」の提供を開始します。 「全国お城マップ」では日本全国に存在する城や城跡など、合計1,400箇所以上のお城ス [全文を読む]

フォーカス