見学 靖国神社に関するニュース

18歳から政治・選挙を考える ――無料で体験する永田町・霞が関(2)

政治山 / 2015年10月19日10時30分

国会見学から国会図書館、憲政記念館と、前回までは永田町見学の定番コースを紹介しました。国会議事堂正門を右手に通り過ぎ桜田門へ。目の前にはテレビでもよく登場する警視庁の建物がそびえ立っています。真正面の桜田通りからは霞が関、官庁街に入ります。 午後からは霞が関コースへ 右手には警視庁に続き総務省の建物が、左手には赤レンガ造りの法務省に続き東京地裁の建物が現れ [全文を読む]

「公」のために生きた楠木正成を見直し、その世界にひたる「楠木正成ゆかりの地を訪ねて」旅行参加者募集中です

PR TIMES / 2017年02月06日13時45分

この後、皇居外苑に移動し、大楠公像を見学して旅を締めくくります。 旅行代金は1人5万5千円(税込み。3食《朝1昼2》付。添乗員同行、観光料、玉串料含む)です。 【旅行の問い合わせ】 コース番号=は4898。サンケイトラベル(観光庁長官登録旅行業第1554号)☎06・6633・1515(平日午前9時半~午後5時半、土曜は午後2時まで)。 【楠木正成考連載企画 [全文を読む]

反日テロを生み出す「刑務所歴史館」に潜入…日本を恨み続ける韓国人の本気度

デイリーニュースオンライン / 2015年12月23日08時00分

僕が足を運んだのは、真冬の平日の昼間だったのだが、多くの人が見学にいて少々驚いた。もちろんディズニーランドのような混雑ではないが、次々に人が入ってくる。家族連れ、恋人同士などレジャーやデートで来ている人も多かった。わざわざ、デートでこんな辛気臭い場所を選ぶ気持ちはちょっと分からない。僕が見たところ、日本人は僕以外にいなかったが、睨まれたりはしなかった。 [全文を読む]

離任のケネディ大使、真の日米の懸け橋に 高く評価されるその功績とは?

NewSphere / 2017年01月20日17時45分

また船橋氏によれば、原爆資料館の見学を大統領に勧めたのも、自ら見学してその必要性を強く認識していたケネディ大使だったという。 [全文を読む]

韓国メディア、「日本の保守の聖地」伊勢神宮へのG7首脳訪問を懸念=韓国ネット「伊勢神宮は第2の靖国神社だ」「なかなか粋なやり方」

Record China / 2016年05月12日17時50分

通常は非公開の御垣内も見学可能とする方向で調整しているという。首相は昨年6月、サミット開催を発表した際に、伊勢神宮は「日本の精神性に触れるには大変良い場所」と述べていた。 聯合ニュースは伊勢神宮について「日本の皇室の祖先神に当たる天照大神を祭り、過去、祭政一致と国体原理主義の総本山としての役割をしてきた宗教施設」と紹介、「A級戦犯が合祀(ごうし)された靖国 [全文を読む]

はとバス 71才OGガイドの仕切りで参加者全員が一体感

NEWSポストセブン / 2014年07月28日11時00分

境内に併設されている同社ゆかりの資料を収蔵した遊就館を約1時間かけて見学する。戦争・軍事関係の資料の多い遊就館に入るのは人生初で雰囲気に圧倒される…。そこから皇居前広場へ向かう途中、長谷井さんが島倉千代子の『東京だョおっ母さん』を歌ってくれた。プロ級のこぶし回しに感動! 11時半頃、皇居前広場に到着。二重橋の前で集合写真を撮った後は約10分間の自由散策だ。 [全文を読む]

韓国ネトウヨ 「日本人は親切」の韓国タレント書き込みに激怒

NEWSポストセブン / 2012年08月17日16時00分

著書の内容は「日本に行ってみたら、日本人は親切だった」というような軽いノリの印象記だが、靖国神社を見学したエピソードを書いたり、著書に関して産経新聞のインタビューを受けたりしたことがネット上で反感を買い、「靖国神社を参拝するとは何事だ。恥を知れ」「よりによって極右の産経新聞のインタビューに応じるとはあまりにも愚かだ」といった書き込みが相次いだ。 ネット上 [全文を読む]

靖国神社で大暴れした中国人「桜が可哀想だと思った」が理由

NEWSポストセブン / 2012年07月05日07時00分

「台湾人が本殿まで参拝するのに対し、韓国人は見学程度、中国人の場合は敵情視察に近い。来た人の多くは、神社に政治色が薄いので拍子抜けして帰るようですが、昨年12月には神門にガソリンを撒き、柱の一部を焼いた中国人活動家がいました。 彼はその後、韓国の日本大使館に火炎瓶を投擲(とうてき)し逮捕されましたが、実は神門が焼かれる直前、神社の境内にも火炎瓶のような物 [全文を読む]

次世代を担う両国のリーダーが日米関係について忌憚ない意見を交換 第6回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム 8日間の日程を終了

@Press / 2013年12月26日14時00分

【参考資料1】≪第6回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム≫期間:2013年12月1日~8日(8日間)主催:ジョージタウン大学 / ジャパンタイムズ協賛:日本アムウェイ後援:外務省 / 米国大使館協力:全日空プログラム:<ジョージタウン大学 プログラム>●授業1 “The Founding of the Republic and Federali [全文を読む]

フォーカス