明治神宮 靖国神社に関するニュース

「公」のために生きた楠木正成を見直し、その世界にひたる「楠木正成ゆかりの地を訪ねて」旅行参加者募集中です

PR TIMES / 2017年02月06日13時45分

大阪、京都から3月20日出発の1泊2日 鎌倉訪問・靖国神社昇殿も 産経新聞社(本社・東京都千代田区、社長・熊坂隆光)は、大阪本社発行版朝刊で好評連載中の「楠木正成考」にちなみ、3月21日に東京・明治神宮会館で、作家の井沢元彦さんや雅楽師の東儀秀樹さんらを迎えて「楠木正成考」シンポジウムを開催します。これに合わせ、シンポへの参加や古都・鎌倉の南北朝ゆかりの地 [全文を読む]

ブッシュ元大統領 靖国参拝申し出たが日本側が明治神宮変更

NEWSポストセブン / 2014年05月10日16時00分

先日来日したアメリカのオバマ大統領が明治神宮に参拝した意味を日本のマスコミは正しく報じなかった。国家神道に敬意を示したとか、日韓併合を決めた明治天皇を評価したことになる、などと日本に都合のよい解釈をする右派論客やネット上の保守派が多かったようだが、実際には全く逆で、これは安倍晋三首相らの靖国参拝に対する強烈な抗議の意思表明である。 明治神宮には2002年に [全文を読む]

「いい夫婦の日記念ウオーク2015」を開催 11月22日(日)明治神宮外苑よりスタート

PR TIMES / 2015年09月10日11時50分

「いい夫婦の日記念ウオーク2015」概要■開催日 :2015年11月22日(日) ※雨天決行、荒天中止■集合場所:明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前■時間 :(受付時間)午前9時~9時30分 ※当日受付になります。(スタート)午前9時30分予定 (ゴール受付)午前11時~午後1時■参加費 :一般500円/東京都ウオーキング協会会員100円/他のウオーキング協会 [全文を読む]

オバマ氏の韓国での慰安婦発言 もはや「同盟国」とは言えない

NEWSポストセブン / 2014年06月14日07時00分

たとえば来日時に明治神宮を参拝したことだ。本誌前号で報じた通り、米側から「明治神宮に行きたい」と打診してきた真意は「我々は靖国神社には決して行かない」というメッセージである。しかも、2002年にブッシュ大統領が参拝した際には小泉純一郎首相が同行したが、今回、安倍首相は同行できなかった。 毎日新聞4月29日付によれば、米国側が難色を示したという。安倍首相が [全文を読む]

日本会議議員懇談会 安倍氏に同調できないと居心地悪い

NEWSポストセブン / 2016年05月17日07時00分

日本会議の役員名簿には、元最高裁判所長官、東京大学名誉教授、神社本庁総長、日本医師会会長、日本遺族会会長、靖国神社宮司、明治神宮宮司、比叡山延暦寺代表役員、崇教真光教え主など、学界・法曹会の要職経験者に加え、宗教団体のトップが宗派の垣根を超えて名を連ねる。 国政、特に安倍政権との“関わり”を匂わせるのは、超党派の国会議員で構成される「日本会議国会議員懇談 [全文を読む]

実録・1万2000ページで読み解く「昭和天皇」激動の87年生涯-“靖国合祀”と“人間宣言”篇-(1)

アサ芸プラス / 2014年11月13日09時56分

天皇のお遣いが出る神社(明治神宮や靖国神社)を勅祭社と呼ぶが、45年12月15日に勅祭社として白村江の戦いの時の天智天皇を祀る近江神宮を加えている。 「このことが示すのは、日本は白村江で負けたが、みごとに立ち直った。今回も再び立ち直れるということです。恐るべき大きな歴史的スケールで捉えておられる。古代の敗戦から復興した歴史の事実に立脚して、断固として戦争を [全文を読む]

フォーカス