ライブ 水谷豊に関するニュース

福岡で実現?水谷豊と及川光博、「相棒」ファンが熱望する“不仲説”払拭ライブ

アサ芸プラス / 2016年06月17日09時59分

「岸部は2011年の沢田研二のコンサートツアーや2013年の『ザ・タイガース』復活ライブツアーに参加するなど、演奏技術もパワーも健在です。水谷が岸部の演奏で気持ちよく熱唱する姿が見られそうです」(音楽ライター) 水谷が宇崎とツアーを行うのは5年ぶり。前回は全5公演と小規模だったが、今回は7月16・17・18日の東京・恵比寿ザ・ガーデンホール公演を含む7カ所 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】カバー曲「カバーされた回数」ランキング&「このカバー曲がスゴイ」ナンバーは?

TechinsightJapan / 2017年05月26日16時51分

■カバーされた回数の多い曲 TOP8(カバーしたアーティストの一部)8位『なごり雪』かぐや姫(イルカ、五木ひろし、天地真理、河村隆一、ももいろクローバーZ等、全117組)7位『いい日旅立ち』山口百恵(秋川雅史、森光子、鬼束ちひろ、森昌子等、全123組)6位『卒業写真』ハイ・ファイ・セット(浜崎あゆみ、今井美樹、石田ひかり、コブクロ、松山千春等、全139組) [全文を読む]

ザ・タイガース再結成ライブに吉永小百合、感激の涙

WEB女性自身 / 2013年12月13日07時00分

ライブでは、なんとジュリーがドラムをたたくシーンもあり、名曲『君だけに愛を』ではジュリーが人さし指を向けるたびに場内からは悲鳴のような声が上がる。アリーナ席は全員総立ち。アンコールの拍手が鳴り止まなかった。この日を皮切りに27日の東京ドームまでファンの興奮は続く。 吉永小百合は「森本太郎さんのご招待で武道館へ行きました。久しぶりにお会いして涙が出ました。 [全文を読む]

「すべてご破算」水谷豊の娘・趣里と破局報道 “すっぽかし俳優”田島優成の大きすぎる代償

日刊サイゾー / 2013年05月11日12時00分

こうしたトラブルも「ライブならでは」と割り切れればいいのだが……。 [全文を読む]

"ノリ"つながり!? 酒井法子が木梨憲武のライブで復帰か

メンズサイゾー / 2012年02月15日19時30分

とんねるずの木梨憲武(49)が、3月8日~10日の3日間にかけてソロライブ「NORITAKE GUIDE 5.0」を東京・日本橋三井ホールで開催する。生粋のエンターテイナーとして、木梨は2004年から07年までソロライブを開催し、ファンを楽しませてきた。5年ぶりとなるソロライブでは、笑いや音楽はもちろん、数々のサプライズ企画が用意されているといわれる。 そ [全文を読む]

加山雄三 生誕80周年「ゴー!ゴー!若大将FESTIVAL in OSAKA」 豪華アーティストを招き、6月17日・18日に大阪で開催 氣志團の出演も決定!

@Press / 2017年04月21日18時00分

今、話題のRemixアルバム「加山雄三の新世界」をライブで初披露することも決定しました。参加アーティストはお楽しみに!■6月17日(土) 出演奥田民生 with THE King ALL STARS(※)/氣志團/水曜日のカンパネラ/ももいろクローバーZ 他司会:加山雄三、Bose(スチャダラパー)※THE King ALL STARS=[加山雄三、キヨサ [全文を読む]

いまだかつてない刺激!『強炭酸水 クオス』TV CM決定! 声優の堀川 りょう氏とジャズドラマー榊 孝仁氏のコラボで クオスの弾ける刺激を表現!! 7月16日(土)放映開始!

DreamNews / 2016年07月01日17時00分

2013年3枚目となる、オリジナルアルバム「Message III The Live in TOKYO」をジャズの名門「BLUES ALLEY JAPAN TOKYO」でライブ録音しリリース。メンバーには渡辺貞夫の専属ベーシストを務め日本を代表するジャズベーシスト納 浩一、そして、繊細で美しい音を奏で平原綾香のピアニストも務めるピアニスト瀬田 創太を迎えた [全文を読む]

「はっぴいえんど」再び!BS朝日で松本隆のライブを

Smartザテレビジョン / 2015年10月25日20時00分

同番組では、作詞家・松本隆氏の作詞活動45周年を記念し、8月21日・22日に東京国際フォーラム・ホールAで行われたライブ「風街レジェンド2015」の模様を独占放送する。 出演は、昭和の大ヒット曲「木綿のハンカチーフ」の太田裕美、「タイム・トラベル」の原田真二、そのほか寺尾聰、水谷豊といった顔ぶれ。 そして、細野晴臣、鈴木茂、松本隆の「はっぴいえんど」のメ [全文を読む]

水谷豊はスイーツ男子?「何か女子会みたいだね」

Movie Walker / 2015年04月21日20時57分

今回のイベントは、各方面から招待された25名の女性たちが、豪華料理を食べながら、小野のナマ歌ライブと、水谷&小野のトークを楽しむ……というディナーショー形式。 女性客に振る舞われたのは、“太陽王の晩餐”と呼ばれる実際にルイ14世が食したとされる料理で、劇中で北白川右京らがレストランで味わうほか、(右京が執筆する)17世紀を舞台にした物語にも出てくる特別な [全文を読む]

本土民よ、『沖縄ベイ・ブルース』の歌詞に隠された本当の意味を知っているか? 米軍基地問題と守られなかった約束!!

tocana / 2015年02月03日18時00分

それでも最近、竜童はライブで『沖縄ベイ・ブルース』を歌い終わると、「普天間はどうした!」と叫ぶ。 発表から40年近く経つ『沖縄ベイ・ブルース』は、まるで沖縄の今を歌っているように聞こえる。それはこれが名曲であるだけでなく、沖縄の状況がまるで変わっていないという、悲しい現実も反映している。 (文=深笛義也) [全文を読む]

フォーカス