dvd 水谷豊に関するニュース

TV局 映画ガレリオ興収27億円、アメトーークDVDは200万枚

NEWSポストセブン / 2013年09月18日16時00分

完全にウチのドル箱です」(テレ朝関係者) ※週刊ポスト2013年9月20・27日号 [全文を読む]

【視聴熱】「井上涼」「水谷豊」「大根仁」…今熱い注目を集めるクリエーターたち

ザテレビジョン / 2017年06月11日17時30分

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標 [全文を読む]

松田優作初のDVDマガジンが5月26日に創刊!

Entame Plex / 2015年04月08日13時05分

没後25年を越えてもなおファンの記憶の中で生き続ける、日本を代表する俳優・松田優作。今回、俳優・松田優作をテーマとした「松田優作DVDマガジン」が5月26日(火)、講談社より創刊されることが決定した。(全41巻予定 隔週火曜日発売) 本シリーズは、テレビシリーズの代表作「探偵物語」と「蘇える金狼」「野獣死すべし」「家族ゲーム」をはじめ、主演映画作品をコンプ [全文を読む]

松田優作初のDVDマガジンがついに実現!「松田優作DVDマガジン」 2015年5月26日(火)創刊!!

PR TIMES / 2015年04月07日14時38分

[画像2: http://prtimes.jp/i/1719/619/resize/d1719-619-175614-1.jpg ] □商品情報 ・松田優作DVDマガジン ◇ 創刊号発売日:2015年5月26日(火)(首都圏基準) ◇ 発売:講談社 ◇ 価格:本体1,520円(税別)創刊号のみ760円(税別) ◇ 公式サイトURL:http://ent. [全文を読む]

【試写室】「相棒」角田課長と“仲間たち”の絆に乾杯!

Smartザテレビジョン / 2016年12月07日05時00分

「暇かっ?」そう聞かれると、たとえ暇だったとしても暇だとは言いたくないのが僕の悪い癖。そんな「暇かっ?」のせりふでおなじみの角田課長こと“暇課長”…じゃなくて、山西惇扮(ふん)する暇課長こと角田課長が活躍するのは12月7日(水)放送の「相棒season15」だ。各局で放送されているドラマやバラエティーなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ち [全文を読む]

杉下右京、再び銀幕へ! 反町隆史を相棒に迎えた『相棒-劇場版IV-』が製作決定

Entame Plex / 2016年05月19日05時00分

© 2015, 2016 テレビ朝日・東映 [全文を読む]

【ウラ芸能】10月民放連ドラ、生唾ゴックン効果

NewsCafe / 2015年12月24日15時00分

視聴率は別に、なんだかんだでドラマを楽しみにしてるよ」 [全文を読む]

「相棒シーズン14」スタートの裏で「欠番」となった黒歴史回が存在した!

アサ芸プラス / 2015年10月06日09時58分

10月14日より始まるドラマ「相棒シーズン14」(テレビ朝日)。4代目相棒に反町隆史を迎えファンの期待も高まるだけに、これまでのシーズンを振り返ろうとレンタル店に通っている人も多いことだろう。 しかし、その「相棒」シリーズには欠番が存在することをご存知だろうか。それはシーズン3の第7話「夢を喰らう女」。週刊誌記者が明かす。「犯人を追う右京(水谷豊)と亀山( [全文を読む]

水谷豊、早くも5代目相棒を模索中

NewsCafe / 2015年09月21日16時00分

10月から新シリーズがスタートする人気ドラマ「相棒 season14」(テレビ朝日系)に、大きな問題が持ち上がっている。 「主演の水谷豊(63)の新たな[相棒]に起用された反町隆史(41)が、場合によっては3カ月で交代させられる…というのです」というんはテレビ誌ライター。 初代の寺脇康文(53)が8年、続く及川光博(45)が3年、先代の成宮寛貴(33)も3 [全文を読む]

「ブラック・レイン」など主演映画完全収録! 松田優作初のDVDマガジン創刊!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月10日16時30分

■松田優作DVDマガジン 創刊号発売日:2015年5月26日(火)(首都圏基準) 発売:講談社 価格:本体1520円+税(創刊号のみ760円+税) [全文を読む]

夏目三久、TBS朝メーン抜擢は、堺雅人『半沢直樹』続編とのバーターだった!?

日刊サイゾー / 2014年02月04日09時00分

昨年放送され、驚異的な視聴率を叩き出した堺雅人主演のTBS系連ドラ『半沢直樹』の続編がついに内定したという。 銀行を舞台にした同ドラマ、最終回の平均視聴率は関東地区で42.2%を記録。瞬間最高視聴率はなんと46.7%に達した。これだけの“お化けドラマ”である以上、続編制作はTBSの至上命題。局を挙げて堺の囲い込みを図っていたという。 ただ、堺の所属する老舗 [全文を読む]

あのモンスター視聴率ドラマ「伝説の最終回」(6)俺たちの旅・鎌田敏夫

アサ芸プラス / 2013年11月08日09時53分

脚本家冥利に尽きたね」 [全文を読む]

フォーカス