評価 源頼朝に関するニュース

「公」のために生きた楠木正成を見直し、その世界にひたる「楠木正成ゆかりの地を訪ねて」旅行参加者募集中です

PR TIMES / 2017年02月06日13時45分

【ポイント3】シンポジウムに参加 第3部は垣田宗彦・湊川神社宮司や松本昌親・千早赤阪村村長らを迎え、「引き継がれた忠と義~再評価したい大楠公・小楠公」を議題にパネルディスカッションを開きます。この後、皇居外苑に移動し、大楠公像を見学して旅を締めくくります。 旅行代金は1人5万5千円(税込み。3食《朝1昼2》付。添乗員同行、観光料、玉串料含む)です。 【旅 [全文を読む]

「お騒がせ男女」に激辛直言 オマンら、許さんぜよ!(7)大河ドラマ「平清盛」←碓井広義(上智大教授メディア論)

アサ芸プラス / 2012年03月12日10時54分

壮大な歴史絵巻をひもとく大河ドラマには、評価の高い原作本の存在も不可欠。ところが、「平清盛」では、オリジナル脚本で勝負したことで、テレビと原作本の相乗効果が望めなかったこともマイナスに響いた。 「源平時代、しかも清盛ものとなると原作となる歴史小説も少ない。だからオリジナル脚本で勝負したのでしょうが、原作本の人気に頼れないこともマイナスからのスタートの要因で [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が忘れてはいけない人」~若光(後編)

Wow!Korea / 2016年08月25日17時43分

朝廷は若光の手腕を高く評価して、新たな使命を与えた。それが武蔵国(現在の東京都と埼玉県)における高麗郡の創設である。当時の行政区域の中で、「郡」は「国」に次ぐ大きな単位である。しかも、高麗の名をつけた郡を武蔵国に新設するくらいだから、よほど高句麗系の渡来人を頼りにしていたのだろう。■若光の墓716年、高麗郡の新設によって、それまで駿河(静岡)、甲斐(山梨) [全文を読む]

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

日本の自然美の描写の素晴らしさを評価されノーベル文学賞を受賞した川端康成が絶賛する紅しだれ桜の美しさは今年も健在です。昔よりも美しいものがより身近にある今の世でも、これほど美しいと思えるものは他にないと思わせる平安神宮神苑の紅しだれ桜。是非今年は堪能してみて下さい。自然と涙がにじみ出てくるほと感動的です。 神苑の出口付近には、桜の花びらにちなんで ピンク色 [全文を読む]

岡田将生に大河の語り部は重荷過ぎる! 実力以上のオファーばかりで耐えられるのか?

サイゾーウーマン / 2012年02月15日09時00分

実際、芸能界で評価を受けていても、一般人の認知度はそこまで高くありません。考えられる要因のひとつとして、岡田さんには突出した個性がないため、視聴者の印象に残り難いことが挙げられます。今はいろいろなことを吸収する時期だと割り切って勉強すること。そして自分の個性を探し、それを磨くことが成長するためには必須です。 また、岡田さんはNHK大河ドラマ『平清盛』の語り [全文を読む]

フォーカス