鎌倉幕府 源頼朝に関するニュース

頼朝、尊氏、信玄 肖像画が別人だった理由を教科書会社解説

NEWSポストセブン / 2014年11月23日07時00分

言わずもがな小中学校の授業で、鎌倉幕府を開いた〈源頼朝〉だと教えられた人物である。しかし、今ではこの男は“頼朝になりすました別人”との説が有力視され、教科書からも姿を消しつつある。 その理由について教科書出版社・東京書籍の社会編集部の編集者に解説してもらった。 「以前使用されていた源頼朝の肖像画は、京都の神護寺所蔵の源頼朝だと伝えられてきたものです。ところ [全文を読む]

「聖徳太子」が復活?「歴史」教科書が変わる理由

ZUU online / 2017年04月15日12時20分

■いいはこつくろう鎌倉幕府?歴史上の人物名や出来事、年号の変更は今回の学習指導要領の修正・復活だけではない。今と昔では違った内容にて指導していることも多い。たとえば「鎌倉幕府成立」である。鎌倉幕府と言えば読者の多くが「1192(いいくに)つくろう鎌倉幕府」と語呂合わせで覚えたことだろう。しかし今では鎌倉幕府の成立は「1185年」とする説が有力になりつつある [全文を読む]

平安時代「絶世の美女」にまつわる、京都・恋塚寺の悲しすぎる物語

まぐまぐニュース! / 2016年10月10日04時45分

今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、ある意味鎌倉幕府の生みの親とも言える、この袈裟御前と遠藤盛遠(もりとお)の悲しすぎる恋物語と、京都市内でいち早く紅葉が見られる「神護寺」の魅力が紹介されています。 袈裟御前と神護寺 ~歴史を変えた男女の仲~ 平安時代後期から鎌倉時代初期にかけて文覚(もんかく)という僧がいました。平清盛率いる平氏に流刑にされ、挙 [全文を読む]

「いい国」だった鎌倉幕府の成立 最近は「いい箱」が新定番

NEWSポストセブン / 2014年11月30日07時01分

〈いい国(1192)作ろう鎌倉幕府〉は有名な語呂合わせのひとつだったが、現在の小中学校の教科書では使われていない。 「弊社では鎌倉幕府が開かれたのは1185年としています。源頼朝は、征夷大将軍になった1192年より以前の1185年に守護・地頭を置き権力基盤を築いていました。よって実質的な開幕として1185年としているのです」(教科書出版社・東京書籍の社会 [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

イイクニ作ろう鎌倉幕府の少し前で、イイハコ作ろう鎌倉幕府の少し後です。国内の平定を進めている時期であり、奥州の藤原秀衡が没したのが1187年。 義経が平泉に落ち延びた年の暮れのことで、二人の息子国衡、泰衡と義経に、義経を主君として結束するよう遺言したそうです。 頼朝の圧力に屈した泰衡が義経を討ったのが、1189年のこと。頼朝と義経は12歳離れていて、義経は [全文を読む]

【京都】絶世の美女・常盤御前の生涯と、義経が剣を磨いた鞍馬寺

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日16時12分

常盤御前は武士の源義朝(鎌倉幕府を開いた源頼朝の父)の側室となり3人の子を産んでいます。この頃武士は、棟梁を中心とした武士団を組織し、天皇や上皇に仕え、護衛や紛争の鎮圧に努めていました。代表的なのは、清和天皇系の源氏と桓武天皇系の平家です。 憎き夫の敵「平清盛」の妾として生きる道を選ぶ 平治の乱で源氏の棟梁だった義朝が敗れます。義朝一族は平氏によって殺さ [全文を読む]

鎌倉幕府も日露戦争も、「仇討ち」で動いてきた日本の歴史

NEWSポストセブン / 2016年12月28日07時00分

仇討ちは個人的な復讐にとどまらない。歴史を動かした重大事件も、元を質せば仇討ちと言えるものが少なくないからだ。仇討ちは日本の歴史を動かす原動力だった。作家・歴史家の加来耕三氏が解説する。 * * * 日本人にとって仇討ちは真に縁の深い現象だといえる。元禄赤穂事件(忠臣蔵)を持ち出すまでもなく、仇討ちを題材にした小説や映画、テレビドラマが国民の支持を得たのは [全文を読む]

千葉氏サミットに合わせて『千葉一族入門事典~日本史を駆け抜けた月星の武士たち~』を発売

@Press / 2016年08月18日09時30分

千葉氏は、平安時代に房総で台頭した武士団であり、太祖・千葉常胤(つねたね)は、源頼朝から「父」のように慕われ、鎌倉幕府誕生に貢献。「月」と「星」の家紋の一族は鎌倉時代から室町、戦国、江戸時代へと全国をまたにかけて活躍し、今でも東北から九州まで全国各地にゆかりの地があります。千葉開府900年に向けて、行政・地域が一体となって歴史に根ざした街を目指す「千葉」。 [全文を読む]

恋に効く!鎌倉で“ラブ”パワースポットを巡ろう

Walkerplus / 2015年05月19日10時27分

葛原岡神社は、鎌倉幕府倒幕運動で活躍した、後醍醐天皇の忠臣、日野俊基(ひのとしもと)卿を祀る神社だ。 縁結びの神としても知られる同神社の境内では、“男石”“女石”という縁結び石が迎えてくれる。これらの石には、五円玉を結ぶと良縁に恵まれるというご利益が!恋を成就させたいという人も、ぜひ試してみては? ちなみに、同神社では鎌倉の海岸で採れたサクラ貝を奉製した [全文を読む]

aura あなたは誰を導く星になる――? 「明星の華~太平記異聞~」 女性向け無料恋愛シミュレーションゲーム Mobage・mixiにて配信開始!

PR TIMES / 2014年03月12日13時51分

「瑞星」として鎌倉幕府と運命を共にするのか、「妖霊星」として新たな時代を切り開くのか。あなたは誰を導く星になる――?<ゲームの特徴>ゲーム中の選択肢に正解したりアバターを獲得することで、彼との「好感度」が上がります。好感度によって物語が分岐し、それぞれのエンディングを迎えます。物語の途中には「特別ルート」が発生することも。「特別ルート」は、いつもより甘く胸 [全文を読む]

aura あなたは誰を導く星になる――? 「明星の華~太平記異聞~」 女性向け無料恋愛シミュレーションゲーム GREE版アプリにて配信開始!

PR TIMES / 2014年02月28日12時55分

「瑞星」として鎌倉幕府と運命を共にするのか、「妖霊星」として新たな時代を切り開くのか。あなたは誰を導く星になる――?<ゲームの特徴>ゲーム中の選択肢に正解したりアバターを獲得することで、彼との「好感度」が上がります。好感度によって物語が分岐し、それぞれのエンディングを迎えます。物語の途中には「特別ルート」が発生することも。「特別ルート」は、いつもより甘く胸 [全文を読む]

芸術の秋! あの「洛中洛外図屏風」がヘンなワケ

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月15日11時50分

これ以外にも教科書に必ず載っているウサギとカエルが相撲をとっている場面で有名な「鳥獣人物戯画」や、鎌倉幕府を開いた源頼朝の人物画「伝源頼朝像」、そして雪舟、円山応挙、伊藤若冲などを取り上げ、なぜそういう「ヘン」な絵になったのかを様々な視点から解説しており、西洋の遠近法などがない日本画がどういう仕組みになっているのかなども知ることができる。とにかく面倒臭い [全文を読む]

徳川家康 老獪な策士イメージだが「験担ぎ大好き」だった

NEWSポストセブン / 2017年04月02日16時00分

家康は先達の中でも特に源頼朝を尊敬し鎌倉幕府の正史「吾妻鏡」を愛読して範とした。平治の乱に敗れた源義朝の嫡男でありながら、頼朝が命を長らえて幕府を樹立できたのは、平清盛が頼朝の命を助けたからだ。伊豆の流人から再び身を興した頼朝の姿に、家康は自らの人質時代を重ね合せていたかもしれない。家康は大坂の陣の際に、この清盛の脇の甘さと頼朝の強運が当然念頭にあっただ [全文を読む]

日本と中国に共通する「お茶文化」、共に伝承を―中国メディア

Record China / 2017年02月22日23時40分

小笠原家は日本の歴史において礼法をつかさどっていた礼王で、1190年(建久元年)に、小笠原流の遠祖である遠光氏が鎌倉幕府の初代将軍源頼朝に仕え、公達の誕生儀式を行って以来、その礼儀作法を今日まで伝えている。小笠原流礼法をベースに、「小笠原流煎茶道」が創立され、今では日本の煎茶道で最も主要な流派の一つなっている。 小笠原流煎茶道は、日本人だけでなく、中国のお [全文を読む]

「公」のために生きた楠木正成を見直し、その世界にひたる「楠木正成ゆかりの地を訪ねて」旅行参加者募集中です

PR TIMES / 2017年02月06日13時45分

北条氏滅亡の地・東勝寺跡や鎌倉幕府初代将軍・源頼朝ゆかりの鶴岡八幡宮を参拝します。 [画像: https://prtimes.jp/i/22608/28/resize/d22608-28-971011-0.jpg ] 【ポイント2】靖国神社に昇殿参拝 2日目の21日は午前中に東京・靖国神社を訪問。昇殿参拝します。さらに明治神宮で参拝、昼食後、明治神宮会館の [全文を読む]

転換期は戦国時代…日本で女性の地位が低下した歴史的背景

WEB女性自身 / 2016年11月13日12時00分

鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻として、二代、三代の将軍を産み、最終的には自らが『尼将軍』、つまり事実上の四代将軍といわれるほどの実力者でした」 しかも政子は、夫への愛も深かった。当時、側室=愛人を持つことは当たり前だった。しかし政子は、これを許さず、頼朝の愛人宅を破壊してしまったのである。そして、朝廷が幕府から実権を取り戻そうとして起こった承久の乱(1221) [全文を読む]

家康が大化けしたわけ:甲州流軍学/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年10月17日07時00分

これが武田家の源流とされ、源頼朝の鎌倉幕府創建も支援した。とはいえ、1416年の上杉禅秀の乱で、これもいったん滅亡。守護代の跡部氏、国人の穴山氏や小山田氏などがあい争う。第18代とかいう武田信虎(1498~1574)が担ぎ上げられ、1508年に統一。ただし、国人たちもたがいに縁戚を結んでおり、宗家ほか、みんな武田家を名乗っている。つまり、武田家は実質的には [全文を読む]

真田丸『第39話』解説。「幕府」という言葉に隠された驚きの事実

まぐまぐニュース! / 2016年10月02日22時00分

あ、ちなみに以前、鎌倉へ行ったとき、「鎌倉幕府」と大書された黒塗りの表札みたいなのを売っていたので、買ってきて自室に掛けています。好きですね、こういうお土産は(笑)。(西股総生) 《今週のワンポイントイラスト》 徳川と豊臣、どちらにつくか悩む諸大名と、春ときり、どちらがいいか悩む信繁。あれ、この構図どこかで…!?(みかめ) 文・絵/TEAM ナワバリング [全文を読む]

鎌倉の観光名所「段葛」のパネル展示を開催 大改修で新設された石灯籠の制作風景を公開中

@Press / 2016年07月21日10時00分

■開催情報 場所 :株式会社 石長 鎌倉本店 1Fギャラリー (神奈川県鎌倉市小町2-14-8) アクセス:JR横須賀線・江ノ電 鎌倉駅 東口より徒歩約5分 時間 :9時~17時営業(火曜定休) ※入場自由 ※ギャラリー内にて常設 ■鎌倉屈指の観光名所「段葛」平成の大改修 二の鳥居から鶴岡八幡宮へ約500m続く参道「段葛」は、1182年に鎌倉幕府 初代征 [全文を読む]

源義経の推定身長は147cm 頼朝は155cm、弁慶208cm

NEWSポストセブン / 2016年07月20日07時00分

そこから147cm、47.5kgと推測した」(篠田氏) 一方、鎌倉幕府を開いた兄の源頼朝は偉丈夫なイメージが思い浮かぶ。 「教科書などに掲載されている肖像は別人で、甲斐善光寺が所蔵する木像が本人であるという説が有力。その木像の体型はずんぐりむっくり。そこで、源兄弟はともに小柄だと判断し、頼朝は155cm、60kgと結論づけました」(同上) 京の五条大橋で義 [全文を読む]

フォーカス