源義経 源頼朝に関するニュース

【京都】絶世の美女・常盤御前の生涯と、義経が剣を磨いた鞍馬寺

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日16時12分

悲劇の英雄・源義経の母、「常磐御前」は身分こそ低かったものの、絶世の美女と伝わります。そんな彼女の生涯はまさに源氏と平氏に翻弄されたと言ってもいいでしょう。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、常磐御前の生涯を追いながら、義経が剣の腕を磨いたことでも知られる源氏ゆかりの地「鞍馬寺」の魅力に迫ります。 常盤御前と牛若丸が武者修行した鞍馬寺 夫が敗れた [全文を読む]

鍋と焼肉を一緒に味わえるメニュー「義経鍋」

ぐるなび / 2017年06月05日15時10分

6月3日放送の「世界ふしぎ発見!」(TBS系、午後21時00分~)では、1189年に自害したとされる武将・源義経の死の謎の真相に、各地に残る伝承を辿りながら迫った特集の中で、白石みきさん、横浜流星さんが「酒と肴・大」(岩手県奥州市)を訪れた。 同店は水沢駅から徒歩でおよそ2分という立地のお店。番組では源義経ゆかりの少し変わったグルメがあるお店として放送され [全文を読む]

安田靫彦(やすだ・ゆきひこ)展、東京国立近代美術館で40年ぶり開催/お得なペア前売り券など12月1日に発売

PR TIMES / 2015年11月20日14時05分

※「本画」とは…素描(デッサン)や下図(したえ)を経て描かれた完成作品 歴史好きの人必見! ヤマトタケル、聖徳太子、源頼朝、源義経、織田信長、豊臣秀吉、宮本武蔵・・・・・・。時代のヒーローたちを描いた、教科書でもおなじみの作品が並びます。「靫彦戦後の3大美女」と言える、《王昭君(おうしょうくん)》(足立美術館蔵、3月23日~4月17日展示)、《卑弥呼》( [全文を読む]

恋に効く!鎌倉で“ラブ”パワースポットを巡ろう

Walkerplus / 2015年05月19日10時27分

本殿を参拝する前に見ておきたいのが、静御前が源義経を慕って舞ったとされる“舞殿”。静御前が舞ったときの歌にちなみ奉製した、“永遠の愛”を表現する糸巻きモチーフのお守「縁結び守」(1000円)は、恋する乙女の心を元気づけてくれること間違いなし! そして、源頼朝が妻の安産を祈ったという石“政子石”がある境内摂社、旗上弁財天も見学して、縁結び&夫婦円満のパワー [全文を読む]

GACKT自身が執筆した小説『MOON SAGA -義経秘伝-』発売開始!

okmusic UP's / 2014年08月02日00時00分

【その他の画像】GACKTヴァンパイアの起源に『源義経』が関わっていたという、GACKTなりの新しい解釈で描かれている同小説。GACKTがソロデビューより15年間拘り続け、様々なジャンルを駆使しながら表現をして来た『MOON SAGA』の世界が今回は書籍という形で誕生したことになる。 歴史文学としてももちろん、現代にも通ずる青春ドラマとしても楽しめるため、 [全文を読む]

日本史上初の東西対決「源平合戦」 どちらに加勢する?

しらべぇ / 2016年10月03日05時30分

それに関しては源氏側の指揮官だった源義経が才能を発揮したと言われているが、一方で「この時の平家は海賊勢力から見放されていた」とも考えられる。現に大河ドラマでは、そのように描かれていた。この源平合戦は、「どのようにして各勢力を味方につけるか」ということが初めて露呈した戦争でもあったのだ。・合わせて読みたい→「近代戦の目覚め」戊辰戦争 あなたはどちらに味方する [全文を読む]

源義経の推定身長は147cm 頼朝は155cm、弁慶208cm

NEWSポストセブン / 2016年07月20日07時00分

“牛若丸”と呼ばれた源義経は小柄で飛ぶように戦うイメージが強い。 「古文書の記述で『義経はチビだ』という悪口が残っているのと、一ノ谷の戦いで馬に乗ったまま断崖絶壁を駆け下りて平家を奇襲した際、俊敏に身をこなしていることからも、やはり小柄だった。また愛媛県の大三島には義経が着用した鎧も現存。そこから147cm、47.5kgと推測した」(篠田氏) 一方、鎌倉 [全文を読む]

なんだこれは!馬を背負った武士の銅像に隠された真実!

Business Journal / 2015年08月31日06時00分

しかしながら、全国的な知名度はいまいちで、平清盛、源頼朝や源義経といった源平合戦の時代のスーパースターと比べると、あまり知られていない。どちらかといえば、脇役キャラだ。 寿永3(1184)年2月。平家追討軍を率いる義経と源範頼らは、摂津国福原(現在の兵庫県神戸市)で、崖の上から平家軍を急襲した。一ノ谷の戦いにおける「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし」である。 [全文を読む]

【無料で読める!!】「学研まんが人物日本史」シリーズの『勝海舟 江戸城明けわたし』(電子書籍版)を期間限定で無料配信!

PR TIMES / 2015年05月01日13時26分

◇学研BookBeyond http://bit.ly/1EV16V8 ◇Kindleストア http://amzn.to/1zirx4l ◇楽天Kobo電子書籍ストア http://bit.ly/1bHTRT2 ◇iBooks http://bit.ly/1EV0hM0 ◇GooglePlayストア http://bit.ly/1EH27Os ■「学研 [全文を読む]

市川團十郎さん 過酷な演目「勧進帳」が早い死招いたとの声

NEWSポストセブン / 2013年02月10日07時00分

『勧進帳』とは、源頼朝から逃げる源義経一行の物語。安宅の関(石川県)で弁慶を先頭に山伏に扮して通り抜けようとしたとき、関守の富樫という侍に怪しまれるのだが、弁慶の機転で、その危機を乗り切るという人気の演目だ。著書に『歌舞伎英雄伝説』(講談社刊)を持つ作家・利根川裕さんは、こう説明する。 「『勧進帳』は体力が必要な演目です。他の演目なら、どこかで舞台袖に入 [全文を読む]

フォーカス