県民 熊本県に関するニュース

県民が『秘密のケンミンSHOW』はヤラセと激怒!調査した結果

しらべぇ / 2016年04月08日07時30分

中でも多かった書き込みとしては、「天草に住む熊本県民はヒトデ大好きというのはウソ」というもの。いったいケンミンSHOWとネットの書き込み、どちらが正しいのだろうか? これは実際に調べてみないと分からない。■ヒトデを出す寿司店で聞き込み...ということで、まずは熊本県天草市へ行き、ヒトデを本当に食べるのか調査。番組にも登場した寿司店『秀寿司』の大将に話を聞い [全文を読む]

熊本から元気を! 熊本の今を映したWEB動画が公開

Smartザテレビジョン / 2016年10月16日19時40分

発生から半年を迎えた10月14日、寄せられた支援を力に変え、未来へ進む県民の意気込みを表現したWEBムービー「フレフレくまもと!」が、特設サイトおよび熊本県YouTube公式チャンネルにて公開された。 震災以降、国内外からの励ましの声や支援を糧に、少しずつ復興へと歩んできた熊本県。本動画では、元気を取り戻しつつある県民の姿を映すと共に、今も震災の傷跡が残る [全文を読む]

“日本で初の農林水産大臣賞”、本年の豆腐オブ・ザ・イヤーが決定 『第2回 全国豆腐品評会』開催結果発表!

DreamNews / 2016年10月17日18時00分

【第 2 回全国豆腐品評会 審査結果】(平成 28 年 10 月 16 日 於:くまもと県民交流館パレア)最優秀賞 農林水産大臣賞/木綿豆腐の部金賞 『匠選(たくみせん)極(ごく)ソフトもめん豆腐』 (株)日本栄養給食協会 (栃木県)<木綿豆腐の部>金賞 上記、農林水産大臣賞と同じ銀賞 全農賞 『幻の極上 木綿豆腐』 とうふ工房味華 (群馬県)銅賞 『手塩 [全文を読む]

【県民あるある恋愛編】方言のかわいさ1位は京都府! では美男美女自慢1位は?

Suits-woman.jp / 2017年01月04日08時00分

そこで今回は「全国の県民あるある」について調査。ソニー生命保険株式会社が全国の20歳~59歳の男女4700名(各都道府県100名ずつ)に行なったアンケートをもとに、県民性についてランキングで発表します。2回目は、恋愛編。美男美女が多いのは? オシャレさんが多いのは? あなたの県民はトップ10入りしているかな!?■貯蓄額は?お小遣いは?……マネー編ランキング [全文を読む]

トランスコスモスBPOセンター熊本 熊本県ブライト企業に認定

PR TIMES / 2016年03月03日11時55分

熊本県のブライト企業推進事業は本年度より開始され、熊本県内企業の労働環境や処遇の向上を推進するとともに、従業員や求職者から見た企業の魅力づくりを通じて、県民の県内就職と県内労働力の確保を図る熊本県の施策です。ブライト企業とは、働く人がいきいきと輝き、安心して働き続けられる企業のことを指し、4つの基本的な要件を満たす企業が認定の対象となります。【ブライト企業 [全文を読む]

<全国47都道府県 水についての意識実態調査> おらが町の水自慢!地元県民に愛される水ランキング「熊本県」「富山県」「鳥取県」が同率1位!

@Press / 2015年04月21日11時00分

▼地元県民がおいしいと思う水ランキング「熊本県」「富山県」「鳥取県」が同率1位!関東・近畿・中部の大都市圏は20位圏外・ランキング上位の都道府県は、米を炊く、味噌汁を作る際に水道水をそのまま使用。下位都道府県ほど各シーンで“浄水器”“ミネラルウォーター”“ウォーターサーバー”を使用。▼水の安全性についての意識ランキング熊本県民の水への思いは熱かった!ここで [全文を読む]

熊本震災、2度目の夏 巨大落石を活用する御船町「人とのつながりが強まった」

週刊女性PRIME / 2017年09月03日10時30分

除去する費用は落札者に負担してもらう条件付きだったが、そこから県民たちの思いやりの輪が広がっていく──。 落札者の知り合いが重機を出してくれたが、巨大すぎて粉砕できないとわかると、今度は県内のダイナマイト業者が発破作業を申し出てくれた。 そして、今年5月1日に無事、粉砕。県内外からも寄付が相次いだという。 「私自身もオークションは初めてだったけど、いろいろ [全文を読む]

【熊本復興支援プロジェクト】 『熊本暮らし人まつり みずあかり』で被災地に復興の灯りをともしたい!

DreamNews / 2016年08月09日09時00分

このイベントは、2004年からスタートし、今年で第13回目を迎え、熊本県民が自分たちの力で熊本を盛り上げるイベントとして開催しておりました。また、行政の補助金には一切頼らず、毎年300の個人や民間企業の協賛で開催していました。しかし、今年の熊本地震の影響で県内企業も被害を受けており、県内の協賛だけでは実施不可能ではないかと、主催の一般社団法人熊本暮らし人ま [全文を読む]

被災地・熊本でのさばる“悪質”土地転がし業者……その正体は「半グレ」だった!

日刊サイゾー / 2016年05月01日19時00分

それでも県民の中には「もう生活拠点にはしたくない」と、できるだけ早く土地を手放したいと考える人もおり、業者によると「熊本県在住の女性タレントが、商業施設を建てる計画で持っていた土地を売却しようとしている」という。 そんな中、弱った被災者に襲いかかるのが、悪質な土地転がし。実際には大きな土地の下落はないのだが、ウソの査定で安く買い叩こうとする者が出没してい [全文を読む]

Amazon『ほしいものリスト』でゲームを希望した中学校を叩く心ない人たち

しらべぇ / 2016年04月25日11時00分

これを見たネットユーザーたちはインターネット掲示板で、「熊本県民が乞○だとは知らなかった」や「熊本は最低の県民」などといった心無い投稿を多数していた。■罵声を浴びせるほどのもの?確かに金額やリストに出たものを見る限り、「必要最低限のもの」ではない。だが、この募集は被災者に罵声を浴びせるほどのものなのだろうか?しらべぇ編集部が数日前に現地取材をした、被害が大 [全文を読む]

「ストップ振り込め詐欺」―全国初!柏市振り込め詐欺等被害防止等条例の制定

政治山 / 2017年05月11日11時50分

3 熊本県での調査と被害者への聞き取りから見えてきたこと(平成27年4月~7月) 全国に先駆け、「県民を振り込め詐欺被害から守る条例」を制定した熊本県を訪れ、熊本県警察本部のほか、所轄警察署、県内のコンビニエンスストア本部、金融機関、運送事業者等、各者の振り込め詐欺対策をヒアリングしました。県内では、それぞれの立場で振り込め詐欺の犯罪に対して立ち向かってお [全文を読む]

日本初!学会検診事業と健康情報の保全・流通をガイドライン化~ウェアラブル端末の普及時代に新たな情報管理の方法として~

DreamNews / 2015年05月27日14時00分

大会テーマ スマート&ウェアラブル化するITヘルスケアへの展望日 時: 2015年6月6日(土)13:00~18:00、7日(日)9:00~16:00会 場: くまもと県民交流館パレア(熊本県熊本市中央区手取本町8-9)主 催: 一般社団法人ITヘルスケア学会共 催: NPOモバイル学会、飯塚医療イノベーション推進会議(申請中)協賛学会: 電子情報通信学会 [全文を読む]

熊本地震:復興へブルーシートをバッグに再生 鳥取と協働

毎日新聞 / 2017年09月01日17時53分

同社とブリッジ、NPO支援団体「とっとり県民活動活性化センター」によるバッグの共同製作が今夏にスタート。約9400棟が被害を受けた倉吉市でシートを集め、8月22日に市民らが参加してバッグの生地として裁断する体験会を開いた。 参加者はシートをはさみで切り、丁寧に水洗いした。隣接する北栄町から訪れた小学6年、岡崎大武(ひろむ)さん(12)は「いろんな人に使っ [全文を読む]

テレビ熊本の荒木恒竹アナウンサーが急逝 追悼ツイートが続々

Jタウンネット / 2017年08月29日18時00分

人気アナウンサーのあまりにも突然の訃報に、熊本市の大西一史市長や、同県出身のミュージシャン「Do As Infinity」の伴都美子さんをはじめ、県民など多くの人から追悼ツイートが続出した。 テレビ熊本の荒木恒竹アナウンサーが病気のため急逝されたと聞いて言葉を失いました。先週お会いしたばかりで、その時はとてもお元気そうでした。そしていつもの素敵な笑顔で会話 [全文を読む]

総幸福量の最大化を目的とした、くまモンと民間企業等とのコラボによる“くまラボ”へ参画いただくメンバー、募集開始

PR TIMES / 2017年07月05日18時53分

熊本県では、くまモンの力を最大限に発揮することで、県民総幸福量の4つの要因である1.経済、2.誇り、3.安心・安全、4.夢を向上させるため、くまモンの活躍空間をさらに拡大していく取組みの場として、「くまモン共有空間拡大ラボ」通称“くまラボ”を設置することにいたしました。 “くまラボ”では、民間企業等の方々に「フェロー(研究員)」として参画いただき、“くまラ [全文を読む]

ドローン複合施設運営のライオンズフィルム、世界文化遺産登録の三角西港(熊本県)の撮影を実施!

@Press / 2017年04月17日11時30分

良港を持たない熊本県にとって築港は県民の悲願というべきもので、三角港にかけた期待と完成の喜びは数々の逸話として伝えられています。三角町は有明海、不知火海の二つの海に面し、熊本県の海の玄関港として、物資や人が行き交う海上交通の要地として繁栄。それとともに宇土郡役所(現在の宇城市立九州海技学院)や三角裁判所(現在の法の館)が設置され、宇土地域の行政や司法の中心 [全文を読む]

百貨店は死なず。大丸、松坂屋、鶴屋百貨店で奇跡を起こした男達

まぐまぐニュース! / 2017年01月17日16時00分

そして、熊本県民に寄り添い共に成長を続けて創業65年を迎えた、今も客足の途切れることがない「鶴屋百貨店」。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)では、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信(MAG2 NEWS読者限定で「テレビ東京ビジネスオンデマンド」が最大3か月無料キャンペーンを実施中)。百貨店不況の中で、これらの店はなぜ愛され続けるのか [全文を読む]

2位は福岡!47都道府県「方言のかわいさ自慢」ランキング1位は、あの県!

Woman Insight / 2016年12月22日06時30分

【2位】福岡県・熊本県(20.0%) 県民の20%が「方言がかわいい」と自賛する福岡県と熊本県。博多美人と言われるうえに、方言もかわいいなんてまさに無敵すぎる! 博多弁で「すいと~と(好き)」、熊本弁では「好きだけん付き合って」なんて言い方もあります。かわいい! 【1位】京都府(22.0%) 方言がかわいい1位は「京都府」でした! 品があってゆったりとし [全文を読む]

大崎麻子(公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン理事)が熊本市において災害時の女の子への支援について基調講演

PR TIMES / 2016年09月06日17時55分

『災害と女の子 ガールズが直面する二重の危機』 【2016年9月22日(木・祝)13時~15時半 くまもと県民交流館パレアホール】 国際NGOプラン・インターナショナル(以下、プラン)は、2016年9月22日(木)、くまもと県民交流館パレアホールにおいて、シンポジウム「災害と女の子 ガールズが直面する二重の危機」を熊本市男女共同参画センターはあもにいととも [全文を読む]

復興にむけた新たな旗印「くま紋」―熊本県が公開

インターネットコム / 2016年06月15日19時20分

シンボルマークは復興の旗振り役を務めるくまモンが、「心を一つに頑張ろう!」と県民に呼びかける姿を描いたもの。手に持つ旗印は、くまモンをモチーフにした新しいデザイン「くま紋」という。作者は小山薫堂氏・水野学氏。 標語はこれまで支援、心配を寄せた人に対し、感謝の気持ちを込め、復興に向けた熊本県の決意を力強く宣言するもの。高齢者から子どもまで心をひとつにすると [全文を読む]

フォーカス