小泉今日子 樹木希林に関するニュース

『海よりもまだ深く』 是枝裕和監督が撮り下ろし!池松壮亮主演! ハナレグミ「深呼吸」ミュージックビデオ解禁

NeoL / 2016年05月18日16時07分

ニッカウヰスキー「夢で逢いましょう」やハウスメイト「PEOPLE GET READY」、アサヒビールくつろぎ仕込 4VG「はじめてのチュウ」のCM歌唱や、小泉今日子・bird・原田郁子・太田裕美などへの楽曲提供も行っている。現在、楽曲を歌唱する資生堂「専科」のCMが放送中。 ハナレグミ 『深呼吸』 2016年5月25日(水)発売 初回限定盤 ¥1,400+ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】有吉弘行、久本雅美の「小泉今日子」発言でお詫び “母親役が似合う女優”ランキングに苦戦

TechinsightJapan / 2017年05月12日19時02分

それは久本雅美が「似てるってよく言われるんです! 小泉今日子さん!」と自信ありげに予想した時である。TOP10に入っていなかったばかりか、有吉弘行が申し訳なさそうに「小泉今日子さんに似ているという、不適切な発言があり申し訳ありません」とカメラに向かって詫びた。それを受けて久本も「なんか…なんかすいません」と深々と頭を下げるのだった。 “母親役が似合う女優 [全文を読む]

ランキングに変動も! 好感度調査、ガッキーが初のトップ3入り! 男性の1位は?

Suits-woman.jp / 2017年04月10日08時00分

女性タレント 人気度 ベスト20 1位:綾瀬はるか 2位:新垣結衣 3位:天海祐希 4位:浅田真央 5位:北川景子 6位:ローラ 7位:深田恭子 8位:杏 9位:石原さとみ 10位:篠原涼子 11位:いきものがかり 11位:吉永小百合 13位:渡辺直美 14位:DREAMS COME TRUE 15位:樹木希林 16位:小泉今日子 17位:菅野美穂 18 [全文を読む]

もはや歯止めが利かない……福山雅治のタレントイメージが崩壊危機! 新垣結衣の好感度が急上昇

日刊サイゾー / 2017年03月30日23時30分

★男性タレント人気度上位20 1位=阿部寛、2位=マツコ・デラックス、3位=錦織圭(テニス)、4位=明石家さんま、5位=タモリ、6位=イチロー(マイアミ・マーリンズ)、6位=博多華丸・大吉、8位=所ジョ-ジ、9位=内村光良(ウッチャンナンチャン)、10位=相葉雅紀(嵐)、11位=大泉洋、12位=渡辺謙、13位=桑田佳祐、14位=松岡修造、15位=ビ-トた [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

その波に乗り、中山美穂をはじめ、工藤静香、小泉今日子、斉藤由貴、菊池桃子らは、コメディエンヌとしての新境地に踏み出したのだ。 そして90年代――いよいよ、あの大物コメディエンヌが登場する。 山口智子である。■山口智子のブレイク 山口智子――芸能界デビューは、東レの水着キャンペーンガールだった。ドラマデビューは、NHKの朝ドラ『純ちゃんの応援歌』である。 時 [全文を読む]

「賛否の女王」広瀬すずをまるっと大解剖(CM編)最も話題を集めたのはあの迷言?

アサ芸プラス / 2016年09月19日17時59分

15年の「MOON RIBAR」篇では元・ちびまる子ちゃん役として、小泉今日子扮する元・セーラームーンが経営するダイニングバーのアルバイトとして登場。今後も様々な役で出演し続けることになりそうだ。 そして何より広瀬にかかる期待感を示したのが、JR東日本が91年から展開している「JR SKISKI」の14年度イメージキャラクターに抜てきされたこと。同社管内の [全文を読む]

SMAP離れを誘発するだけ?ジャニーズの”木村拓哉びいき”が波紋

デイリーニュースオンライン / 2016年06月22日07時06分

これまでも同誌は、樹木希林(73)や宮沢りえ(43)、小泉今日子(50)やマツコ・デラックス(43)といった、独特の存在感のある有名人をクローズアップしてきた。それだけに、これまで一切プライベートを見せなかった木村が、どのような切り口で誌面を飾るのかと注目を集めている。 一見するとファンにとっては期待が高まるような企画だが、実際はSMAPファンにとって必ず [全文を読む]

聖子・明菜・キョンキョン…あの<黄金アイドル>の蔵出し秘話をプレイバック!(2)

アサ芸プラス / 2016年03月30日09時57分

明菜と同じく「花の82年組」だが、実は小泉今日子(50)はレコ大新人賞の5人の枠に入れず、当初は乗り遅れた形であった。 髪形も同期の堀ちえみや石川秀美と同じく「聖子ちゃんカット」だったが、そこからの“反乱”がキョンキョンを別次元に導いたとアイドル評論家の高倉文紀氏が解説する。「5曲目の『まっ赤な女の子』で事務所にも相談せず、髪を刈り上げた。アイドルがあまり [全文を読む]

マツコロイドが真理を語る、NHK新春ドラマ『富士ファミリー』の肯定感

日刊サイゾー / 2016年01月07日19時00分

小国家の美人三姉妹の長女・鷹子(薬師丸ひろ子)と、死んだ三姉妹の次女・ナスミ(小泉今日子)の夫である日出男(吉岡秀隆)、その三姉妹の父親の妹である笑子バアさん(片桐はいり)、そして、住み込みでアルバイトをすることになった“訳あり”のカスミ(中村ゆりか)の4人。そこに時折、三女の月美(ミムラ)も嫁ぎ先から訪れる。「富士山よ、お前に頭を下げない女がここに立っ [全文を読む]

フォーカス