樹木希林 悠木千帆に関するニュース

有名人39人「芸名の秘密」全部バラす(2)

アサ芸プラス / 2012年06月20日11時00分

樹木希林は芸名を〝売却〟 インパクトのある芸名には、それなりの理由があることが多い。その典型が、昨年に夫の内田裕也が逮捕。今年はオセロ・中島知子が家賃滞納したマンションが娘婿(本木雅弘)の所有だったりと、本業以外でも波乱万丈なベテラン女優・樹木希林(69)だろう。その経緯が一風変わっている。 「デビューは61年。当時の芸名は『悠木千帆』。ところが77年、テ [全文を読む]

実は夫・内田裕也より破天荒!?樹木希林に人生相談したい女性が続出!

アサジョ / 2016年10月07日09時58分

10月3日、映画「永い言い訳」の試写会イベントが都内劇場で行われ、主演の本木雅弘と西川美和監督のほか、サプライズゲストとして樹木希林が登場した。樹木は観客からの人生相談に独特の“希林節”で対応。それが多くの女性の心をつかみ話題となっている。「樹木は観客から『男性を見る目がないので、人間を見る目を養いたい』という相談に対し、『自分もそういうもの(ダメな人間性 [全文を読む]

改名成功者は山本譲二、樹木希林、吉幾三 失敗は能年玲奈

NEWSポストセブン / 2016年10月02日07時00分

早く別の名前に変えることをおすすめします」(黒川さん) さらに、改名で大きく成功した芸能人として黒川さんが挙げるのは、樹木希林だ。 「改名前の名前は、細身の美女を思わせる素敵な名前だった樹木希林さん(元・悠木千帆)。しかし、喜劇OKで強烈な個性の持ち主であるご本人には物足りなかったかもしれません。改名後は、筋肉が緊張する“キキキ”を最後の“リン”で一気に発 [全文を読む]

第13回「テレ朝の時代」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月03日12時30分

1977年4月1日の社名変更の記念番組では、女優の悠木千帆が樹木希林と改名し、芸能界で話題になった。続いて5月には、日曜洋画劇場でポルノシーンが問題視された『エマニエル夫人』を放送。社会的反響を巻き起こすと共に、30.8%という驚異的高視聴率を叩き出したのである。さらに10月、米ABCから購入した連続大型ドラマ『ルーツ』を日本の放送史上初めて8夜連続で放送 [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

代表的な例では、70年代にホームドラマの『時間ですよ』や『寺内貫太郎一家』(いずれもTBS系)に出演した樹木希林サン(当時は「悠木千帆」名義)をはじめ、『テレビ三面記事 ウィークエンダー』のリポーターとして脚光を浴び、女優に転じた脇役時代の泉ピン子サンや、長らく『必殺』シリーズで藤田まことサン演じる“ムコ殿”をいびる姑役だった菅井きんサン等々――。 中で [全文を読む]

感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「寺内貫太郎一家・小林亜星」

アサ芸プラス / 2015年11月02日19時57分

── 頑固で短気な石材店の主人に亜星が扮し、老女のきん役を悠木千帆(現在の樹木希林)、貫太郎の息子・周平に西城秀樹、お手伝いに浅田美代子など豪華キャストがそろい、平均視聴率31.3%を獲得した。── 名セリフ? そりゃあ、やっぱり、きんさんが身をよじらせての「ジュリ~~~!」かな(笑)。貫太郎は口数が少ない役どころだったから、自分で記憶するセリフはないんで [全文を読む]

CS放送「TBSチャンネル1」で、沢田研二主演『悪魔のようなあいつ』12/3(火)放送開始!38年間一度も再放送されなかった衝撃の問題作がいま甦る!

PR TIMES / 2013年11月29日16時48分

衝撃の問題作が38年の沈黙を破り、ついにTBSチャンネルでよみがえる!『悪魔のようなあいつ』(1975年6月~9月・全17話)放送:CS放送「TBSチャンネル1」 12/3(火)スタート (月)~(金)午後11:00~深夜0:40[2話ずつ放送]原作:阿久悠、上村一夫脚本:長谷川和彦プロデューサー:久世光彦演出:久世光彦、和田旭、前川英樹、浅生憲章 ほか出 [全文を読む]

追悼 森光子さん 出演番組のお知らせ(CS放送「TBSチャンネル2」)

PR TIMES / 2012年11月15日14時46分

出演:森光子、船越英二、松山英太郎、大空真弓、松原智恵子、堺正章、悠木千帆(現・樹木希林)ほか『時間ですよスペシャル 天使の誘惑』(1988年)・12/28(金)深夜0:00~深夜1:20「時間ですよ」シリーズ第5弾「時間ですよ ふたたび」のスペシャル版。森光子さんは、銭湯「梅の湯」のおかみ・宝田ウメ役でご出演。出演:森光子、石橋貴明、木梨憲武、南野陽子、 [全文を読む]

フォーカス