最新 樹木希林に関するニュース

乳がん治療は日々進歩、樹木希林の元気ぶりがその証明

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

医療ジャーナリストの田辺功さんが、最新の乳がん治療について解説する。 「基本的に乳がんの治療は、手術・放射線・化学療法の3本柱。これは20年前から変わりません。その中で、日々新しい治療法が生まれているのです。例えばこれまでの放射線治療はX線の“三次元照射”でしたが、“四次元ピンポイント照射療法”を行う病院もあります。 これまでは、照射時に患者さんが呼吸を [全文を読む]

樹木希林主演の感動作『あん』BD&DVD発売決定! 河瀨直美監督のコメント到着

Entame Plex / 2016年01月09日18時48分

これを受け、河瀨監督の最新コメントが到着した。 第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門オープニング作品で、日本でも77館で公開された本作は列島を感動の渦に巻き込み、異例のロングラン、大ヒットを記録した感動作だ。河瀨監督は、「『あん』を劇場でご覧になった方も、まだご覧になっていない方も、この日を心待ちにしていただいていたなら幸いです。公開から10ヶ月の時を [全文を読む]

『火花』にみる作家・又吉直樹の力 『ダ・ヴィンチ』最新号は「又吉直樹」を全45ページにわたり大特集!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月05日18時00分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら そして、今日6月5日(金)発売の『ダ・ヴィンチ』最新号では、「又吉直樹」を大特集。「あの人はどう読んだのか『火花』の衝撃」では、俳優・綾野剛や芸人・小籔千豊をはじめとする著名人たちがその魅力を語り、女優・樹木希林との対談、又吉直樹全作品紹介、秘蔵エピソード公開の「又吉直樹を巡る人々」など、全45ページにもわたる大ボ [全文を読む]

2014年春夏パリコレ最新レポート&4都市コレクションスナップから学ぶリアルスタイル・レッスン開講!

PR TIMES / 2013年11月29日11時28分

『VOGUE JAPAN』2014年1月号(11月28日発売) 世界で最も影響力のあるファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』1月号(11月28日発売)は、 2014年春夏パリコレクションで発表された最先端のトレンドとファッション界の最新ニュースを通し、 未来を支える“モードなチャレンジ精神”に注目しました。16年にわたりモード界を牽 [全文を読む]

「何日か泊めて」とSOSも......オセロ中島知子を"洗脳"した女性占い師の行方

日刊サイゾー / 2012年03月21日08時00分

最新の中島画像はこちらから> 占い師は食料などを運んでいた母親らと行動をともにしていたが、家賃滞納訴訟の判決が出た2月28日深夜から出て行った数台の車に乗っていた可能性が高いとされる。近隣住民からは29日以降に姿を見たという証言もあったことから、報道陣の張り込みも見受けられるが、マンションの家主である本木雅弘の義母、樹木希林は占い師らが退去済みであること [全文を読む]

全身がんの樹木希林、元気なときの姿は「あれは瞬間芸」

NEWSポストセブン / 2017年01月01日07時00分

鹿児島県にあるクリニック『UMSオンコロジークリニック』で最新がん治療「四次元ピンポイント照射」により、全身がんの治療をした女優の樹木希林(73才)。そんな樹木に本誌・女性セブンは幾度かにわたって「がんと生きる」ことについて話を聞きたいと取材依頼をしてきた。毎回固辞されたが、このたび「なんだかあまりにも電話が来ないから、こっちからかけちゃったわよ」と電話が [全文を読む]

眼鏡ライター推薦 お洒落に変身するモテ老眼鏡の選び方

NEWSポストセブン / 2016年11月17日07時00分

人気番組『マツコの知らない世界』(TBS系)にも登場した眼鏡ライターの伊藤美玲さんが最新のリーディンググラスを解説する。 まず一つ目は、全世界で100万本以上を売り上げている「アドレンズ ライフワン」。フレームに取り付けられたツマミで度数を変化させられ、老眼だけでなく近視、遠視にも対応できる優れものだ。40代の初期老眼から、70代安定期の老眼の全てに対応。 [全文を読む]

本木雅弘が竹原ピストルと樹木希林から得たものとは?

Movie Walker / 2016年10月06日07時00分

最新監督作『永い言い訳』(10月14日公開)で主演を務めたのが、俳優として円熟味を増してきた本木雅弘だ。本木にインタビューしたら、いまやすっかりファンとなったという竹原ピストルとの共演秘話や、義母で女優の樹木希林との興味深いエピソードが飛び出した。本作で本木が演じたのは、観光バスの交通事故で妻が他界したのに一滴の涙も流せない小説家の衣笠幸夫役。彼がひょんな [全文を読む]

アラーキー、フジファブ山内の髪をバッサリカット!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月05日18時00分

最新号では、「又吉直樹」を大特集。俳優・綾野剛や芸人・小籔千豊をはじめとする著名人たちが、又吉初の純文学小説『火花』の魅力を語り、女優・樹木希林との対談、秘蔵エピソード公開の「又吉直樹を巡る人々」など、全45ページにもわたる大ボリュームでお届けする。さらに、映画公開を記念し、綾瀬はるか×長澤まさみ×夏帆×広瀬すずの四姉妹座談会が実現した第2特集『海街dia [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】秦基博の新曲『水彩の月』MV。河瀨直美監督とのコラボ作に「言葉じゃ足りない」くらい感動。

TechinsightJapan / 2015年04月30日11時45分

『水彩の月』は、5月30日に全国公開される河瀨直美監督の最新映画『あん』(原作:ドリアン助川、出演:樹木希林、永瀬正敏、他)の主題歌として監督からの熱いオファーを受け、秦基博が書き下ろしたものだ。そのミュージックビデオ(MV)を今度は秦サイドから依頼し監督が快諾、撮影は河瀨監督が居を構える奈良県の原生林を中心に監督自身が16mmフィルムなどをまわしながら [全文を読む]

なかにし礼のがん治療法 専用機器50億円、電気代月1200万円

NEWSポストセブン / 2012年11月26日16時01分

作詞家・なかにし礼さん(74才)が食道がんの治療で受け、注目度の高い最新治療の代表ともいわれる“陽子線治療”。兵庫県立粒子線医療センター・医療部長の出水祐介さんは、その利点を次のように解説する。 「一般的な放射線治療に使われるX線は、皮膚に近いところで放射線量がもっとも高くなり、体の深部にある病巣では低くなってしまいます。対して陽子線は体の深いところで放射 [全文を読む]

「業界ウケは悪いけれど......」一般人がコメントする映画CM続出のワケ

日刊サイゾー / 2012年10月05日08時00分

【関連記事】・「金鳥の夏、日本の夏」はもう古い? 業界を席巻する「家庭教師のトライ」のユニークCM・"キャッチコピー"の時代は終わった!? テレビ局CMに見る最新広告事情・「やっぱりハンパじゃない!」樹木希林の認知症CMに業界内外から絶賛の声 [全文を読む]

「金鳥の夏、日本の夏」はもう古い? 業界を席巻する「家庭教師のトライ」のユニークCM

日刊サイゾー / 2012年08月12日08時00分

※画像は「家庭教師のトライ」公式サイトより【関連記事】・"キャッチコピー"の時代は終わった!? テレビ局CMに見る最新広告事情・「事務所はCMを入れたいけれど......」オファー殺到中の満島ひかり 仕事選びの基準とは・「やっぱりハンパじゃない!」樹木希林の認知症CMに業界内外から絶賛の声・「株価もCMキャラクターTOKIOのイメージも急落中!」消費者庁" [全文を読む]

フォーカス