体外受精 野田聖子に関するニュース

【エンタがビタミン♪】野田聖子議員、長男の卒園式で号泣 「問題山積だがひとつずつ解決してみせる」決意新た

TechinsightJapan / 2017年03月27日15時02分

2010年にアメリカで第三者提供の卵子で体外受精をし、妊娠。2011年1月に生まれてからは毎月のように手術をして一命を取り留める状態が続き、退院できたのは2013年4月。以後は野田氏の夫が家事を引き受け、夫婦一丸となって子育てに携わってきた。 これまで「生きていてさえくれれば、恩の字」(原文ママ)と思い見守ってきた息子が今春、東京都の特別支援学校へ入学する [全文を読む]

野田聖子議員長男の肺炎 今後菌あった場合の懸念を医師指摘

NEWSポストセブン / 2012年03月27日07時00分

体外受精14回、流産1回という苦難を乗り越えて、昨年1月6日、長男・真輝くんを出産した野田聖子議員(51才)。だが、真輝くんは生まれる前から大病を患っていたため、生まれた直後にヘルニアの大手術を行ったが、一時、呼吸停止状態に陥り、生死の間をさまよう事態にまで陥った。 しかし、野田氏の献身的な看病の成果か、次第に容体は安定していき、昨年12月6日には一般病棟 [全文を読む]

野田聖子議員が体外受精に足踏みする日本の不妊治療に意見

NEWSポストセブン / 2017年04月02日07時00分

体外受精の治療費は1回50万円、45才以上の出産率はわずか1%。採卵、服薬、注射、検査、結果発表を繰り返し、夫婦は心身ともに疲弊していく。それでも不妊に悩む夫婦はこの治療に一縷の望みを託すしかなかった。3月、国内初となる匿名の卵子提供による出産が発表された。 不妊治療を受ける彼らの希望の光となるのか…2010年に卵子提供を受けて妊娠・出産した野田聖子議員( [全文を読む]

卵子提供推奨の野田聖子、「出産は親のエゴ」の意見を一蹴

NEWSポストセブン / 2017年04月01日07時00分

体外受精で踏みとどまっている人に、私は卵子提供を勧めたい。もっと早くやっておけばよかったなと今でも思います。匿名でもなんでもいいんです」 東京・永田町の議員会館にある事務所の応接室。野田聖子議員(56才)は迷いなくこう言い切った。 2010年にアメリカで卵子提供を受け、真輝くん(6才)を出産した彼女にとって、見過ごすことのできないニュースだったのだろう。 [全文を読む]

高齢出産のギネス記録は66才スペイン人女性 日本人では60才

NEWSポストセブン / 2012年07月20日16時00分

そして、提供卵と精子で体外受精させた受精卵を自分の子宮に戻し着床させます。 しかし、現在の日本では、日本産科婦人科学会の倫理規定で体外受精は夫婦間で行うことと規定されているので、第三者の卵子を使用した体外受精は許されていません。つまり国内ではできないのです」 ギネスブックによると、これまでの記録は、2006年にスペインの女性が66才で双子の男の子を出産した [全文を読む]

息子の闘病続く野田聖子議員 今度は実母が老人性うつを患う

NEWSポストセブン / 2012年05月10日16時00分

※女性セブン2012年5月24日号 【関連ニュース】野田聖子議員長男の肺炎 今後菌あった場合の懸念を医師指摘野田聖子氏 体外受精出産長男の闘病綴るブログに涙する人々子の闘病番組出演野田聖子氏「命を考えるきっかけになれば」野田聖子氏10か月長男 ICUで人工呼吸器つながれ予断許さず重症のうつ病 電気けいれん療法で70%~80%の治療効果あり [全文を読む]

子の闘病番組出演野田聖子氏「命を考えるきっかけになれば」

NEWSポストセブン / 2012年01月28日07時00分

※女性セブン2012年2月9日号 【関連ニュース】野田聖子氏 体外受精出産長男の闘病綴るブログに涙する人々野田聖子氏10か月長男 ICUで人工呼吸器つながれ予断許さず野田首相 代表選勝利の後付け理由作りに新聞記者苦労する紗栄子 ダルとの離婚を承知できない理由は次男の手術のため野田聖子議員 「“50才でも産めるんです”なんていいたくない」 [全文を読む]

体外受精の着床率 年齢とともに下がり、40才以上では1割

NEWSポストセブン / 2012年01月14日16時00分

1983年に国内最初の体外受精による赤ちゃんが誕生。2005年には、全出生児の約1.8%が体外受精で生まれている。産婦人科専門医の宋美玄さんと、医療ジャーナリストの熊田梨恵さん。医療の最前線にいるふたりが、不妊治療について語り合った。 * * * 熊田:セックスのタイミングや頻度をアドバイスする「タイミング法」でうまくいかなければ、いよいよ人工授精ですか? [全文を読む]

新年だからこそ差別主義者たちのヘイト発言を振り返る! 石原慎太郎、曽野綾子、百田尚樹、長谷川豊、安倍政権

リテラ / 2017年01月03日19時30分

しかし野田夫妻は、体外受精という非常に計画的なやり方で子供を作った。その場合は、いささかご自分の責任において、費用の分担もされるのが当然という気がするのだ」。 そして、相模原事件発生後、自民党公認のネット応援部隊「自民党ネットサポーターズクラブ」(通称、ネトサポ)のある会員はブログで、植松容疑者の主張に同調したうえで、このように言い放った。「知的障害者を生 [全文を読む]

49才で妊娠のジャネット「卵子凍結か提供」と専門家分析

NEWSポストセブン / 2016年05月12日07時00分

日本よりも体外受精に踏み切る夫婦が多く、ここ数年、50代の出産も増えているようです」(宮下さん) 日本でも、2011年に野田聖子議員(55才)が米国で卵子提供を受けて出産。2012年にはラジオパーソナリティーの坂上みき(57才)が53才で妊娠・出産したことが話題になった。坂上も卵子提供を受け、海外で体外受精したといわれている。2001年には60才で出産した [全文を読む]

野田聖子議員 50歳での出産から…愛息との奮闘3年間

WEB女性自身 / 2014年01月13日07時00分

卵子提供を受けての体外受精、そして50歳での高齢出産を経て、いまは3歳の誕生日を母子一緒に暮らせる幸せをかみしめている。 出生したとき真輝くんは、臍帯ヘルニアと心臓病を患っており、さらに食道閉鎖症も発症。9回もの手術を乗り越えてきた。脳梗塞で右半分にマヒが残り、気管切開により人工呼吸器が着けられたため、声まで失った。しかし、生まれてから2年3カ月後の’13 [全文を読む]

野田聖子が語る“叩かれ人生”「ここまで叩かれると…」

WEB女性自身 / 2013年09月09日07時00分

女性政治家への道、事実婚、郵政民営化法案への反対、そして卵子提供を受けて体外受精での妊娠、50歳での超高齢出産……常に時代の先を行く野田さんは、非難されることも多いと話す。 「私は叩かれ人生です。どれだけ奈落の底に落とされたかわかりません。ここまで叩かれると“免疫”ができて、打ち勝つ“野心”が養われたのかも。叩いた人は、そのことを忘れるし、私の人生を面倒見 [全文を読む]

自民党の大奥バトル(1)「女性議員が党三役にW登用」

アサ芸プラス / 2013年01月22日09時57分

11年に卵子提供を受けて体外受精による不妊治療を行い50歳で出産した。このあたりから政治家としての成長が止まり、高市氏に追いつかれたのです」 政治姿勢はタカ派である高市氏のほうが総理に近いと言われている。しかし、野田氏には復党した時に、安倍総理に強い影響力を持つある人物に救済された経緯がある。自民党関係者が振り返る。 「野田氏は『郵政に反対しない』旨の誓約 [全文を読む]

精度99%の妊婦血液のダウン症診断 10月から臨床研究開始

NEWSポストセブン / 2012年09月14日16時01分

※女性セブン2012年9月27日号 【関連ニュース】東尾理子の告白にダウン症の子を持つ松野明美が複雑胸中吐露野田議員 胎児に異変見つかるも羊水検査を断固拒否していた和田アキ子が告白した難病「シェーングレン症候群」の怖さ体外受精妊娠の野田聖子氏 羊水検査しないと決意の理由報告高齢出産 35才からとされているが30才を過ぎるとリスク上昇 [全文を読む]

フォーカス