天気予報 前橋市に関するニュース

天気予報で物流を変える 2年目の取り組み~人工知能活用で予測精度向上へ~

PR TIMES / 2015年10月26日11時41分

一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦、以下「日本気象協会」)は、天気予報で物流を変える「需要予測の精度向上・共有化による省エネ物流プロジェクト」(以下「本事業」)を実施しています。事業初年度である平成26年度の成果を用いて、参加企業の「冷やし中華つゆ」を事例に生産量を調整したところ、今年8月末時点で2割弱の在庫圧縮が確認できました [全文を読む]

食品ロスの削減による二酸化炭素排出量の削減効果を確認!

PR TIMES / 2015年04月06日16時57分

一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦)は、天気予報で物流を変える取り組みとして「需要予測の精度向上による食品ロス削減及び省エネ物流プロジェクト」を実施してきました。日本気象協会が気象情報とPOSデータなどのビッグデータを解析し、高度な需要予測を行った上でサプライチェーンに情報を共有することにより、食品ロスの削減と、返品・返送、回収 [全文を読む]

年末年始の天気を発表 日本気象協会

tenki.jp / 2016年12月27日16時34分

最新の気象情報は、日本気象協会の天気予報専門サイトtenki.jp でご確認ください。 [全文を読む]

冷やし中華つゆや豆腐のロスを最大40%削減―気象情報などのビッグデータ解析で需要を予測

インターネットコム / 2015年04月12日11時30分

経済産業省による、日本気象協会と連携した天気予報で物流を変える取組み、「需要予測の精度向上による食品ロス削減及び省エネ物流プロジェクト」の最終報告書が出された。 報告書によると、気象情報と POS データなどのビッグデータを解析し、需要を予測することで、余剰生産している冷やし中華つゆや豆腐の生産量(食品ロス)を30〜40%削減できる可能性があるのがわかった [全文を読む]

長嶋氏と松井氏の国民栄誉賞スクープしたのは現内勤の元記者

NEWSポストセブン / 2013年12月30日07時00分

しかし扱いは小さく、1面に「長嶋、松井氏に国民栄誉賞」の見出しが掲載されたものの、記事は2面の天気予報の上にわずか26行で報じられているだけ。しかも、4月1日付だったこともあり、当初はマスコミ各社が「エープリルフールでしょ」と勘違いしたほど。夕刊で読売新聞が後追いして初めて騒ぎとなった。 担当記者にぜひ話を聞きたいところだが、「あの記事に関しては取材を受 [全文を読む]

上毛新聞の国民栄誉賞スクープは「読売の関与薄める狙い」か

NEWSポストセブン / 2013年04月10日07時00分

天気予報の上のわずか26行で報じられており、1面では『福田元首相名誉県民に』の記事がメインを飾っている。県庁担当の全国紙記者もこう語る。 「扱いが1面のトップ記事でなかったし、長嶋、松井氏とも群馬県とは無関係なので、てっきり通信社の流した原稿だと思い込んでいました」 4月1日付だったことから、マスコミ各社が取材しても「エイプリルフールでしょ」とはぐらかされ [全文を読む]

フォーカス