ゴミ 板橋区に関するニュース

トソモ株式会社、トリオコート(R)加工のテーパねじプラグ(沈み)を発売

@Press / 2013年05月13日12時00分

従来行われていた加工作業の必要がなく、ゴミやカスを出さずに締め直しや締め増しが可能です。トソモショップ(オンラインショップ)にて購入いただけます。【背景】配管のねじ止め部分の密閉を目的として使用されるテーパねじでは、従来は現場でのシールテープの巻きつけなど漏れ防止のための加工を行っていました。そのため作業効率が悪く手間がかかる、締め付け後にゴミやカスが出る [全文を読む]

あなたの身近で使われている「税金額」はいくら?

ZUU online / 2017年06月20日16時40分

朝起きてすぐ、あるいは朝食後、出勤がてらゴミ出しをするという人も多いだろう。ゴミの収集はあなたが住んでいる地方自治体の仕事だ。これの費用として、国民1人当り年間1・7万円の費用が掛けられている。4人家族なら7万円だ。似たような経費で、人々の安全を守る警察の費用として、1人当り2.5万円、いざというときの消防の費用として1.6万円が使われている。4人家族なら [全文を読む]

口コミで評判のクリーンサービス東京、遺品整理とゴミ屋敷解決のキャンペーン「10%OFFキャンペーン」を開催!

PR TIMES / 2012年12月18日13時17分

公式サイト: 遺品整理クリーンサービス東京 URLアドレス http://www.shobunya.com/ お客様専用ダイヤル:0 1 2 0 - 9 7 3 - 5 4 8 【「10%OFFキャンペーン」キャンペーン概要】 ■期間: 2012年12月20日から2013年3月31日まで ■対象: 先着100名様 ■内容: 遺品整理作業・ゴミ屋敷解決作業 [全文を読む]

ハウステックは社会貢献活動の一環として、エコキャップ運動を全社的に再開いたします

PR TIMES / 2012年01月26日16時30分

・ペットボトルのキャップをゴミとして焼却処分すると、400 個で3,150gのCO2 が発生します。ハウステックはこのリサイクル活動により、約1,934kgのCO2排出抑制 をしたことになります。 <エコキャップ運動とは> ペットボトルのキャップを回収することで世界中の子供たちの命を考え、地球環境の 保全に貢献する活動です。回収されたエコキャップは400 [全文を読む]

高齢者の“暴走事故”に潜む認知症のリアル「赤信号でも進みたくなる衝動」「高速道路で象が出現する幻視」…

週プレNEWS / 2016年12月12日06時00分

また、実在しない人や動物などが見えてくる幻視、道に落ちているゴミを人や動物、虫などと見間違う錯視が症状として表れるのも特徴的。実際にあった話では、高速道路を走行中に突然、象が目の前に現れたから急ブレーキを踏んだ、といった事例があります。 さらに、運転中に注意力が低下して居眠り運転に近い状態となったり、突然、道路のセンターラインがグニャッと歪(ゆが)んで見 [全文を読む]

MOTTAINAIキッズフリマカーニバル 3月13日(日) としまえんで開催!

DreamNews / 2016年02月15日16時00分

※雨天中止 <参考資料> ■ MOTTAINAIキャンペーンとは MOTTAINAIキャンペーンは、Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)とかけがえのない地球資源に対するRespect(尊敬の念)が込められている言葉「もったいない」を、環境を守る国際語「MOTTAINAI」とし、地球環境に負担をかけないライフスタイルを [全文を読む]

フォーカス