アルバイト 板橋区に関するニュース

ライダー2号の人気俳優から一転、生死をさまよいホームレスに…一文字隼人・佐々木剛も45年間闘い続けている

週プレNEWS / 2016年05月08日11時00分

だけど『佐々木剛という名前が邪魔する』って言われてダメだった」 芸能界での仕事に見切りをつけた佐々木は、その後、警備員のアルバイトや焼き芋屋、さおだけ屋、ちり紙交換、網戸の張り替えなどで生計を立てていく。 「子供も小さかったし、貯金もなかったからね。警備員の日給は当時、6500円。これじゃあ毎日仕事をしても家族を養っていけないだろ。だから、現場警備が終わっ [全文を読む]

「孤独のグルメ」聖地巡礼が大迷惑に...登場する板橋・洋食『アームロック店』の真実

東京ブレイキングニュース / 2013年11月14日18時00分

主人公が洋食屋で食事をしていると、店主がアジア系のアルバイトを怒鳴りちらしている。それを諌めたところ、トラブルに発展する。店主につかみかかられた主人公はいなしてプロレス技「アームロック」を決めるというもの。「あの話に出てくるの店はうちだと、ネット上では広まっていますからねえ。去年ぐらいには孤独のグルメファンとおぼしき連中が、うちの店員にアームロックをかけよ [全文を読む]

【イベントレポ】キム・ミンソク、日本初ファンミで大ヒットドラマの撮影秘話、「恋ダンス」&「TTダンス」披露まで魅力炸裂

Wow!Korea / 2017年07月10日20時29分

そして、高校生になり、アルバイト先の刺身屋で「太陽の末裔」でチン・グが演じたソ・デヨンのように、自分の人生を導いてくれるような人と出会い、大学では楽しいキャンパスライフを送ったが、お酒を飲むのが楽しくて、貯金していたお金を使い果たし、将来のことを考えて、ソウルに上京したと話を続ける。「スーパースターK」に出演し、練習生生活を続けながら、初めて受けたオーディ [全文を読む]

都心の「室内墓」 お参りしやすい環境が人気の理由

NEWSポストセブン / 2017年04月12日16時00分

恵比寿のアルバイト先からの帰路だという板橋区の主婦、田中雪枝さん(41才)。コーヒーは本郷三丁目駅近くのカフェでテイクアウトしてきたという。「墓前に供えて、母に“どうぞ”と。それから私が飲むんです。月イチくらいの頻度でふらっと来て、母とコーヒーを媒介に会話するのが習慣になりましたね」 カジュアルな墓参に見えるが、思いは深い。ここ本郷陵苑にお墓を求めたのは開 [全文を読む]

独身OLが住むべき街、池袋 一人を楽しむ女を救う適度なダサさと利便性

ウートピ / 2016年01月09日07時00分

求人サイトとらばーゆの調査によると、独身女性の平均年収は282.9万円(アルバイト含む)。月収に換算すると、額面23.6万円となります。そうなると、家賃は6万5千円程度が堅実でしょうか。もし余裕があれば、少しだけ家賃を足して7万円ラインで探すのがオススメです。家賃を下げても、1口コンロだったりすると外食費は増えがち。独立洗面台を我慢するだけでも安い物件は沢 [全文を読む]

新感覚のバランス・動作改善マシン『ホグレル』7月28日からの「スポルテック 2015」に出展! 現役アルペンプロスノーボーダーでもある代表取締役 向川の講演会も実施

@Press / 2015年06月23日10時00分

現在スタッフ(アルバイト含む)は39名ですが、スタッフ自身も、競技と仕事を両立したライフスタイルを実現している人間がほとんどです。そのようなホグレルスタッフが、世界を目指すアスリートに、バランス・動作改善マシン『ホグレル』を活用したトレーニング環境を提供することで、選手サポートも行っています。【『ホグレル』は、高齢者フィットネスとしても有効】『ホグレル』は [全文を読む]

医療専門家や整体・整骨・スポーツ・フィットネス・介護関連者向け “痛み”と“動作”の関連性に着目した勉強会を6月28日東京・板橋にて実施

@Press / 2015年05月12日10時00分

現在スタッフ(アルバイト含む)は39名ですが、スタッフ自身も、競技と仕事を両立したライフスタイルを実現している人間がほとんどです。そのようなホグレルスタッフが、世界を目指すアスリートに、バランス・動作改善マシン「ホグレル」を活用したトレーニング環境を提供することで、選手サポートも行っています。2011年より、「人間の動作」をテーマとして、「ホグレル」を活用 [全文を読む]

62歳男性が趣味と関連して開業のジム 月平均60万円売上げる

NEWSポストセブン / 2015年03月21日16時00分

ジムの家賃やアルバイトスタッフの人件費など差し引けば、「収支はトントンか赤字。自分の生活費は年金や貯蓄で賄っています」(海田氏)という。 それでも、オープン以来の会員数は2000人を超え、毎月のべ約400人が壁登りを楽しみにやってくる。海田氏が語る。 「登山にしろ、クライミングにしろ、登ることが好きなんです。自分でも登ったり、初心者に教えたりしていますが、 [全文を読む]

フォーカス