現在 阿蘇山に関するニュース

阿蘇山大噴火の危険な兆候…火口湖の“エメラルドグリーン”が消失していた!?

週プレNEWS / 2016年05月09日10時00分

昨年9月には2千メートルの噴煙と噴石が上がり、噴火警戒がレベル3(入山規制)に上昇したばかりだ(現在はレベル2)。取材班が訪れた時も、熊本地震後に2度噴火した第一火口からは断続的に大量の噴煙が上がり、火山ガスの強烈な匂いが漂っていた。 地震の後に火山が噴火したケースは世界中で見られている。東日本大震災の後には阿蘇山で地震活動が一時的に増加したことを考えれば [全文を読む]

阿蘇山 ごく小規模な噴火が継続

tenki.jp / 2016年04月16日18時08分

4月16日午後3時現在、熊本県にある阿蘇山の中岳第一火口付近では噴火が継続しています。噴煙は火口から約100メートルの高さで、ごく小規模な噴火です。阿蘇山の位置気象庁によると、16日午前8時30分頃に、ごく小規模な噴火が発生した熊本県の阿蘇山の中岳第一火口では、午後3時現在も噴火が継続しています。 噴煙の高さは、最も高くて火口から100メートルです。 阿蘇 [全文を読む]

【速報】熊本地震→阿蘇山噴火!最悪「カルデラ噴火」の可能性も?

秒刊SUNDAY / 2016年04月16日10時03分

現在の地震は、徐々に震源の深さが浅くなってきている。マグマの上昇が始まっているのかそれとも別の問題なのかそうなってくると現在の「地震」はまだまだ序章にすぎないのかもしれません。今後カルデラ噴火そして、東南海大地震の誘発も懸念されこれは九州だけではなく日本そのものが大災害に見舞われる恐れもあります。気象庁の第8報のこの2つの図で全貌がわかる。 pic.twi [全文を読む]

相次ぐ災害に「大仏建立を!」の声が…そんな簡単に大仏って造れるの?

週プレNEWS / 2015年10月27日06時00分

突如、噴出した大仏待望論だったが、1ヵ月以上経過した現在でも、SNS上などで同様の声が散見される。 大仏建立待ったなしーーそこで気になったのが建設コストだ。奈良や鎌倉などの歴史的建造物以外にも、日本全国には“新参”の大仏・巨大観音が多々存在するものの、果たしてあれって、いくらぐらいでできるものなのか? ということで、「大仏・巨大観音の建設コスト」について [全文を読む]

阿蘇山でごく小規模な噴火

tenki.jp / 2016年04月16日10時55分

阿蘇山には現在、噴火警戒レベル2にあたる火口周辺警報が発表されています。 中岳第一火口から概ね1キロの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。 風下側では降灰および風の影響を受ける小さな噴石に注意してください。 今日16日は西から低気圧や前線が近づき、熊本県は次第に雲が多くなり、夜には雨が降りだす見込みです。 明日 [全文を読む]

もしも阿蘇山が大噴火したら?池田清彦先生による「ホンマでっか!?」な衝撃回答

まぐまぐニュース! / 2015年11月06日05時00分

現代人は現在の人工環境に極度に適応しているので、未開人に比べて絶滅しやすいと思う。たとえば昔、恐竜が絶滅したのは隕石が落ちたからなんだけれども、恐竜はでっかいからエサをすごい食わなきゃなんない。隕石が落ちて空が暗くなって光合成ができなくなっちゃうと、ほんのちょっとの食い物で生きてて、あとはぐーたらしてるようなやつは生き延びた。そうじゃないものはだめだった。 [全文を読む]

川内原発をも埋め尽くす「カルデラ破局噴火」の兆候。九州に壊滅的な危機が?

週プレNEWS / 2015年03月03日06時00分

桜島のある姶良(あいら)カルデラの海底下では、すでにマグマだまりが満杯状態になり、大正大噴火から現在までに海底全体が約1.5mも上昇した。 また霧島火山群(加久藤[かくとう]カルデラ)でも、ここ4年間でマグマだまりが異常膨張を続けてきた事実が国土地理院の精密GPS観測でわかった。 つまり、2011年の霧島山・新燃岳(しんもえだけ)噴火と、今回の桜島噴火は、 [全文を読む]

≪熊本地震復興支援活動 ≫

PR TIMES / 2016年10月21日15時42分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1864/520/resize/d1864-520-563269-0.jpg ] 熊本地震が発生してから半年が経過した現在、被災者の生活再建や公共交通網の整備など、復興に向けて動き出している中、先日、阿蘇山が噴火しました。それに伴い観光需要減少の影響が懸念されています。現在も復興に向けた活動は続いていま [全文を読む]

22日夜~23日 大雨に厳重警戒

tenki.jp / 2016年06月22日19時18分

午後6時現在、熊本県、福岡県、佐賀県、大分県、山口県には土砂災害警戒情報が発表されています。 降り続く大雨とともに、土砂災害の危険度は今後更に高まってきます。 地元の気象台や自治体が発表する情報に注意をして、安全な場所で過ごすようにしてください。 23日も停滞する梅雨前線に向かって、西から湿った空気の流れ込みやすい状態が続く見込みです。 特に、未明から朝 [全文を読む]

被災した熊本在住の漫画家が川内原発を止めない政府に怒り!「殺す気か」「官邸を囲んで暴動を」

リテラ / 2016年05月23日09時30分

熊本大地震は発生から1カ月以上経った現在でも、前例のない余震が続き、未だ1万人弱の人々が避難を余儀なくされている。日本中がその復旧・復興を願い、メディアも被災地報道をつづけているが、しかしすっぽりと抜け落ち、まるで無視されてしまっている問題がある。それが日本で唯一稼働している鹿児島県薩摩川内市の川内原発だ。 4月14日の震度7という激震の後、本震がくるとい [全文を読む]

平成28年熊本地震 今後の注意点

tenki.jp / 2016年04月15日14時05分

昨日4月14日21時26分頃、熊本県熊本地方で発生したM6.5の地震『平成28年熊本地震』について、現在の状況と今後の注意点、各種情報をお伝えします。4月14日21時26分に発生した熊本地震地震の発生状況●平成28年 熊本地震 昨日21時26分頃、熊本県熊本地方でM6.5の地震が発生、熊本県益城町で震度7を観測しました。 各地の詳しい震度は、以下のページか [全文を読む]

【ドライブで行く】宮崎の人気観光スポット~グルメに神話に、オツな南国ドライブ♪~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年01月20日09時00分

かつては、新婚旅行のメッカとして名を馳せたこの海岸は、現在でも九州随一の人気ドライブコースだ。 当時の面影を残す「フェニックスドライブイン」は現在、「道の駅フェニックス」として営業されており、日向夏ソフトクリームが大人気。 四季を通して咲き誇る南国の花々も美しいので、カメラやスマホを用意しておくと、なおよし。 国道220号線はトンネルに入るバイパスが整備 [全文を読む]

御嶽山噴火が富士山崩壊の導火線となる!これだけの理由

週プレNEWS / 2014年10月07日06時00分

現在の地球科学では、火山噴火が、その近い場所に地震を引き起こすという理論は立証されていない。しかし逆に「地震が火山噴火を引き起こす」という理論は認められるようになってきたという。そうなると、この法則性が飛騨群発地震と御嶽山噴火にも当てはまるのか? 静岡大学の地震学者・生田領野博士に聞いた。 「地震の揺れが、火山噴火の誘発に関係するという学説は確かに注目さ [全文を読む]

熊本で復興目指して走る「マンガよせがきトレイン」運行開始

NEWSポストセブン / 2017年04月16日16時00分

しかし昨年の熊本地震で大きな被害を受け、現在はまだ路線距離の約4割程度しか復旧できていない。 「マンガよせがきトレイン」はその復旧にひと役買うために計画された。電車の外装には小学館の漫画キャラクターたちがラッピングしてあり、さらに車内に総勢117名の漫画・原作者たちから贈られた色紙が掲示されている。 参加した漫画家のうち、のりつけ雅春さんは、 「見てくれ [全文を読む]

74式が10式に立ち向かう! 全身で“戦車体験”出来るアトラクション4D『戦車ライド』本予告編

ガジェット通信 / 2016年08月19日14時00分

現在大ヒット中の映画『シン・ゴジラ』や、昨年秋に公開され脅威のロングランヒットを記録、イベント上映も話題となった『ガールズ&パンツァー 劇場版』。この2作品を観て「ああ、戦車に乗ってみてえ」そうつぶやいた方に朗報! 映画館で戦車体験が出来ちゃうアトラクション4D『戦車ライド』が9月2日(金)TOHOシネマズ新宿、六本木ヒルズほか、全国のMX4Dスクリーンに [全文を読む]

長崎・熊本 30メートル超えの突風も

tenki.jp / 2016年07月13日13時51分

午後1時現在も、長崎県を中心に、風の強まっている所があります。 九州では今夜にかけも大気の非常に不安定な状態が続きますので、急な突風にも十分ご注意ください。 [全文を読む]

6月は九州、北海道で雨が多かった

tenki.jp / 2016年07月01日18時06分

ただ梅雨明けした後は晴れた日が多く、 現在は雨の少ない状態が続いています。 今後も農作物や水の管理に十分に注意してください。 [全文を読む]

九州は大気不安定 所々で強い雨

tenki.jp / 2016年06月08日14時45分

現在、熊本県や大分県、宮崎県の内陸部を中心に雨雲が発達しており、8日午後2時までの1時間に宮崎県高千穂町で21.0ミリの強い雨が降ったほか、熊本県の阿蘇山で9.5ミリなどの雨量が観測されました。熊本県の阿蘇地方など、熊本地震の揺れが強かった地域の周辺でも雨雲が発達しているため、土砂災害などに対する注意が必要です。また、落雷や突風にもご注意ください。あす( [全文を読む]

熊本震度7は「南海トラフ」大地震の前兆か? 危険と隣り合わせの時代へ

まぐまぐニュース! / 2016年05月12日19時30分

読売新聞の記事によると、日本地震学会長の加藤照之・東京大地震研究所教授(地球物理学)は「南海トラフ巨大地震を誘発する可能性は、現在の地震学では考えづらい」との見解を示した、という。 次ページ>>科学的考察より国策になびく「地震村」の学者たち では、我々はどのような心構えでいればよいのだろうか。南海トラフ地震に関する政府の見解をチェックしておこう。 政府は東 [全文を読む]

安倍政権、熊本地震で窮地に。大失敗の初動で見えた総理の悪い兆候

まぐまぐニュース! / 2016年04月18日19時30分

現在は半農半ジャーナリストとしてとして活動中。メルマガを読めば日本の置かれている立場が一目瞭然、今なすべきことが見えてくる。 出典元:まぐまぐニュース! [全文を読む]

フォーカス