東野圭吾 伊坂幸太郎に関するニュース

日本文壇の「奇才」の傑作、中国版が出版へ=「多くの感動を与えてくれる」と評価―中国メディア

Record China / 2016年11月27日14時50分

日本の権威ある総合文芸誌「ダ・ヴィンチ」が毎年発表する「好きな作家ランキング男性編」の上位3位の顔ぶれは、2005年から2015年まで、決まって伊坂幸太郎氏、村上春樹氏、東野圭吾氏だった。 「日本文学の未来を背負うキーパーソン」と同業者から賞賛されている伊坂幸太郎氏の作品の中でもファンから「最も熱く最も面白い」とされる長編小説「ゴールデンスランバー」の中国 [全文を読む]

【読書と恋愛傾向に関する調査】本を読む男性はレディーファーストでロマンチック

PR TIMES / 2015年03月05日16時09分

(2)好きな作家は、「東野圭吾」、「村上春樹」、「百田尚樹」が上位を占める。(3)本を読む男性は、「ロマンチック」で「レディファーストを心がけている」人の割合が高く、「一人の人を長く愛せる」、「好きな人とは会って話したい」など結婚生活に向く回答があった。■調査概要対象:全国20歳~39歳の男性400名期間:2014年12月8日~12月10日方法:インターネ [全文を読む]

2013年の文庫小説TOP10は有川浩、東野圭吾など人気作家が独占

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月15日13時00分

有川浩が1・2・4位を、東野圭吾が3・7位に複数ランクインという結果に。『県庁おもてなし課』『植物図鑑』『真夏の方程式』の上位3作に関しては、どれがトップになってもおかしくない僅差の接戦。あらためて2人の圧倒的人気が証明された。 もう1人、複数作品でランクインを果たしたのは湊かなえ。『夜行観覧車』『花の鎖』はどちらも「ドラマがよかったので原作も読んでみたく [全文を読む]

2013年No.1小説は村上春樹も超えたあの作品!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月14日18時20分

同じく宮部みゆきも『ソロモンの偽証 第3部 法廷』『桜ほうさら』『泣き童子 三島屋変調百物語参之続』で3冊、東野圭吾も『夢幻花』『祈りの幕が下りる時』『禁断の魔術 ガリレオ8』と3冊入賞。三浦しをん、池井戸潤は2冊ランクインしている。さらに7月号で発表した「上半期ブック・オブ・ザ・イヤー」一般小説ランキング20にランクインした小説が、半年後の今回も13冊も [全文を読む]

『2016年honto 12月月間ランキング』発表!~東野圭吾の文庫書き下ろし『雪煙チェイス』が総合ランキング第1位~

PR TIMES / 2017年01月11日11時01分

(honto広報担当:土佐 勝彦)[画像: https://prtimes.jp/i/9424/131/resize/d9424-131-410875-0.jpg ]【honto総合ランキング】1位: 雪煙チェイス (実業之日本社文庫) /東野 圭吾 /実業之日本社2位: ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 スペシャルリハーサルエディションスクリプ [全文を読む]

中国語映画の著作権獲得ブーム、日本の推理小説に焦点さだめる―中国

Record China / 2016年05月20日14時50分

ここ数年を見てみても「ソロモンの偽証 前・後編」と「私の男」はいずれも雑誌「キネマ旬報」の年間ベストテン入りしており、先立って上映された東野圭吾の「天空の蜂」や伊坂幸太郎の「グラスホッパー」にも名監督や名優が集結している。また、今後も吉田修一の「怒り」を原作とする同タイトルの映画に渡辺謙と森山未来の出演が決まっており、横山秀夫の「64(ロクヨン)」も日本で [全文を読む]

今年のヒット作か!?根強い人気を誇るロングセラー作品か!?日本最大級の中古ネット書店ブックオフオンラインが独自集計した「2015年 ブックオフオンライン年間ランキング」を発表

@Press / 2015年12月02日15時00分

この他、池井戸潤、伊坂幸太郎、東野圭吾、湊かなえ、宮部みゆきなどの大人気作家の作品が多数ランクインする結果となりました。8位『伝える力』、14位『金持ち父さん・貧乏父さん』、35位には『ハリー・ポッターシリーズ』など、発売から時間の空いている作品も多数ランクインしているのは、中古ランキングならではの特徴です。また、ソフトランキングも非常に特徴的で、ゲームで [全文を読む]

20代・30代に聞いた「あなたの徹夜本は?」 圧倒的人気のシリーズと作家とは?

しらべぇ / 2015年11月15日07時00分

◆30代女性のあいだで圧倒的人気な作家は...30代女性のあいだで特に目立って名前が挙がった作家が、東野圭吾です。『白夜行』、『容疑者Xの献身』、『パラレルワールド・ラブストーリー』、『さまよう刃』、『秘密』、『パラドックス13』、『禁断の魔術』、『トキオ』、『白銀ジャック』といった作品名が挙がっていますが、「東野圭吾の本は基本的に徹夜せざるをえない」(3 [全文を読む]

大島優子は「共喰い」。集英社文庫『ナツイチ』キャンペーンでAKB48の読書感想文・課題図書が発表!

週プレNEWS / 2013年06月26日04時00分

■チームA 伊豆田莉奈/「言えないコトバ」益田ミリ 入山杏奈/「鉄道員」浅田次郎 岩田華怜/「終末のフール」伊坂幸太郎 大島涼花/「永遠の出口」森 絵都 川栄李奈/「蒼い時」山口百惠 菊地あやか/「年下の女友だち」林真理子 兒玉遥/「平成大家族」中島京子 小林茉里奈/「幸福論」アラン 佐々木優佳里/「ハニー ビター ハニー」加藤千恵 佐藤すみれ/「六花の [全文を読む]

トーハン調べ 2015年 11月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2015年12月08日17時00分

------------------------------------------------------------ トーハン調べ 2015年 11月期月間ベストセラー【総合】 ------------------------------------------------------------1位 「新・人間革命 (27)」池田大作 著/聖教新聞社 [全文を読む]

角川文庫、夏のフェアは「バケモノの子」とのコラボ!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月18日18時00分

全世代の読者が涙した100万部突破の大ベストセラー、東野圭吾の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。そして、漱石文学の絶頂をなす名作『こころ』など、90作以上の作品を取り扱う。●毎年お馴染み人気手ぬぐい店「かまわぬ」の和柄スペシャルカバー 今回は太宰治の『人間失格』や、夏目漱石の『坊っちゃん』や『こころ』など8冊が登場する。名作を“かまわぬ”のスペシャルカバーで楽しもう [全文を読む]

子供が本を読むようになるには(前編)【溜池ゴロー、子育てこそ男の生き甲斐】

しらべぇ / 2014年11月26日11時30分

並んでいる作家名を記すと……横溝正史、沢木耕太郎、森村誠一、東野圭吾、宮部みゆき、森博嗣、伊坂幸太郎、川村元気……などである。見ればお分かりの通り、普通大人が読むような作家ばかりのものを次々と読破している。 今回は、なぜワシの息子が読書好きになったかを分析しながら、「子供が本を好きになるための方法」を考察しようと思っている。もちろん、ワシのこれから述べる [全文を読む]

ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2013」発表! コミック部門は『進撃の巨人』、小説部門は村上春樹「多崎つくる」をおさえて12年ぶり刊行のあのシリーズ作品が1位を獲得

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月05日13時10分

■小説ランキング部門(※誌面には50位まで掲載) 【1位】『丕緒(ひしょ)の鳥 十二国記』(小野不由美/新潮文庫) 【2位】『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(村上春樹/文藝春秋) 【3位】『旅猫リポート』(有川 浩/文藝春秋) 【4位】『ビブリア古書堂の事件手帖4 栞子さんと二つの顔』(三上 延/メディアワークス文庫) 【5位】『死神の浮力』 [全文を読む]

みんなが選んだ、今年のブックランキング第1位は? 「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2013、発表!

PR TIMES / 2013年12月05日10時26分

小説ランキング部門 第1位『丕緒の鳥 十二国記』小野不由美 第2位『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹 第3位『旅猫リポート』有川浩 第4位『ビブリア古書堂の事件手帖4』三上延 第5位『死神の浮力』伊坂幸太郎 ※本誌には50位まで掲載 コミックランキング部門 第1位『進撃の巨人』諫山創 第2位『銀の匙 Silver Spoon』荒川弘 第 [全文を読む]

「GMT47」のリーダー入間しおり役・松岡茉優インタビュー「今ではマンガと同じぐらい、小説が欠かせない存在になっています」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月06日07時20分

何より台本を読み解く力もつきましたし」 最初に手にしたのは東野圭吾。その後、伊坂幸太郎、山田詠美へと移行し、今では安部公房が大のお気に入り。 「ダ・ヴィンチの読者さんからすれば、私なんてまだまだ読書好きには入らないんでしょうけど、今では私にとって小説は、欠かせない存在になっています。ちょうど今日いただいたダ・ヴィンチには、上半期の人気作品がたくさん載ってい [全文を読む]

『夜行観覧車』が2013年上半期最高の文庫小説に決定

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月11日11時30分

2作がベスト10入りした有川浩や、東野圭吾、伊坂幸太郎などベテラン勢も健在。「この作者の本は出たら買う」という固定ファンに支えられての安定のランクインだ。上位11作中、半分以上が映像化作品という結果に。やはり価格が手頃な文庫ジャンルはメディアミックスの相乗効果が最もよく表れるという証明になった。――本誌より一部抜粋 6位以下の発表は同誌にて。湊かなえのイ [全文を読む]

フォーカス