小説 伊坂幸太郎に関するニュース

日本文壇の「奇才」の傑作、中国版が出版へ=「多くの感動を与えてくれる」と評価―中国メディア

Record China / 2016年11月27日14時50分

「日本文学の未来を背負うキーパーソン」と同業者から賞賛されている伊坂幸太郎氏の作品の中でもファンから「最も熱く最も面白い」とされる長編小説「ゴールデンスランバー」の中国語版がこのほどThinkingdom Mediaグループによって出版される。 ●純文学?推理小説?型破りで独創的な発想の日本文壇の奇才 伊坂幸太郎氏は2000年、「オーデュボンの祈り」でデ [全文を読む]

2013年No.1小説は村上春樹も超えたあの作品!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月14日18時20分

関連情報を含む記事はこちら 小説部門では、今年は、12年ぶりの「十二国記」の新作『丕緒の鳥』が堂々1位に! 長い間待ちわびたであろうファンの多さに、今更ながら驚きつつ、時間の経過を感じさせないみずみずしいその筆運びや世界観に圧倒された。同じ意味で村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』も、3年ぶりの書き下ろし。2月16日の発表とともに予約が [全文を読む]

今年のヒット作か!?根強い人気を誇るロングセラー作品か!?日本最大級の中古ネット書店ブックオフオンラインが独自集計した「2015年 ブックオフオンライン年間ランキング」を発表

@Press / 2015年12月02日15時00分

ブックオフオンラインでも、3月以降、「ミステリー小説」のランキングで1位に輝き続けた圧倒的な人気で、「今年ブックオフオンラインでもっとも売れた本」に輝きました。3位は百田尚樹『永遠の0』。この他、百田作品は『モンスター』『海賊とよばれた男』がランクインしています。この他、池井戸潤、伊坂幸太郎、東野圭吾、湊かなえ、宮部みゆきなどの大人気作家の作品が多数ランク [全文を読む]

【読書と恋愛傾向に関する調査】本を読む男性はレディーファーストでロマンチック

PR TIMES / 2015年03月05日16時09分

調査結果はこちら http://honto.jp/article/dokushodansi[画像: http://prtimes.jp/i/11577/43/resize/d11577-43-225464-0.jpg ]■調査トピック(1)最も読まれているジャンルは、「小説・文学」。ビジネス書よりも趣味の小説を読む人が多い。(2)好きな作家は、「東野圭吾」 [全文を読む]

「2015年本屋大賞」ノミネート10作品発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月21日21時30分

【画像あり】ノミネート作品のレビューはこちら 対象作品は、2013年12月1日から2014年11月30日の間に刊行された日本のオリジナル小説。その中から、全国の書店員さんが「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票が行われる。 今回発表された10作品は、2014年11月1日から2015年1月4日までの間実施された一 [全文を読む]

斉藤和義のために書き下ろした伊坂作品! 音楽とのコラボから生まれた小説が〈幸せ〉を届ける

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月06日05時50分

斉藤ファンを公言していた伊坂は、最初は作詞を頼まれたものの、「詞は書けないけど、小説なら」と短編を書いたという。 関連情報を含む記事はこちら 斉藤がその短編を原案にして曲を作った。それが「ベリーベリーストロング~アイネクライネ~」である。本書を読んでこの曲を聴けば(あるいはPVを見れば)、小説の世界がそのまま斉藤和義の歌として立ちのぼるのを体感できるだろう [全文を読む]

『屍者の帝国』『昨夜のカレー、明日のパン』など河出書房新社の人気130作品を30%ポイント還元!!「Reader Store」限定キャンペーン本日開催

PR TIMES / 2016年12月02日12時31分

本キャンペーン対象作品は、劇場版アニメも話題となった伊藤計劃・円城塔の長編SF小説『屍者の帝国』や、脚本家・木皿泉による人気小説『昨夜のカレー、明日のパン』、伊坂幸太郎が初めて書いた小説を自身の手により完全リメイクした『クリスマスを探偵と』など、人気小説、海外文学、エッセイなど盛り沢山。「Reader Store」限定の本キャンペーンは、12月15日(木 [全文を読む]

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』が3部門で1位を獲得! 「honto月間ランキング」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月10日17時30分

ハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」における「honto月間ランキング」(集計期間:2015年10月1日~10月31日)が11月6日(金)に発表となり、伊坂幸太郎の人気シリーズ最新作が「総合ランキング」ほか「ネットストアランキング」、「ジャンル別ランキング(小説・文学)」で1位を獲得する結果となった。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュース [全文を読む]

伊坂幸太郎著『マリアビートル』、大学生に読んで欲しい本を選ぶ「2014大学読書人大賞」を受賞!

PR TIMES / 2014年05月12日17時23分

小説は、ついにここまでやってきた。映画やマンガ、あらゆるジャンルのエンターテイメントを追い抜く、娯楽小説の到達点!『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。 【ラジオドラマ配信中】https://www.youtube.com/watch?v=cWvgeHx7IaY 【特設サイト】http://www.kadokawa.co.jp/mariabeet [全文を読む]

あなたも作家デビュー?月20万の援助金をもらいながらプロになれる!

AppWoman / 2014年01月15日19時00分

小説家や漫画家、エッセイストになりたいけど、生計を立てるのが難しいし……」とお困りのクリエイターは必見です。スマホ小説・コミック投稿サイト『E★エブリスタ』がスマホ作家育成制度『スマホ作家特区』を設立しましたよ。 『スマホ作家特区』は、スマホ向け作品で作家として生計を立てていきたい、有名になりたいというクリエイターに対する援助システムです。応募したクリエ [全文を読む]

ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2013」発表! コミック部門は『進撃の巨人』、小説部門は村上春樹「多崎つくる」をおさえて12年ぶり刊行のあのシリーズ作品が1位を獲得

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月05日13時10分

小説ランキング部門では小野不由美の『丕緒(ひしょ)の鳥 十二国記』(新潮文庫)が1位を受賞した。『丕緒の鳥』は「十二国記」シリーズ12年ぶりとなる新作。長い間刊行を待ちわびたファンも多かったのではないだろうか。初版30万部で刊行され話題を呼んだ、村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)を制しての堂々の1位である。 関連情報を含む記事 [全文を読む]

「GMT47」のリーダー入間しおり役・松岡茉優インタビュー「今ではマンガと同じぐらい、小説が欠かせない存在になっています」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月06日07時20分

今回登場してくれたのは、現在NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で地方出身のアイドルグループ「GMT47」のリーダー・入間しおり役を好演中の松岡茉優さん。役柄通りの元気さで、大好きなマンガや小説について語ってくれました。 松岡茉優の写真と詳細情報はこちら インタビュー前、本誌に掲載された2013上半期BOOK OF THE YEARのマンガ部門を目にしながら [全文を読む]

伊坂幸太郎ワールド全開!ちょっと間抜けな裏稼業コンビの友情ストーリー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月06日11時00分

伊坂幸太郎氏著『残り全部バケーション』(集英社)は、裏社会の下請け稼業に携わる2人の男の友情を中心とした小説。昨年12月に文庫版が発売されたこの本は、単行本発売当初から縦横無尽に張られた伏線が話題を呼んでいる。離婚する中年夫婦と娘、父親から虐待を受けている小学生男子、車に閉じ込められている女性、小学校時代の友人について語る映画監督…。連作短編の形式をとり [全文を読む]

伊坂幸太郎の“最強小説”待望の映画化! 心に闇を抱えた男の復讐劇

NeoL / 2015年12月24日10時23分

長年“映像化は困難”と言われていた伊坂幸太郎の小説が、満を持して映画化。生田斗真・浅野忠信・山田涼介(Hey! Say! JUMP)らメインキャストの3人をはじめ、脇を固める俳優陣も豪華で、どのキャストもハマリ役! スピーディーなストーリー展開&ド迫力のアクションをたっぷり堪能して。 グラスホッパー 監督:瀧本智行 出演:生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻 [全文を読む]

清水依与吏「back numberの曲は歌詞だけ見ても、僕たちの思いが伝わるはずだと自負しています」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月05日09時00分

【back numberの清水さん最新情報あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 「僕も言葉を扱う仕事をしているので、表現力の精度を上げるために、よく小説を読むようにしているんです。そうしたなかで、『この作家さんは天才だ!』と思ったのが伊坂幸太郎さんでした」 本誌でも紹介している『死神の精度』は、清水さんが初めて手にした伊坂作品。伏線の張り方や予想の斜め上 [全文を読む]

生田斗真主演「グラスホッパー」の主題歌にYUKIが決定!

dwango.jp news / 2015年09月02日06時00分

生田斗真主演、伊坂幸太郎原作の人気小説「グラスホッパー」が映画化され、その主題歌にYUKIが決定したことがわかった。累計140万部を超える伊坂幸太郎氏の小説を、瀧本智行氏が監督し、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、波瑠らが圧倒的な存在感で脇を固める本作は、映画化発表からファンの期待を集めている。主題歌となる『tonight』は、YUKIが本作のために書き下ろ [全文を読む]

『小説TRIPPER』創刊20周年記念号 伊坂幸太郎、朝井リョウ、阿部和重など人気作家20名が共演!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月22日18時00分

小説TRIPPER』が創刊「20」周年を記念し、2015年6月18日(木)にリニューアル号を発売した。文学界の第一線にいる「20」人の作家陣が、「20」というテーマで短編小説を執筆。純文学、エンターテインメントを問わずに集められた書き手たちには、朝井リョウや阿部和重、伊坂幸太郎ほか、実力者ばかりが名を連ねる。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら ま [全文を読む]

朝井リョウ、阿部和重、伊坂幸太郎ほか人気作家20名が共演!「小説TRIPPER」20周年記念号

PR TIMES / 2015年06月18日12時04分

小説TRIPPER」は創刊20周年を記念し、6/18(木)にリニューアル号を発売。朝井リョウ、阿部和重、伊坂幸太郎ほか、人気作家「20」人による「20」をめぐる「20」の短編小説を掲載。また、中村文則・森晶麿による新連載も開始します。 [画像: http://prtimes.jp/i/4702/20/resize/d4702-20-211841-0.jp [全文を読む]

丸善、ジュンク堂、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説 『honto11月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2014年12月05日14時34分

『PK』はミステリー要素ありSF要素ありの中編が三編収録された伊坂幸太郎の小説。11/28に阿部和重、伊坂幸太郎合作『キャプテンサンダーボルト』も発売され、話題沸騰中の伊坂幸太郎の最新文庫が絶好調です。 電子書籍ストアランキング1位の『クラウド・トラップ SE神谷翔のサイバー事件簿3』はhonto独占先行配信タイトル。書き下ろしで電子書籍版のみでの配信です [全文を読む]

平野啓一郎の新作を、ピースオブケイクとコルクで共同プロデュース! ウェブサービスnoteを活用した、プロモーションをスタートします。

DreamNews / 2014年07月30日11時30分

株式会社ピースオブケイク(代表取締役CEO 加藤貞顕)と、株式会社コルク(代表取締役社長 佐渡島庸平)が、作家・平野啓一郎の新作小説を共同でプロデュースいたします。そのために、7月30日に平野啓一郎の公式noteアカウントを開設することをお知らせします。株式会社ピースオブケイク(代表取締役CEO 加藤貞顕)と、株式会社コルク(代表取締役社長 佐渡島庸平)が [全文を読む]

フォーカス