叙勲 内閣府に関するニュース

国に貢献した人に与えられる叙位・叙勲 等級の決まり方は?

NEWSポストセブン / 2015年12月21日16時00分

戦後、GHQの指導で華族制度・爵位の廃止が決まり、生存者に対する叙位・叙勲も閣議決定で一時停止されたが、新憲法でも天皇の国事行為の一つに「栄典を授与すること」(第7条)と定められて栄典制度自体は存続した。 生前叙勲は池田内閣による閣議決定(1963年)で復活したが、生前叙位は現在も停止されたままだ。その結果、おおまかに言って現在では、国家に功績のあった人物 [全文を読む]

アメリカの悪玉になぜ叙勲?「ジャパン・ハンドラーズにばかり頼ることは日本の国益につながらない」

週プレNEWS / 2015年11月19日10時00分

戦後70年を迎え、大きな問題が山積する日本の姿を海外メディアはどのように見つめ、報道しているのか? 「週プレ外国人記者クラブ」第9回は、前「ニューヨーク・タイムズ」東京支局長、マーティン・ファクラー氏が、安倍政権を牛耳(ぎゅうじ)っていると言われる「ジャパン・ハンドラーズ」の正体を暴く! *** ─11月3日、秋の叙勲でアメリカのラムズフェルド元国防長官と [全文を読む]

安倍政権が安保法制を押し付けたジャパンハンドラー・アーミテージに最高勲章授与! 安倍と米国の闇の関係

リテラ / 2015年11月09日21時00分

恒例の秋の叙勲がさる11月3日に発表されたが、そこには驚くべき2つの"戦争屋"の名前があった。ドナルド・ラムズフェルド米元国防長官とリチャード・リー・アーミテージ米元国務副長官だ。当日は朝からネット上で話題になっていたが、このことをクローズアップして報じた大手マスコミがほとんどなかったため、見逃した人も多かったはずだ。 改めて言うまでもないが、この2人は「 [全文を読む]

カネと名誉で釣り介護士・保育士を確保…政府が「下品極まりない」叙勲利用を実施へ

Business Journal / 2016年10月30日06時00分

政府は9月16日、叙勲や褒章など栄典制度のあり方を見直すための「中期重点方針」を閣議了解した。同制度については、3月8日付本連載記事『ナンセンスすぎる春秋の叙勲・勲章、呆れた内幕…受賞者の7割は公務員、功績無関係』でいかに功績に関係なく受章者が選ばれているかを取り上げ、見直しに当たっては功績があった一般の人々が対象になるように制度設計を変更すべきと指摘した [全文を読む]

ピクシーの功績に勲章…外国人叙勲で旭日小綬章を受章

ゲキサカ / 2015年04月29日15時23分

ピクシーこと名古屋グランパスの前監督で現役時代も名古屋でプレーしたストイコビッチ氏(50)が、平成27年春の外国人叙勲で旭日小綬章を受章した。 内閣府によると、外国人叙勲とは、「我が国との友好の増進等について顕著な功労のあった外国人に対して実施する叙勲」で、外務大臣の推薦に基づき選考される。平成27年春の外国人叙勲者はこれまでで最多の85名(うち女性14名 [全文を読む]

フォーカス