大谷翔平 中島卓也に関するニュース

大谷翔平選手、中島卓也選手 の初パーソナルDVDを札幌ドームで先行発売!

PR TIMES / 2016年03月02日20時14分

2015年シーズン、最多勝、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠を達成した大谷翔平選手。そして自身初となる盗塁王のタイトルを獲得した中島卓也選手。これを記念して制作されたDVD「北海道日本ハムファイターズ 大谷翔平 投手三冠への軌跡」と「北海道日本ハムファイターズ 盗塁王 中島卓也 ~7年目の進化と真価~」を、3月5日(土)、6日のオープン戦「北海道日本ハム [全文を読む]

タイトル記念 初パーソナルDVD発売決定!「大谷翔平 投手三冠への軌跡」「盗塁王 中島卓也 ~7年目の進化と真価~」

PR TIMES / 2015年12月24日16時49分

株式会社GAORA(本社:大阪市北区、代表取締役社長:東 龍一郎)と北海道放送株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:渡辺 卓)は、両社が共同で製作するタイトル記念DVD「北海道日本ハムファイターズ 大谷翔平 投手三冠への軌跡」と「北海道日本ハムファイターズ 盗塁王 中島卓也 ~7年目の進化と真価~」を、3月16日(水)に同時発売します。 [画像: [全文を読む]

【プロ野球】連覇? それとも破壊と創造? 早くも黄信号が灯る日本ハムに何が起こっているのか

デイリーニュースオンライン / 2017年04月15日17時05分

(成績は4月11日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■注目が集まる大谷翔平の裏で…… 熱心なプロ野球ファンでないとすれば、日本ハムの調子がすこぶる悪いことを知る由もなかったことだろう。その理由はもちろん開幕からの大谷翔平の活躍だ。 右足首の負傷で春先のWBC出場を辞退したは周知の通りだが、打者として調整を続けた大谷 [全文を読む]

最近3試合で4得点 少し心配なビッグバン打線

ベースボールキング / 2017年04月09日10時00分

【主力野手の打撃成績】 近藤健介 率.440 本0 点8 大谷翔平 率.407 本2 点3 田中賢介 率.217 本0 点1 中田 翔 率.214 本0 点1 西川遥輝 率.188 本1 点2 中島卓也 率.172 本0 点0 レアード 率.074 本0 点1 15年に打率リーグ3位に入った近藤健介が打率.440、二刀流の大谷翔平が打率.407と好調だが [全文を読む]

【プロ野球】観戦の参考に! スクールナイトにプロポーズ大作戦。昨年、札幌ドームで行われたイベント総まとめ!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月31日16時05分

ちなみにこの時の1位は中島卓也、2位は大谷翔平、3位は西川遥輝だった。選手の平均年齢が若く、球界ナンバーワンの呼び声が高いイケメン集団の日本ハムならではの企画といえる。 ■札幌ドームでプロポーズ大作戦! 7月23日には「札幌ドームでプロポーズ大作戦!」を開催。冠婚葬祭事業を展開する株式会社ベルコとのコラボ企画で、すでに過去7回も実施されている。同社は日本 [全文を読む]

中居正広が中田翔&大谷翔平ら“日ハムV戦士”に直撃!

Smartザテレビジョン / 2016年11月28日05時00分

中居正広のMCで、一流アスリートがスポーツ界の号外スクープ秘話&極秘映像を連発する特番「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います一流アスリートもクビになった選手も夫婦で大集合&日ハム大谷翔平も登場でマル秘スクープ大暴露SP」(テレビ朝日系)が、12月5日(月)夜7時から放送される。 これまで何度も放送され、多種多様なアスリートが衝撃秘話を明かしてきた同番組 [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■日本ハム ≪開幕オーダー≫ 1 中 陽岱鋼 2 左 西川遥輝 3 二 田中賢介 4 一 中田翔 5 指 近藤健介 6 三 レアード 7 右 谷口雄也 8 捕 大野奨太 9 遊 中島卓也 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 左 西川遥輝 ○ 2 二 田中賢介 ○ 3 中 陽岱鋼 ○ 4 一 中田翔 ◎ 5 指 大谷翔平 6 三 レアード ◎ 7 右 谷口雄也 ◎ [全文を読む]

日ハム近藤健介は4割打者になれるか、名選手達の見立て

NEWSポストセブン / 2017年05月22日07時00分

大谷翔平(22)、岡大海(25)、中島卓也(26)など次々に主力が離脱しチームは5位と低迷するなか、近藤はひとり好調を維持してきた。開幕から24試合連続出塁を記録し、打率は5月17日終了の時点で4割3分1厘。もともと捕手として入団したが、外野の守備もこなし、今季はここまで3番DHでの起用が多い。 ロッテと西武でプレーし、通算2081安打を放った山崎裕之氏 [全文を読む]

前田幸長氏、ロッテ・佐々木を評価「即戦力の力をみせてくれた」

ベースボールキング / 2017年04月08日10時00分

特に5回は先頭の中島卓也に中前打を浴びた後、盗塁を許し無死二塁のピンチを招いたが、1番・西川遥輝、2番・大谷翔平を連続三振。3番・近藤健介を四球で歩かせたものの、4番の中田翔を空振り三振に斬ってとった。 この場面に前田氏は「怖がらずにしっかり腕を振れていたのが一番。いい打者が並ぶ中で、四球を怖がらずに腕を振って、カーブでも腕を緩めずしっかり振れていた。即 [全文を読む]

【プロ野球】栗山英樹監督が絵本の読み聞かせ!? オフやキャンプで子どもたちとのふれあう選手&監督たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月10日16時05分

ちなみに、大谷翔平はキリン、中田翔はゴリラ、中島卓也はサル、西川遥輝はチーター、杉谷はカラス、栗山監督はくまかんとくとして描かれている。 過去には、杉谷拳士や谷口雄也らも子どもたちを相手に図書館などで絵本の読み聞かせを行ったことがあり、好評を博した。 ■将来のエースが給食交流 2月6日には、プロ2年目の小笠原慎之介(中日)が、キャンプの休日を利用して、沖 [全文を読む]

栗山監督の「人たらし戦略」は豊臣秀吉、加藤清正に学んだ

NEWSポストセブン / 2017年02月02日16時00分

ところが、大谷翔平を投手と打者の二刀流で起用し続け、昨シーズンは大量ゲーム差を逆転してリーグ優勝、チームを日本一へ導く名将ぶりをみせた。 野球以外の歴史を作った人たちから知恵をもらっているという栗山監督と、本誌連載「逆説の日本史」著者の作家・井沢元彦氏による対談から、栗山監督が歴史から学んだ戦略について紹介する。 井沢元彦(以下、井沢):失礼ですが、コーチ [全文を読む]

ドラフト、本当の勝ち組「田中より佐々木獲りが難しい」と避けた各球団の駆け引き

週プレNEWS / 2016年10月23日06時05分

日ハムは大谷翔平や中田翔といった高校時代からのスター選手が前面に出てくるが、脇を固める西川遙輝や中島卓也は2位以下で安く獲って、時間を掛けて育ててきた選手たち。イヤらしい言い方をすれば、費用対効果が良い補強。 今年なら1位の堀瑞輝(みずき・広島新庄)に加えて、5位の高山優希(大阪桐蔭)、6位の山口裕次郎(履正社)と3人の高校生左腕を指名したが、5年後、この [全文を読む]

【プロ野球】日本ハム15連勝の立役者!岡大海外野手に注目

デイリーニュースオンライン / 2016年07月19日16時05分

連勝の要因を挙げると、ソフトバンク、ロッテとの各3連戦に先発した高梨裕稔、有原航平、大谷翔平らの活躍はもちろん大きい。だが、今回は打線爆発の起点となった岡大海に注目したい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■3カ月遅れの開幕から驚異の大活躍! そしてチームもすごいことに 今季で3年目を迎える岡は、キャンプ中のケガのために [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメン再確認でみるパ・リーグ6球団のチーム事情

デイリーニュースオンライン / 2016年06月30日17時05分

■明暗分かれた3位・日本ハムと4位・西武 北海道日本ハムファイターズ 1 中 陽岱鋼 2 左 西川遥輝 3 二 田中賢介 4 一 中田翔 5 指 近藤健介 6 三 レアード 7 右 谷口雄也 8 捕 大野奨太 9 遊 中島卓也 先発 大谷翔平 他球団と比べて主力にケガ人・不振者が少ない。6月26日の試合では、先発・大谷を含む開幕スタメンの10人中、実に8 [全文を読む]

【プロ野球】ロッテ大谷、ヤクルト大引…開幕直後に戦線離脱した主力選手

デイリーニュースオンライン / 2016年04月06日16時04分

■大谷智久(ロッテ) 腰椎椎間板症 <今季成績> 1試合/0.1回/0勝0敗/防御率0.00 <オープン戦> 7試合/7回/1勝0敗/防御率1.29 日本ハムのエース・大谷翔平を撃破したロッテの開幕戦。しかし、その試合中にリリーフエースがやってしまった。 8回表、3点リードで登板した大谷智久。無死から中島卓也にヒットを許し、さらに陽岱鋼がセンター前ヒット [全文を読む]

【プロ野球】今年は守備に注目!昨季のゴールデン・グラブ賞で次点だった男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年03月14日16時10分

<投手> 石川雅規(ヤクルト・12票) 大谷翔平(日本ハム・71票) 投球内容も加味される投手部門。セ・リーグ1位はぶっちぎりでマエケンが獲得。パ・リーグも守備に定評がある涌井が受賞した。しかし、純粋に守備だけで見ると石川、大谷以外にもジョンソン(広島・10票)や西勇輝(オリックス・45票)も素晴らしいフィールディングを見せている。テレビで繰り返し流れる [全文を読む]

セ・パ12球団の「爆弾男」に要注意!(3)ソフトバンクは工藤監督vs佐藤投手コーチが不安要素?

アサ芸プラス / 2015年02月05日09時55分

例えば今オフ、ポスティングでメジャーに再挑戦するとか」(在阪スポーツメディア関係者) 一方、大谷翔平(20)の二刀流がますます本格化、今年は「20勝+20本塁打」を狙っているとされる日本ハムの火ダネは、メジャー出戻り組の田中賢介(33)のようだ。スポーツ紙デスクが語る。 「かねてから『早く帰ってこいよ』とラブコールを送っていた栗山英樹監督(53)は、すでに [全文を読む]

フォーカス