大塚寧々 ドラマに関するニュース

月9俳優・小栗旬、テレ東深夜ドラマの脇役に! 「あり得ない俳優陣」なしえた吉田鋼太郎人脈

サイゾーウーマン / 2015年12月26日16時00分

そのほか、「くるりや」の向かいの理容店店主・柴田幸吉役で片桐仁、卓三の過去を知るナゾ多き女・玲子役で大塚寧々の出演が決まっているが、驚かされたのは小栗旬が追加キャストとして発表されたこと。小栗の役どころは、卓三の行きつけのそば屋の店主・荒木役で、酒をくみ交わしながら、恋のアドバイスをするよき相談相手。ゲストではなく、レギュラーとしての出演だ。 吉田と小栗 [全文を読む]

ユニコーン、人気曲「はいYES!」が初の連ドラ主題歌に決定

okmusic UP's / 2015年01月09日15時30分

家庭内で“残念な夫"に成り下がってしまった主人公・榛野陽一役には現代劇で父親役初挑戦となる玉木宏、育児への責任感から“モンスター妻"になってしまった榛野知里役には倉科カナ、その他岸谷五朗、大塚寧々、黒木啓司(EXILE)、生田絵梨花(乃木坂46)、林遣都、浅田美代子といった豪華俳優陣の共演でも注目を集めている。 また、このコラボレーションから発生したユニ [全文を読む]

次期“朝ドラ”ヒロイン・芳根京子の魅力を独自分析!

Smartザテレビジョン / 2016年04月11日06時00分

主人公・桜(篠原)の友人で、大塚寧々演じる美樹の娘を好演した。それほど大きな役ではなかったものの、セクシーな恋愛模様を描く中で、爽やかな風を吹かせ、「あの子は誰?」などと、ドラマ通を中心に話題になった。同年には「仮面ティーチャー」(日本テレビ)や「ハクバノ王子サマ」(日本テレビ系)などにレギュラー出演し、翌'14年には前期朝ドラ「花子とアン」(NHK総合ほ [全文を読む]

『明日ママ』最終回目前で“号泣”祭り!? 「初回の酷評を撤回したい」「クレーム団体は反省しろ」の声も

日刊サイゾー / 2014年03月07日09時30分

しかし、児童養護施設を後にするドンキの前に、里親候補の夫婦(松重豊、大塚寧々)が現れる……というストーリーであった。 子どもたちが、親の愛を求め号泣するシーンが印象的だった第8話。ネット上では、以前の賛否がウソのように、「このドラマで、初めて号泣しました」「愛について考えさせられた。やばいくらい泣いた」「魔王(三上博史)の『事実の親と、真実の親は違う』とい [全文を読む]

演出もストーリーも安直な『ラスト・シンデレラ』における三浦春馬の怪物性

サイゾーウーマン / 2013年05月27日13時00分

親友の竹内美樹(大塚寧々)は、夫の公平(遠藤章造)とは一年近くセックスレスで、その夫は、実はインポテンツで、桜のもう一人の親友・長谷川志麻(飯島直子)に気持ちが傾いている。物語は彼らアラフォーの男女の人減関係に、24歳の佐伯広斗(三浦春馬)と、23歳の大神千代子(菜々緒)が、絡むというセックス・コメディとなっている。 妙齢の男女の恋愛模様をコメディタッチで [全文を読む]

月9『カインとアベル』に漂う昼ドラ感… 崖っぷちのフジ・ジャニ・山田涼介

messy / 2016年10月20日20時15分

桐谷や高嶋のほか、部長役の木下ほうか、大塚寧々や南果歩といった脇役に至るまで、重厚感漂うベテラン役者陣が揃っていることは、ドラマとしては良いはずだが、ターゲット層には響かない。主演がティーン女子人気の高い山田であるというだけでは、昼ドラ感を拭えそうもない。 そもそも、硬派でワイルド、かつ三枚目の役者である桐谷が「デキる兄」役というのも解せない。伊勢谷友介や [全文を読む]

斉藤和義、オダギリジョー主演ドラマに主題歌提供

リッスンジャパン / 2012年03月19日19時00分

主人公となる落ち目のロックミュージシャン・早川正義役にオダギリジョー、ほかにユースケ・サンタマリア、貫地谷しほり、藤 竜也、大塚寧々、またミュージシャンのトータス松本が正義の兄貴分的役で出演することでも話題を集めている。斉藤和義が、「主人公のロックミュージシャンと自分が思うロックンローラー像を重ねて作った」という新曲「月光」は、ドラマ初回放送日となる4月1 [全文を読む]

大塚寧々、17歳葵わかなを絶賛「芯のある女性です」

Smartザテレビジョン / 2016年06月19日18時55分

NHK BSプレミアムで11月30日(水)に放送される広島発地域ドラマ「舞え!KAGURA姫」の取材会が広島・神楽門前湯治村の「かむくら座」で行われ、ヒロインの葵わかなをはじめ、中村ゆりか、中村梅丸、加藤諒、大塚寧々、角替和枝が登壇した。 本作は東京から広島に引っ越してきたヒロイン・咲子(葵)が、同級生の球希(中村)により半ば強引に、地元に伝わる“神楽”の [全文を読む]

突如現れた美人女優「吉田羊」謎の本性を徹底追跡!(1)中井貴一や三谷幸喜が認める演技派

アサ芸プラス / 2015年04月16日05時55分

「1作目の美人検事の大塚寧々(46)に代わる好ポジションだけに、シンデレラ的な大抜擢に映りました。彼女自身も11年ぶりに長い髪をボブカットにするなど、これに賭ける意気込みが伝わってきた。ただ、一般的には無名の存在も、芸能界では『ついに来たか』という声が聞かれるほどの実力派で、その演技力は中井貴一(53)と脚本家の三谷幸喜(53)のお墨付きというフレコミでし [全文を読む]

柴咲コウ主演『○○妻』が水10対決を“勝ち逃げ”……玉木宏『残念な夫。』敗因は「男性の猛反発」か

日刊サイゾー / 2015年03月26日20時30分

キャストは、夫役の玉木、妻役の倉科カナのほか、岸谷五朗、大塚寧々、EXILE・黒木啓司、笛木優子ら。 ハッピーエンドとなった最終回。産後離婚へ着々と準備を進める陽一(玉木)と知里(倉科)。知里と娘が実家へ移り住み、1人ぼっちになった陽一は、父親としての自覚の足りなさを後悔し、趣味で集めたNBAグッズを手放す。一方、知里も思い直し、「ありがとう、ママにしてく [全文を読む]

乃木坂46・生田絵梨花が両肩を露出したドレス姿でピアノ演奏、セクシーすぎると話題に

AOLニュース / 2015年01月29日12時00分

岸谷五朗演じる細井茂と、大塚寧々演じる妻・美和子の娘・美香を演じる生田は、初回放送時から特技のピアノの腕前を披露するなど、生田ファンにとってはタマらない内容となっているが、この日の放送でも、彼女は大胆に両肩を露出した黒のドレス姿でピアノを演奏。しかし、その衣装がセクシー過ぎたせいなのか、熱心なファンからは「やめろエロい服着せるな」「えりかあああああ」悲鳴 [全文を読む]

乃木坂46生田絵梨花の女子高生役がネット上で話題 「天使」「気品が溢れすぎ」

AOLニュース / 2015年01月16日12時00分

このドラマの中で生田は、岸谷五朗演じる細井茂と、大塚寧々演じる妻・美和子の娘・美香を演じているが、ネット上のアイドルファンからは、ドラマの内容そっちのけで、生田の演じる女子高生ぶりに焦点が。「生ちゃんキタ━(゚∀゚)━!!」「かわええ」「天使キタ━━」「気品が溢れすぎwww」「乃木坂一の演技派だけあってうまいね」「こんな娘が欲しかった」「男とイチャついた [全文を読む]

木村拓哉『HERO』また映画化決定も、キャスティング・脚本が大難航「阿部寛は、どうしても出ない……」

日刊サイゾー / 2014年11月28日09時00分

結局、勝村政信さんと大塚寧々さんがゲストで出演する形になりました。映画化はドラマ放送時点ですでに決まっていたので、阿部さんの出演に向けて交渉は続けていました。一度はOKが出たという話も聞いていたのですが、やはり直前になってNGが出たそうです」(フジテレビ関係者) 二転三転する中で、今回の目玉である松たか子の出演も危ぶまれたという。 「いつまでたっても、“O [全文を読む]

松たか子 「HERO」続編も出演しない理由とは?(1)キムタクサイドの要求が多い?

アサ芸プラス / 2014年07月29日09時58分

今回、松さんに限らず、阿部寛さん(50)や大塚寧々さん(46)など、前作出演者の多くが姿を消したのもそのためでしょう。一方で、キムタクも10年公開の『月の恋人~Moon Lovers~』(フジテレビ系)以来、主演ドラマの平均視聴率は20%を切っており、あまり共演者らに要求できる立場ではなくなったといいますが、それはすなわちキムタクと共演するメリットもなくな [全文を読む]

キムタクドラマ高視聴率の裏でスタッフを悩ませる「あれやこれや」

アサ芸プラス / 2014年07月23日09時59分

すでにさらなる視聴率引上げ作戦として、松たか子、阿部寛、大塚寧々ら前作のレギュラーのサプライズ出演を決定。21日の第2話、28日の第3話を2週連続で15分拡大放送を決めた。ただし、芸能ライターが「いいことづくめではない」と、こう指摘する。 「制作費のことです。キムタク主演ドラマは通常の連続ドラマの倍といわれている。おまけにフジの看板ドラマである月9枠のため [全文を読む]

『HERO2』新コンビ・木村拓哉×北川景子の相性はいかに?

i無料占い / 2014年07月14日08時30分

しかし、今作では木村さんの相手役でヒロインを務めた松たか子さん、阿部寛さん、大塚寧々さんといったおなじみのキャストが出演しません。新ヒロインは北川景子さんですが、木村さんとのコンビネーションはどうなのでしょうか? また、それが視聴率に影響することはあるのでしょうか……。 木村拓哉さんのお名前から、彼の仕事運、ドラマの行方を、開運アドバイザーの安斎勝洋先生に [全文を読む]

フジテレビに月9枠リニューアルの動き 『HERO2』がコケたら『SMAP×SMAP』も打ち切りに!?

日刊サイゾー / 2014年05月19日13時00分

「今回は『HERO』のドラマ版、映画版でおなじみだった松たか子、阿部寛、大塚寧々、勝村政信らは出演せず、ヒロインは松の代わりに北川景子が務める。そうなったのもすべて、キムタクのスケジュールを最優先することに、松、阿部らが難色を示したから。特に阿部は、主演映画の続編『テルマエ・ロマエII』が前作を上回る勢いでヒットするなど、俳優としての実績はキムタクよりも [全文を読む]

阿部寛不在、新ヒロインに北川景子……キムタク主演・フジ月9『HERO』続編は“ジャニーズの大ばくち”!?

日刊サイゾー / 2014年04月28日20時30分

「復活の情報は、かなり前から漏れまくっており、ヒロイン役に北川が決定したことや、阿部寛、大塚寧々ら前作のメーンキャストが出ないことも、週刊誌が数カ月前に報道済み。そのためか、世間の反応は思いのほか薄いように感じる。また、当初は4月クールの予定だったものの、ギリギリまで出演者の調整が付かず、香取慎吾主演の『SMOKING GUN~決定的証拠~』で穴埋めした [全文を読む]

「ガリレオ」「あまちゃん」「雲の階段」…春ドラマ注目度ランキング

NewsCafe / 2013年05月08日15時00分

[男性/40代/公務員]【3位】ラスト・シンデレラ(出演:篠原涼子、三浦春馬、藤木直人)(9.2%)■久々の篠原涼子さんに期待! 脇を固める飯島直子と大塚寧々にも期待! ちょっとエッチな感じも…◎! 今後の展開が楽しみ![女性/30代/会社員]■第1話見たら面白かった。藤木直人イケメン。[女性/40代/主婦]■ストーリー、内容かな。[男性/50代/専門職] [全文を読む]

「とと姉ちゃん」「ウツボカズラの夢」等に出演 上杉柊平SPインタビュー「悔しさも芝居の楽しいところ」

ザテレビジョン / 2017年09月13日10時00分

母を亡くし、母の従妹・尚子(大塚寧々)の元で暮らすことになった未芙由は、そこに居場所を求めるも「真っすぐに生きても助けなんかこない」と知り、変わり始める。今回、そんな未芙由が居候する鹿島田家の家族の中で唯一、未芙由に対して優しい言葉をかける隆平役の上杉に役作りや撮影現場についてインタビュー! ■ 第1、2話の撮影は思い出せない――俳優デビューして約2年。話 [全文を読む]

フォーカス