ピーチ 関西国際空港に関するニュース

LCC業界、消えた勝ち組、なぜ早くも岐路に?パイロット不足で相次ぐ欠航、過当競争…

Business Journal / 2014年06月16日01時00分

ANAホールディングス(HD)傘下で関西国際空港を拠点するピーチ・アビエーションは、5月19日から10月25日まで最大2128便を欠航する。同じくANA HDが100%出資する成田国際空港拠点のバニラ・エアも、6月に154便が欠航。日本航空系で成田空港を拠点とするジェットスター・ジャパンも6月に101便が欠航。国内LCC3社の中で唯一の勝ち組といわれてき [全文を読む]

ピーチ・アビエーションCEO「ビジネスは伝え方が9割」

プレジデントオンライン / 2016年12月19日09時15分

Q.朝礼でスピーチすることに。どう話すのが正解か。 [A]「生産性を上げよう」 [B]「イノベーションを起こそう」 [C]「イタリア人みたいに働こう」 ■「コストダウン」か「やりくり」か 私、自分が話していることは、たぶん3割ぐらいしか人に伝わっていないと思っているんです。逆に言うなら7割は伝わっていない、と。どうしたら伝わるかということをいつも考えていま [全文を読む]

スカイマーク、なぜ失速?台頭するLCCに苦戦で関空撤退、国際線進出に厳しい見方も

Business Journal / 2013年11月14日06時00分

またピーチ・アビエーション(ピーチ)は9.6億円の営業赤字(同)。各社とも赤字を計上しているからだ。13年3月期に4期ぶり減益に陥ったスカイマークとしては、LCCがその元凶と見ているのだ。 スカイマーク失速が現実問題として業界内で語られ始めたのは、今年3月31日の関西国際空港(関空)撤退からだった。同社が関空に進出したのは12年3月。同社にとって関空は、0 [全文を読む]

オフシーズンは安いLCC 繁忙期はパック旅行がお得なことも

NEWSポストセブン / 2012年07月13日16時00分

今年3月に日本初のLCCであるピーチ・アビエーション(ANAと資本提携、以下ピーチ)が参入すると、続いて7月にジェットスター・ジャパン(JALと資本提携、以下ジェットスター)が就航し、8月にはエアアジア・ジャパン(ANAと資本提携、以下エアアジア)も登場する。 この日系3社のうちジェットスターとエアアジアは主に成田国際空港、ピーチは関西国際空港を拠点にす [全文を読む]

LCCの経営安定 グアム・サイパンなどリゾート争奪戦へ

NEWSポストセブン / 2016年11月16日07時00分

2012年に「ピーチ・アビエーション」「ジェットスター・ジャパン」「バニラ・エア」の日系3社が相次いで参入したものの、ローコスト経営ゆえに“安かろう悪かろう”の烙印も押されてきたが、ここにきてようやく軌道に乗ってきた。 2015年度の業績をみると、関西国際空港を拠点とするピーチが本業の儲けを示す営業利益で3年連続黒字を達成したのに対し、これまで発着枠に余裕 [全文を読む]

LCC、ピーチ独走・2社迷走の理由〜顧客サービス、高い定時運航率の秘訣と自主独立路線

Business Journal / 2013年10月21日07時00分

まず12年3月に関西国際空港を本拠とするANA系のピーチ・アビエーション(ピーチ)が就航。同7月にはJAL系のジェットスター・ジャパン(ジェットスター)が、翌8月にはANAとエアアジア(マレーシア)合弁のエアアジア・ジャパン(エアアジア)が就航した。 そんな中でピーチは今年9月17日に、「累計搭乗者数が300万人を突破した」と発表。同日午前、関西国際空港 [全文を読む]

黒字化した日系LCCを待ち受ける国際競争の波

経済界 / 2016年11月01日10時47分

既に13年から黒字化したピーチ・アビエーション(以下、ピーチ)は16年3月期に営業利益を過去最高の61億円にまで伸ばしている。ANAホールディングスの100%子会社であるバニラ・エアも15年3月期から黒字化を果たし、今期も15億円弱の営業利益を達成した。 15年6月期は79億円の営業損失を出していたジェットスター・ジャパン(以下、ジェットスター)も、92億 [全文を読む]

沖縄が熱い!なぜ経済成長率で東京抜き目前?観光客&進出企業激増、USJ進出との報道も

Business Journal / 2015年03月01日06時00分

2月21日、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが那覇-香港線に就航し、那覇空港のLCC専用ターミナルで記念式典が行われた。ピーチにとって那覇は関西国際空港に次ぐ「第2の拠点」で、台北に続き香港が、那覇空港からの海外路線の2つ目になる。香港線は週4便でスタートし、平均搭乗率75~80%を見込んでいるという。同社の狙いはアジアからの観光客を沖縄に誘 [全文を読む]

LCC、優劣鮮明に 分け目はハブ空港、関空のピーチ独り勝ち、成田は軒並み苦境

Business Journal / 2014年12月01日06時00分

●関空拠点のピーチ独り勝ち 成田空港をハブとするLCCと、関空ハブのLCCは明暗を分けた。関空が拠点のピーチ・アビエーションは12年3月の就航以来、3年で黒字を達成した。14年3月期の売上高は前期比2.1倍の305億円、営業利益は20億円の黒字(前期は9億円の赤字)、最終損益は10億円の黒字(同12億円の赤字)に転換した。 [全文を読む]

LCC元年、各社の明暗を分けたものとは?カギは関空、日本独特の市場環境への対応…

Business Journal / 2013年09月03日07時00分

関西国際空港に拠点を置くANAホールディングス(以下、ANA)などが出資するピーチ・アビエーション(大阪府泉佐野市)が搭乗者数を順調に伸ばしているのに対して、成田国際空港を拠点とし、日本航空(JAL)などが出資するジェットスター・ジャパン(成田市)と、最後発のANA系のエアアジア・ジャパン(同)の2社が苦戦している。LCCの利用率は西高東低である。 今年 [全文を読む]

LCCジェットスター、相次ぐ大量欠航でも拡大路線の背景と、主要株主JALの本音

Business Journal / 2013年04月01日07時05分

そのためLCC用の運行ターミナルは小ぶりで、事実上ピーチしか利用できないようなものをつくることになっていたのですが、ジェットスターの鈴木みゆき社長が突然、関空の路線数や就航便数を増やし、拠点として利用するからと、拡大させたわけですよ。しかし、いまだに拠点化できていない」 実は11月に国交省から厳重注意があり、ジェットスターをめぐる環境は一変した。 同省関係 [全文を読む]

フォーカス