巨人軍 阿部慎之助に関するニュース

巨人の契約金問題報道 読売側幹部「あの人があちこちで…」

NEWSポストセブン / 2012年03月19日07時00分

朝日新聞の報じた「契約金問題」に対する読売新聞・巨人軍サイドの反応は、「犯人は誰だ?」ではなかった。 「やはり出てきたか、というしかない。あの人があちこちでマスコミと接触していたのは把握していたから……」ある読売グループ幹部はそういって顔をしかめた。 朝日が15日朝刊で報じた「上限超えの契約金」については、すでに詳しく報じられているので省くが、1997~2 [全文を読む]

巨人軍・元寮長が明かす「プロ失格」と松本哲也に説教

アサ芸プラス / 2012年12月13日09時59分

【関連記事】 巨人軍・元寮長が明かす「本気で殴った唯一の選手」 巨人軍・元寮長が明かす「落合入団で苦難の原」 巨人軍・元寮長が明かす「突然、長嶋が熱血指導」 巨人軍・元寮長が明かす「王ダイエー監督就任の裏側」 巨人軍・元寮長が明かす常勝軍団の育て方 [全文を読む]

巨人「次期監督」に浮上する“意外な名前”

日刊大衆 / 2017年05月28日06時05分

悩める常勝軍団を救うかもしれないのは、かつての大エース!? 広島、阪神を相手に苦戦を続ける、2年目の高橋由伸監督率いる巨人軍。今年こそ王座を奪回するべく、日本ハムから陽岱鋼、ソフトバンクから森福充彦、そして横浜から山口俊をFAで獲得。総額30億円ともいわれる大補強を敢行したものの、全員がケガや不調で出遅れており、チームも投打ともに連携が取れていないありさま [全文を読む]

ジャガー・ランドローバー・ジャパンと読売巨人軍が、オフィシャルカー契約を締結し、車両70台を監督やコーチ、選手等に提供

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年03月24日18時00分

ジャガー・ランドローバー・ジャパンと読売巨人軍は、オフィシャルカー契約を締結し、読売巨人軍の監督、コーチ、選手等を対象に、ジャガー車およびランドローバー車をオフィシャルカーとして計70台提供する。 初めて読売巨人軍が、自動車ブランドとオフィシャルカー契約を締結した。読売巨人軍は、1934年に大日本東京野球倶楽部として創立されたプロ野球球団で、「巨人軍は常に [全文を読む]

裏契約金7億円もらった巨人・野間口 7年間で通算13勝

NEWSポストセブン / 2012年03月28日07時00分

阿部慎之助、高橋由伸ら6選手の契約金問題の巨人軍の反論を要約すればこういうことである。 1:ルール違反ではない 2:良い選手を獲得するため、それに見合った投資をするのは当然 前者は「苦しい言い逃れ」の感は拭えない。だが、後者は「善悪はともかく、考え方は理解できる」と思うファンは少なくないかもしれない。そこで本誌は「上限超え契約金は本当に見合った投資だったの [全文を読む]

主力選手高齢化が深刻な巨人…生え抜きスターが育たない!

週プレNEWS / 2017年05月15日11時00分

◆本日発売の『週刊プレイボーイ』22号「『巨人軍2020年問題』待ったなし!!」では、懸案事項とされる「ポスト由伸」「東京ドームの老朽化」問題を検証。そちらもお読みください! (取材/本誌ニュース班) [全文を読む]

広岡達朗氏が巨人・阿部慎之助に決断を求める

NEWSポストセブン / 2016年06月10日07時00分

これが巨人軍の教えであり、巨人の野球なんです」 「昔の名前」で勝負していては、強い巨人は帰ってこないという箴言である。 ※週刊ポスト2016年6月17日号 [全文を読む]

ポスト原監督 若手育成力やスター性で中畑清氏を推す意見も

NEWSポストセブン / 2015年10月10日16時00分

5日、渡邊恒雄巨人軍最高顧問と会談したものの、去就に関する話は出なかった。昨年はペナントレースで優勝こそしたもののCSで破れ日本シリーズに進出できず。2年連続で日本シリーズを逃すとなれば、監督交代の可能性は高くなりそうだ。 仮に原監督の退任となれば、後釜に座るのは誰になるのか。スポーツライターはこう分析する。 「人材不足なのは否めません。川相昌弘ヘッドコー [全文を読む]

“あぁ、史上最弱”巨人軍の悲哀ベンチ裏「阿部の打撃フォームをイジリ倒し…」

アサ芸プラス / 2015年08月24日09時56分

1強5弱という開幕前の大方の予想を裏切り、前代未聞の大混セに埋もれる巨人軍。貧打にポンコツ補強に監督の迷タクトと、気が付けば「史上最弱」の声が鳴り響く有様だ。至上命題の優勝が濃霧に包まれる中、哀愁すら漂うベンチの実情をトホホ・レポートする──。 ジャイアンツ愛歴三十数年、筋金入りの巨人ファンが深いため息を漏らす。「私の記憶にあるかぎり、こんなに弱いジャイア [全文を読む]

“G‐ARMOUR”着用の巨人軍6選手が豪華出演!アンダーアーマー新TVCM「Get your G-ARMOUR.」Season.2 2015年7月15日(水)より全国一斉オンエア開始

PR TIMES / 2015年07月15日17時42分

[動画: http://www.youtube.com/watch?v=BtdwzEAaw8w ][画像1: http://prtimes.jp/i/3939/63/resize/d3939-63-240797-0.jpg ] http://youtu.be/BtdwzEAaw8w 今回の新CMでは、巨人軍 阿部慎之助選手、大田泰示選手、高橋由伸選手、菅野 [全文を読む]

「第2の下平アナに……」フジテレビ宮澤アナと“イケメンNo.1”巨人・小林捕手の熱愛報道の波紋

日刊サイゾー / 2015年02月02日13時00分

「この時は下平アナが年上で、しかも相手がデビュー前の新人ということもあり、巨人軍が大激怒。テレ朝に今後の球場取材の禁止をチラつかせながら猛抗議した。結果、下平アナは担当番組を降ろされ、完全に干されてしまった」とはテレビ関係者。女子アナとプロ野球選手の交際は横行しているが「新人選手はご法度」という暗黙の了解があるのだ。 それだけに「宮澤アナが第2の下平に」 [全文を読む]

“ストーカー事件”ケイダッシュ幹部、グラドルとのセックス動画流出!! 巨人軍巻き込む大騒動へ

サイゾーウーマン / 2014年10月30日13時00分

29日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、一昨年話題になった読売巨人軍・阿部慎之助の不倫継続を報じている。巻頭6ページに渡って伝えられたのは、“単なる火遊び”の話ではなく、芸能界の暗部を巻き込む大スキャンダルのようだ。 不倫相手と報じられたグラビア女優・小泉麻耶は、2012年「週刊ポスト」(小学館)に阿部との関係をスクープされた。今回の「文春」では、その関係 [全文を読む]

大谷翔平「稼げる二刀流」に最終回答(1)阿部慎之助に似たスイング

アサ芸プラス / 2013年06月11日09時59分

「野球界には80年間、あんな選手は1人もいなかった」 と、長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(77)に言わしめたのが、北海道日本ハムファイターズのルーキー・大谷翔平(18)だ。 193センチ・86キロの大型選手という素質のみならず、入団に際して、投打での活躍を認める“二刀流”を球団が容認したことで、専門家からは、批判の声が上がった。“二刀流”反対派の急先鋒は、 [全文を読む]

誰も球界の盟主には逆らえない!? 裏金疑惑で明らかになった巨人の"暴君"ぶり

日刊サイゾー / 2012年03月22日08時00分

同紙によると、巨人軍が球界で申し合わせた新人契約金の最高標準額「1億円プラス出来高払い5,000万円」を超える契約を多数の選手と結んでいたことが、複数の関係者証言と内部資料から明らかになったという。 超過額の契約が判明したのは高橋由伸、上原浩治(現大リーグ)、二岡智宏(現日本ハム)、阿部慎之助、内海哲也、野間口貴彦の6選手。最も高額なのは、阿部選手(200 [全文を読む]

【巨人】因縁の地・仙台で「挑戦者」として再出発する由伸巨人

文春オンライン / 2017年05月30日11時00分

そのほとんどはチームを去り、運命が複雑に交差し、巡り巡って4年ぶりの日本球界復帰を果たしたマギーはいまや巨人軍第87代4番打者である。 過去と決別した楽天、過去を引きずる巨人 今振り返れば、あの13年日本シリーズは巨人にとってターニングポイントだったように思う。ペナントで32本塁打を放った大黒柱の4番キャッチャー阿部はシリーズ通算22打数2安打、打率.09 [全文を読む]

巨人・小林「WBCで急成長」のワケ

日刊大衆 / 2017年04月03日07時05分

辛口で知られるノムさんこと野村克也氏もテレビで「小林さんには、頭が下がりました」と絶賛する一方、「あれは、本当にウチの小林なのか」と、巨人軍関係者が一様に目を丸くしたという。それもそのはず。巨人入団以来、小林は“ダメ捕手”の烙印を押され続けてきた経緯があるからだ。 小林は、阿部慎之助の後継者として、2013年ドラフト会議で日本生命から1位で指名され、入団 [全文を読む]

なんちゃってカープ女子。敵地、東京ドームで読売巨人軍とジャガー・ランドローバーの締結セレモニーへ行く

clicccar / 2017年03月26日11時55分

「東京ドーム」といえば、野球か誰かのライブでしか行ったことがありませんが、今回は「ジャガー・ランドローバー・ジャパン」と「読売巨人軍」のオフィシャルカー締結セレモニー。「ジャガー・ランドローバー・ジャパン」は、読売巨人軍の監督、コーチ、選手にジャガーまたはランドローバー車を70台オフィシャルカーとして提供するという、なんという太っ腹。 「なんちゃってカープ [全文を読む]

太っ腹!? ジャガー・ランドローバー・ジャパンが読売巨人軍にオフィシャルカーを70台も提供!

clicccar / 2017年03月24日15時48分

ジャガー・ランドローバー・ジャパンと読売巨人軍との間にオフィシャルカーの契約がされ、3月24日、ジャイアンツの本拠地である東京ドーム内でプレス発表が行われました。 今年で83年目を迎えるジャイアンツは、いままで自動車ブランドとオフィシャルカー契約を結んだことはなく、今回が初めてとのこと。今回の契約では、監督やコーチ、選手などを対象に計70台ものジャガー、 [全文を読む]

野村克也が“堕ちた巨人はこうして再生する”大咆哮!「松井監督にして有能なヘッドを付けるなら私」

アサ芸プラス / 2017年03月06日09時56分

先頃、ノムさんこと野球評論家の野村克也氏(81)が「暗黒の巨人軍論」(角川新書)を上梓した。オフに大型補強を行い、優勝奪還を目指す巨人の現状について一刀両断しているのである。 同書の冒頭で、ノムさんは、阿部慎之助(37)や坂本勇人(28)など、巨人の主力選手が自己中心的なプレーに走り、球界の盟主にあるまじき凡ミスが続出していることを嘆いている。そして、巨人 [全文を読む]

由伸巨人、早くもV奪還「赤信号」の理由

日刊大衆 / 2017年02月15日10時30分

30億円ともいわれる大補強を敢行し、戦力を大幅にアップさせて、覇権奪還を狙う今シーズンの巨人軍を率いる指揮官の高橋由伸監督は今季、特に「厳しさ」を前面に打ち出して、キャンプに挑んでいる。 その第1弾が、これまで自己流調整を許していた、ベテランたちで構成される「スペシャル班」という特別待遇をやめる方針だった。FAで新加入した山口俊も三軍スタートとなった。「こ [全文を読む]

フォーカス