真田丸 豊臣秀次に関するニュース

真田丸『第43話』裏解説。「籠城」作戦は本当に愚策といえるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月30日22時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』を放送直後にワンポイント解説する人気連載シリーズ。今回は、敵に討って出るか、籠城するかで揉めた「軍議」について。ドラマでは愚策として描かれた「籠城」ですが、果たして本当にそうなのでしょうか? 大坂城に集った者たちの背景を踏まえ、もう一度別の角度から見てみましょう。 今回のワンポイント解説(10月23日) 徳川軍と戦うにあたり、積極 [全文を読む]

真田丸『第28話』裏解説。黄金の城「聚楽第」は、なぜ壊されたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月17日22時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』を放送直後にワンポイント解説する人気連載シリーズ。今回は「戦国時代の築城」について。以前「真田丸『第19話』解説。なぜ天下人の秀吉に5つも城が必要だったのか?」でも紹介したように、秀吉は次々に5つもの城を建てましたが、不要になればあっさり壊していました。これは秀吉が周囲に権力を見せつけるためだったのでしょうか?著者の西股総生さんは [全文を読む]

【真田丸】豊臣秀次を弔う瑞泉寺のサイトがポップかわいい! イラストは住職自ら担当 [オタ女]

ガジェット通信 / 2016年07月19日13時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』、豊臣秀次事件の回が新解釈で描かれて歴史クラスタが騒然となりました。 ※参考記事 『真田丸』三谷幸喜の新説“秀次事件”が秀逸! 歴史の謎に一石 http://getnews.jp/archives/1492498 この回を受けて、ある『Twitter』ユーザーが次のようにツイート。 豊臣秀次の自決後、側室や一族もろとも秀次の首と共 [全文を読む]

真田丸 中川大志が宣言『大坂の陣、絶対勝ちます』

Smartザテレビジョン / 2016年10月08日23時22分

佐賀県唐津市の“ひれふりランド”で「『真田丸』メモリアルトークショー~豊臣の思い出を語る日~」が開催された。同イベントには、豊臣秀頼役の中川大志、豊臣秀次役の新納慎也、片桐且元役の小林隆が登場。 大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で描かれた華々しい豊臣の時代と、今後、徳川との決戦に向かう展開について、出演者ならではの視点でトークを繰り広げた。 若武者に [全文を読む]

豊臣秀次が運命託した! 大抜擢・岸井ゆきのが語る『真田丸』

WEB女性自身 / 2016年07月18日17時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜20時~ 総合ほか)で、主人公・真田信繁(堺雅人)の3番目の妻・たかを演じる岸井ゆきの。パッチリした目のキュートなルックスと透明感のある自然体な演技が見る者を引きつける。4月クールのドラマで視聴率ナンバー1を記録した『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)にレギュラー出演。今年、最も注目される若手女優の一人として注目さ [全文を読む]

『真田丸』三谷幸喜の新説“秀次事件”が秀逸! 歴史の謎に一石

ガジェット通信 / 2016年07月18日13時00分

大河ドラマ『真田丸』第28回(2016年7月17日放送)で描かれた、豊臣秀次切腹のストーリーは従来の定説を覆す、三谷版 “新説・秀次事件”とも呼べる秀逸な回だった。 側室・茶々との間に生まれた最初の子供を早くに亡くした秀吉は、甥の秀次に関白の座を譲るが、諦めかけていた男子(後の秀頼)が生まれたことで亀裂が生まれ、遂には秀次に謀反の疑いをかけ切腹させてしまう [全文を読む]

「真田丸」秀次役の新納慎也が語る三谷幸喜との縁!

Smartザテレビジョン / 2016年06月29日05時01分

堺雅人主演の大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)。豊臣秀吉(小日向文世)の天下に最後まで抵抗し続けた北条家が滅亡したが、6月26日放送からは、秀吉の愛児が死去するなど豊臣家に徐々に暗雲が立ち込めている。そんな中、今後のキーマンとなるのが関白・豊臣秀次(新納慎也)だ。秀吉のおいであり、後継者と目されてきたが、次第に秀吉との関係に変化が生じる。これまでは暗愚 [全文を読む]

「真田丸」草刈正雄が大坂城で『ぬかりなく』!

Smartザテレビジョン / 2016年10月09日22時24分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合)の第40回『幸村』を見るパブリックビューイングが大阪城西の丸庭園で行われ、イベントに先立って行われたトークショーに草刈正雄が出席した。 イベントが行われた10月9日は、作中で堺雅人が演じる真田信繁が、謹慎させられていた九度山を脱出して、大坂に向かったと伝わる日。イベントには約5500人の「真田丸」ファンが結集した。 この日 [全文を読む]

【真田丸】「悲劇の関白」豊臣秀次の切腹に新説を描く

しらべぇ / 2016年07月20日05時30分

だが、先日放送された大河ドラマ『真田丸』では、まったく異なる解釈で脚本が書かれていた。■秀吉は切腹を命じていない!まず、『真田丸』の秀吉は秀次を追いやる気はまったくなかった。それを念頭に置かなければならない。だが秀次は、秀吉の男子が誕生したことで自分が厄介者になると勝手に考え、失踪した挙句に高野山へ閉じこもった。それを知った秀吉は高野山に使者を送る。もちろ [全文を読む]

「真田丸」秀次親子が“最期の場所”へ!

Smartザテレビジョン / 2016年07月13日17時30分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で、豊臣秀次を演じる新納慎也と、その娘・たかを演じる岸井ゆきのが、そろって和歌山・高野山を訪れ、秀次ゆかりの金剛峯寺、光台院を訪れた。 金剛峯寺にある“柳の間”は、1595年(文禄4年)に秀次が自害したことで知られ、“秀次自刃(じじん)の間”という別名もあるほど。また、金剛峯寺からほど近い光台院の裏山には、彼の墓所があ [全文を読む]

「真田丸」信繁の3人目の妻が発表!

Smartザテレビジョン / 2016年05月22日10時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合)で、主人公・信繁(堺雅人)の3人目の妻となる“たか”を、岸井ゆきのが演じることが発表された。 たかは、関白・豊臣秀次(新納慎也)の娘。秀次は、豊臣秀吉(小日向文世)のおいだが、その秀吉によって切腹に追い込まれてしまう。たかは、秀次一門の処刑を免れ、信繁の3人目の妻となる。 岸井といえば、昨年放送され話題を呼んだコント番組「 [全文を読む]

雑な脚本に視聴者離れが加速?柴咲コウ「おんな城主 直虎」第9回は14.0%

デイリーニュースオンライン / 2017年03月07日21時00分

真田丸の超高速関ヶ原よりは時間を割いたものの、あっという間に戦いが終わったことについてはネット上でも賛否両論が巻き起こっています。描かれたのは、突如として陣に織田勢が襲い掛かってきた場面と、直盛が自害に至る場面のみ。井伊視点のドラマであるため、戦いの全体像を描く必要がないことは理解していても、あれほど視聴者に不気味さと恐怖を与えた今川義元(春風亭昇太)の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中川大志が“真田丸ロス” 堺雅人や竹内結子と別れを惜しみ「父上の陣羽織をこっそり」

TechinsightJapan / 2016年12月21日11時25分

NHK大河ドラマ『真田丸』が12月18日の放送で最終回となり、やり場のない喪失感に包まれた視聴者が少なくない。本作で豊臣秀頼役を務めた中川大志も、演者のみならずファンとして「真田丸ロス」を訴えている。彼はブログでその思いを明かすと、クランクアップで真田幸村役の堺雅人と並ぶ姿などを公開して撮影を振り返った。 小日向文世の熱演が話題となった豊臣秀吉と竹内結子演 [全文を読む]

小4男子が『真田丸』の自由研究→NHKから大絶賛が

しらべぇ / 2016年10月14日10時00分

大河ドラマ『真田丸』の大ファン。彼は夏休みの自由研究で、『真田の秘密』と題した資料を制作した。真田親子を様々な角度から研究したものだ。真田丸の大ファンという教え子の夏休みの自由研究「真田の秘密」が緻密に分析されていて、かなり読み応えがある。真田丸見る前に読むと本当に勉強になるー!#真田丸 pic.twitter.com/9kE86DDOpv— うちゃか ( [全文を読む]

いよいよヤバそうな秀吉、ようやくデレた(?)吉田羊、そして盛大に建つ兄弟別離フラグ……『真田丸』第29話「異変」レビュー!

おたぽる / 2016年07月26日23時00分

何気にターニングポイントだったと思える大河ドラマ『真田丸』(NHK総合)第29話「異変」を今週もレビュー! 第29話「異変」は、信繁は、秀吉の肝いりで、大谷吉継(片岡愛之助)の娘・春(松岡茉優)を正室に迎えることに。信幸(大泉洋)は、秀吉が新たに築城しようとする伏見城の普請を受け持つことになるが、うまくいかない。一方、きり(長澤まさみ)は細川ガラシャ(橋本 [全文を読む]

【真田丸】戦乱の世は「震災期」 地震と日本史の関係を考察

しらべぇ / 2016年07月24日05時30分

■自然現象が与える影響大河ドラマ『真田丸』では、天正地震が取り上げられた。ネット上では藤岡弘、演じる本多忠勝が神通力で地震を止めたと話題になったが、どのような形であれ天正地震が時代劇で取り上げられることは少ない。不思議なことに、歴史学者でも大々的に紹介する人物があまりいなかったのだ。「地震と自然現象の関連性」は、極めて重要な考察点。たとえばモンゴルの英雄チ [全文を読む]

ありがとう秀次、安らかに秀次…秀吉&秀次の凄まじい演技力にファン感涙!『真田丸』第28話「受難」レビュー

おたぽる / 2016年07月22日14時00分

いよいよ豊臣政権崩壊待ったなし! という重苦しい展開となったが、それでも古い歴史好き・大河ドラマファンにはうれしいネタがぶっ込まれたり、楽しい見どころもあった大河ドラマ『真田丸』第28話「受難」。なお、前回は参院選の影響で数字を落としていたが、今回の視聴率は17.0%(ビデオリサーチ調べ)ともとの水準に戻ってきている。一安心。 さて17日に放送された第28 [全文を読む]

「真田丸」秀次の命日に“運命的”な巡り合わせが!

Smartザテレビジョン / 2016年07月15日16時00分

滋賀・近江八幡の瑞龍寺で「豊臣秀次公顕彰法要」が行われ、大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で秀次を演じる新納慎也が出席した。 法要が行われたのは秀次の命日と伝わる7月15日。図らずも7月17日(日)放送の「真田丸」では、秀次の最期が描かれることになっている。 厳かな雰囲気の中、法要を終えた新納は「(秀次に)『やっと来ることができました。あなたのことを本 [全文を読む]

コメディ多めの息抜き回と見せかけ、重大フラグ乱立! そしてあの“ナレ死”も回避!?『真田丸』第26話「瓜売」レビュー!

おたぽる / 2016年07月05日21時00分

息抜きどころか、息を潜めたくなるようなエピソードが展開した『真田丸』(NHK総合)第26話「瓜売」をレビューする。「瓜売」のあらすじをざっくりとまとめると、秀吉は、関白を秀次(新納慎也)に譲り、明を治めるために大陸に進軍を決定させる。加藤清正(新井浩文)が朝鮮で苦戦する一方、肥前名護屋に集められた真田昌幸(草刈正雄)や徳川家康(内野聖陽)ら大名たちは、秀吉 [全文を読む]

「真田丸」豊臣秀次役・新納慎也が語るこれからの見どころ

WEB女性自身 / 2016年07月03日06時00分

秀次さん って、街で知らない人から声をかけられる日がくるとは、今でも信じられない(笑)」 こう語るのは、NHK大河ドラマ『真田丸』で、豊臣秀次を演じる新納慎也(41)。その強烈な個性と確かな演技力で多数の舞台作品で活躍し、本作で大河に初挑戦。彼が演じる秀次は、屈託のない人だが、政治や戦の場では少々頼りない男。視聴者からは、親しみをこめて アホぼん と呼ば [全文を読む]

フォーカス