カーボン ナノに関するニュース

昭和電工:ナノテクノロジー素材フラーレンで戦略的事業提携

JCN Newswire / 2013年01月09日11時51分

フラーレン製造販売会社(フロンティアカーボン社)を共同運営Tokyo, Jan 9, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(社長:小林健 以下、三菱商事)と昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫 以下、昭和電工)は、ナノテクノロジー分野で注目される炭素素材「フラーレン」の事業化に向けた戦略的事業提携を行いました。また、本事業提携に基 [全文を読む]

世界で唯一、ウィアウィスがナノカーボンを使ったハンドルやステムを発売開始

PR TIMES / 2017年01月31日16時01分

ウィアウィス(WIAWIS)がナノカーボンを使ったハンドルやステムの販売を開始しました。自転車のフレーム以外でナノカーボンを採用した製品は、ウィアウィスが世界で唯一となります。ウィアウィス(WIAWIS)がナノカーボンを使ったハンドルやステムの販売を開始しました。自転車のフレーム以外でナノカーボンを採用した製品は、ウィアウィスが世界で唯一となります(自社調 [全文を読む]

ダブルスプレーヤーに向け、鋭い弾きでボレーの決定力が向上 クルム伊達公子使用モデル「S-FiT Radia(S-フィット ラディア)」2015 年6月中旬発売

PR TIMES / 2015年05月14日19時17分

<テクノロジー>○ナノサイエンスの素材「ナノメトリック」ナノメトリックとは、カーボン繊維1本1本を隙間なくコーティングすることで、一般的なカーボン複合材より衝撃強度を向上させた素材です。フレーム下部に搭載することで下方エリアを強化し、打球時の捻じれや振動を防止してパワーを逃さずボールに伝えます。また、面が安定することでコントロール性がアップし、安定した弾道 [全文を読む]

富士フイルム「アスタリフト」の化粧水がパワーUP!

美容最新ニュース / 2016年07月12日20時15分

また、自分自身が日常生活において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、他者が行う温室効果ガスの削減活動に投資することなどで埋め合わせをする「カーボン・オフセット」を付与しており、環境への配慮にも取り組んでいる。(画像はプレスリリースより)【参考】※富士フイルム株式会社 ニュースリリースhttp://www.fujifilm.co.jp/ [全文を読む]

カーボン・ナノチューブ世界最大手などと共同でナノテクノロジーによる自由度の高い酸電池型発電システムを開発

@Press / 2016年10月18日14時00分

MTエネルギー&ソリューションズ株式会社(所在地:東京都中央区、代表者:代表取締役 原田 隆朗、以下 MTES)は、カーボン・ナノチューブ製造世界最大手Nanocyl SA(所在地:ベルギー Sambreville)及びナノベル株式会社(所在地:東京都世田谷区)と共同で、マグネシウム電極に特化した新電極技術、ならびに薄膜カーボン・ナノチューブ空気電極を活用 [全文を読む]

次世代のNo.1候補N・キリオスが選んだ高次元のスピードショットを生む最先端「ナノメトリックDR」を搭載 「EZONE DR」新デザイン2016年10月上旬発売

PR TIMES / 2016年09月16日11時32分

[画像1: http://prtimes.jp/i/9221/149/resize/d9221-149-791008-2.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/9221/149/resize/d9221-149-208008-1.jpg ]ヨネックス株式会社(代表取締役社長:林田草樹)は、2015年10月に次世代航空宇宙用途向けに開 [全文を読む]

gii.co.jp 「導電性インクの世界市場 ~2021年 - 銀フレーク、ナノ粒子、絶縁性インク、銀ナノ粒子、銅フレーク、カーボンナノ粒子、カーボン/グラフェン」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年08月18日16時00分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「導電性インクの世界市場 ~2021年 - 銀フレーク、ナノ粒子、絶縁性インク、銀ナノ粒子、銅フレーク、カーボンナノ粒子、カーボン/グラフェン」 (MarketsandMarkets発行) の販売を8月18日より開始いたしました。2016年08月18日 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査 [全文を読む]

昭和電工:研究開発型ベンチャー企業「MEFS株式会社」の解散

JCN Newswire / 2014年04月25日14時20分

Tokyo, Apr 25, 2014 - (JCN Newswire) - MEFS 株式会社(本社:長野県長野市、社長:西村 嘉介、昭和電工株式会社執行役員)の株主である国立大学法人信州大学工学部 遠藤守信教授と昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、カーボンナノファイバー等先端炭素材料に関する受託研究開発及びコンサルティングを事業とするベンチャー企業 [全文を読む]

美しさと性能で差がつく!ひと味もふた味もちがう「名門」サードの30系アルヴェル用マフラー

clicccar / 2017年02月15日15時33分

チタンともカーボンとも異なる、独特の発色がクールなナノ膜コーティングを採用。形状はスポーティ路線。 ピークパワーだけでなく、乗用域となる低回転でのトルクにも配慮した味付けに。見た目と機能を両立した。 価格:15万6000円適合:アルファード&ヴェルファイア(2.5L) (ドレナビ編集部) [全文を読む]

大林組「宇宙エレベーター」構想に世界が注目 2050年、ロケットの時代が終わる?

NewSphere / 2014年09月24日11時40分

しかし、炭素繊維「カーボンナノチューブ」の登場で、実現可能性が大いに高まった。大林組の宇宙エレベーターにも「カーボンナノチューブ」のケーブルが使われる。 「カーボンナノの抗張力は鉄鋼ケーブルの100倍」と、大林組の調査開発マネージャー・石川洋二氏は、ABCに語っている。 大林組のサイトによると、宇宙エレベーターのケーブルの長さは9万6,000kmである。し [全文を読む]

カーボンナノチューブのシート化技術確立に本格着手

PR TIMES / 2014年03月12日13時51分

次世代炭素材料で、EVの蓄電装置などの高容量化・小型化を実現 リンテック(本社:東京都板橋区 代表取締役社長:大内昭彦)とテキサス大学ダラス校(米国テキサス州)は、カーボンナノチューブ(筒状炭素分子:CNT)を、素材としての特性を損なうことなく薄いシート状に加工する新規技術の開発を進めてきました。そしてこのたび、当社は2016年度中の実用化に向け、米国に新 [全文を読む]

フォーカス