忌野清志郎 ヒット曲に関するニュース

至高のロック・ムービー『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~♯1 入門編~ 』いよいよ8月5日(水)DVD発売決定!

PR TIMES / 2015年06月11日10時41分

今年2月に公開され、動員は3万人を超えた、これぞロックン・ロール・ムービー 「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~♯1 入門編~」を完全収録したDVDが登場! [画像: http://prtimes.jp/i/3481/320/resize/d3481-320-862011-0.jpg ] 聞かせたい歌がたくさんあるのさ! 『忌野清志 [全文を読む]

<忌野清志郎の命日5月2日の翌日に放送されたドラマ>清志郎にあこがれた高校生が清志郎のふりをする素晴らしき「虚構の青春」

メディアゴン / 2015年05月21日07時20分

水戸重之[弁護士/吉本興業(株)監査役/湘南ベルマーレ取締役]* * *忌野清志郎が亡くなってから6年が経ってしまった。忌野清志郎の命日翌日の5月3日(日)に、NHK・BSプレミアムで「忌野清志郎『トランジスタ・ラジオ』」が放送された。<清志郎にあこがれた高校の後輩が、清志郎のふりをするドラマ>という予告を見て、「そんなドラマ、成立するのかな?」と最初は疑 [全文を読む]

忌野清志郎の命日発売カバーアルバムにUA、斉藤和義、ゆず、吉井和哉ら参加

リッスンジャパン / 2012年03月05日14時00分

忌野清志郎の命日にあたる5月2日に、カバーアルバム『KING OF SONGWRITER ~SONGS OF KIYOSHIRO COVERS~/V.A』がリリースされることが決定した。忌野清志郎 - アーティスト情報本作はトリビュートではなく、清志郎のソング・ライティングにスポットを当てたカバーアルバム=作品集。UA、斉藤和義、一青 窈、槇原敬之、ゆず、 [全文を読む]

忌野清志郎の名曲カバー集に吉井和哉、斉藤和義ら全13組参加&曲順が決定

リッスンジャパン / 2012年03月29日12時00分

忌野清志郎の命日にあたる5月2日に発売されるカバーアルバム『KING OF SONGWRITER~SONGS OF KIYOSHIRO COVERS~』に参加する全アーティストと曲順が決定した。忌野清志郎 - アーティスト情報本作はトリビュートではなく、清志郎のソング・ライティングにスポットを当てたカバーアルバム=作品集。UA、斉藤和義、一青 窈、槇原敬之 [全文を読む]

吉井和哉、清志郎80年代の名曲「RAZOR SHARP・キレル奴」をカヴァー

リッスンジャパン / 2012年03月19日13時00分

忌野清志郎の命日にあたる5月2日に発売されるカバーアルバム『KING OF SONGWRITER ~SONGS OF KIYOSHIRO COVERS~/V.A』収録曲のうち、未発表だった吉井和哉の楽曲が決定した。忌野清志郎 - アーティスト情報本作はトリビュートではなく、清志郎のソング・ライティングにスポットを当てたカバーアルバム=作品集。UA、斉藤和義 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】SHOW-YAが『勝手にしやがれ』をカバー。沢田研二の名曲が重厚ロックに。

TechinsightJapan / 2015年05月16日19時25分

カバーアルバム第2弾『Glamorous Show II』では井上陽水『青空、ひとりきり』、忌野清志郎+坂本龍一『い・け・な・いルージュマジック』、福山雅治『Gang★』、浜田省吾『悲しみは雪のように』などにも挑戦している。 ※画像は『twitter.com/KeikoTerada』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 真紀和泉 [全文を読む]

関ジャニ∞・渋谷すばる、フェスでのソロステージに歌広場淳ら絶賛!「ずっと聴いていたかった」

サイゾーウーマン / 2014年10月16日13時00分

ライブイベントに単独で出演するのは今回が初めてだったが、ステージでは関ジャニ∞の「ズッコケ男道」「あおっぱな」をはじめ、ジャニーズの先輩・近藤真彦のヒット曲「愚か者」や、忌野清志郎がボーカルを務めたRCサクセションの名曲「スローバラード」ほか、計8曲を熱唱。ファンの間では、ザ・クロマニヨンズ・甲本ヒロトに傾倒するなど“アーティスト志向”が強いことで知られて [全文を読む]

“日本のリヴァプール”博多スーパースター列伝<第1回>井上陽水(3)

アサ芸プラス / 2014年01月08日09時58分

さらに、B面は忌野清志郎との共作「帰れない二人」が収められているが、多賀以外は全員がこちらをA面に推した。 「言ってみれば『帰れない二人』はファンタジーで、若者の生々しいもどかしさや苛立ちを描いたのが『心もよう』だった」 時代の空気を見抜く目は、陽水以上に多賀のほうが長けていたようだ。この大ヒット曲に続けて出したアルバムが「氷の世界」(73年12月)── [全文を読む]

天国の清志郎さんが泣いている!? “反骨のシンガー”泉谷しげるの紅白出場に異議申し立て!

日刊サイゾー / 2013年12月30日12時00分

最たる例は2009年5月に亡くなった故・忌野清志郎さんだ。 「清志郎さんのなかではロック=反権力みたいなところがあって『紅白に出るくらいなら死んだ方がマシ』という主義だった。清志郎さんと仲が良かった泉谷さんも、同じポリシーだと思っていたのに……。たしかに紅白に出れば、過去の曲が売れたり、翌年のコンサートツアーが盛況だったりと、プラスに作用する面は多い。ただ [全文を読む]

坂本冬美、宮沢和史×さくらももことの異色のユニットによる新曲「花はただ咲く」発売記念イベントで浅草サンバチームとコラボ!

PR TIMES / 2013年02月21日15時26分

今回は作曲にTHE BOOMの“宮沢和史”、作詞に「ちびまる子ちゃん」の原作者“さくらももこ”を迎え、1991年に細野晴臣、忌野清志郎と組んだ「HIS」以来22年ぶりに、ユニット「坂本冬美 with M2 (エムツー)」を結成し、新曲「花はただ咲く」を2013年2月20日にリリースしました。ユニット結成のきっかけになったのは、昨年8月に、「曲が出来上がった [全文を読む]

様々なロマンティックな夢を歌った名曲を収録した決定盤!「夢のうた」7月25日発売!!

PR TIMES / 2012年07月25日10時36分

意外とありそうでなかった『夢のうた』決定盤!! ◆2012年7月25日発売 ◆CD1枚・全17曲収録 ◆ 歌詞・解説付 ◆ MHCL2103 ◆ 定価¥2,520 ■収録楽曲 1: 夢で逢えたら(10th Anniversary Solo Version) / 鈴木雅之 大瀧詠一作詞・作曲の名曲をソウルフルにカバー 2: 夢を信じて / 徳永英明 TVアニ [全文を読む]

フォーカス