土地 郡山市に関するニュース

福島県・大熊町長の土地に「31億円の町役場」のあきれた復興計画(上)

WEB女性自身 / 2017年07月08日06時00分

しかも、建設予定地は町長の土地らしい。町長は自分に利益を誘導したいんじゃないでしょうか」 今年3月、ある大熊町民から、そんな訴えを受けた本誌取材班は、町役場新庁舎建設について取材を進めてきた。すると、住民不在のまま「復興」の青写真が描かれ、巨額の税金がつぎ込まれている大熊町の現状が見えてきた。 大熊町は福島第一原発の立地自治体。町の96%が、年間被ばく量2 [全文を読む]

全国で相次ぐ強制撤去…都内の”巨大ゴミ屋敷”を直撃してみた

デイリーニュースオンライン / 2016年04月08日14時04分

一帯に、オーナーの一族の土地があるそうだ。ここは、元々借家で長い間、他人に貸していた物件だったが、ここ数年、大家が住んでいる。そしてもっと驚いたことに、この建物は、現在もアパートで、住人が住んでいると聞いた。こんな家にお金をはらって住むとは、ちょっと信じられない。一日いただけで、頭がおかしくなってしまいそうだ。 大家いわく、ゴミをためている訳ではなく、置い [全文を読む]

【福島現地ルポ】「偽りの除染はもういい」は“非県民”か?

週プレNEWS / 2013年09月04日06時00分

チェルノブイリ原発事故時、旧ソ連は年間1ミリシーベルト以上の土地に住む住民に移住の権利を認め、支援した。ところが、日本では20ミリシーベルト以下は住んでも大丈夫とされ、避難よりも除染が優先される傾向にある。避難を望む被災者の権利はもっと認められるべきです」 確かに、避難住民への支援は貧弱だ。2013年度予算でも、7094億円の原子力災害復興関係経費のうち、 [全文を読む]

「日本いいとことりっぷ」 フェリシモ×井上 涼さん―地方創生をもっとおもしろく!「カワイイと地方創生」を融合させた鳥形アイコンの誕生!―全国1,700自治体のオリジナル鳥形アイコンを作ります

PR TIMES / 2017年08月25日16時29分

井上涼さんの奇想天外なアイデアによって生み出された鳥「いいとことりっぷ」たちが、その土地の「いいとこ」を身にまとい、それぞれの土地への来訪者、移住者の誘致を推進、ガイド役となります。「いいとことりっぷ」をウェブサイトで見る >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr170825/1/[画像1: https://prtimes.j [全文を読む]

地方創生に鳥たちが頑張る! 自治体コラボの「いいとことりっぷ」がかわいい

マイナビニュース / 2017年08月25日15時53分

井上氏の奇想天外なアイデアによって生み出された鳥「いいとことりっぷ」たちが、その土地の「いいとこ」を身にまとい、それぞれの土地への来訪者、移住者の誘致を推進、ガイド役となる。 全ての「いいとことりっぷ」は、各市町村の「いいとこ」と鳥を組み合わせたデザインとなっている。「神戸オードリー」「佐世保リンダ」「松本ライトニング」など、47都道府県から選ばれた47自 [全文を読む]

郡山市出身、SNS界の次世代ヒロイン「まこみな」“双子ダンス”で郡山産農畜産物の魅力を発信!~「まこみな」初の自治体PR動画出演~

PR TIMES / 2016年12月20日13時21分

この安積疏水は、郡山市を農業・畜産業に適した豊かな土地に育てあげ、郡山市は「あさか舞」「郡山ブランド野菜」「うねめ牛」「里の放牧豚」などのブランド食材をはじめとする、豊かな農畜産物の宝庫となりました。今後、郡山市は本動画を通して、郡山産農畜産物の魅力を全国に発信するとともに、郡山市が運営するインターネット通信販売サイト「自治体特選ストア郡山」などを活用し、 [全文を読む]

苦情殺到なのに。なぜ「ごみ屋敷」は今まで放置されてきたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月28日04時30分

「ごみ屋敷」を創り出してしまう人の多くは、その土地や家屋の持ち主であり、ごみはその人の管理下にあることが多いという状況です。一般的にごみと見えるものでも、その人がごみではないと主張していれば、行政や近隣の住民が勝手に処分することは極めて困難です。道路にはみ出して通行が困難となっているような場合に、道路交通法を根拠に処罰するという対処しかとれないという状況が [全文を読む]

福島発! 伝統に「かわいい」がプラスされたピアスって?

マイナビ進学U17 / 2016年07月08日12時02分

震災後、福島から離れて別の土地で新しい生活を始めた人、別の土地に移ったものの福島に戻って来た人、福島に残って地域の再建に取り組んでいる人など、被災した人たちの選択した道はさまざまです。福島第一原発から60km余り離れた郡山市に住んでいた日塔マキさんは、震災後、放射能に対する不安から千葉県に避難しました。しかし、原発や放射能に関する情報だけが先行して福島の現 [全文を読む]

<東日本大震災から5年>福島原発放射能漏れが暗い影、17万人が故郷を離れたまま―広がる「復興格差」、特区制度で産業・観光振興を!

Record China / 2016年03月11日08時10分

被災地では今、かさ上げされた新たな街や施設が宮城県を中心に次々と完成しているが、リアス式海岸線の多い岩手県では土地のかさ上げ工事が長引いて、人影がまばらな地域も多い。5年の歳月が流れ、被災地の復興には格差が目立つ。特に復興が遅れているのが福島第一原発事故が発生した福島県。漏れ出した放射線によって、住民と大地は深い傷を負った。5年経った今でも、約10万人が [全文を読む]

「郡山布引風の高原まつり」開催 <開催日>2015年8月30日(日)

PR TIMES / 2015年08月19日14時01分

また、その土地の特性を生かし、布引高原には高さ100メートルもある風力発電用の風車が33基雄大に立ち並び、高原の風を受けてゆっくり回っています。「郡山布引風の高原まつり」当日は、満開のひまわり畑の中、ゆっくりとウォーキングを楽しむ“布引高原ひまわりウォーク”を実施。その他、特産の布引高原大根の収穫体験、磐梯熱海温泉利用券や商品券などの景品が当たる抽選会も行 [全文を読む]

JR宇都宮駅周辺の土地取得について

PR TIMES / 2014年09月24日12時43分

ゼビオ株式会社はゼビオ宇都宮オフィス(宇都宮市星が丘2丁目1-10)にある本社機能の一部を拡張するための事業候補地として、このたびJR宇都宮駅周辺に土地を取得いたしました。 ゼビオグループは宇都宮市において、大学・企業などと連携を図り、スポーツ振興を通じた地域活性化を検討しております。今後は同用地における事業内容が具体化してきた段階で、宇都宮市など行政機関 [全文を読む]

東北の魅力をたっぷり発信NHK「きらり!東北の秋」本日よりスタート

PR TIMES / 2012年10月15日10時51分

鮮度や生産量の関係で流通ルートに乗らない稀少な食材や、いつの間にかその土地に根付いた個性的なご当地グルメなど、限られた地域でしか出会えない味わい深い食べ物がたくさんあります。東北6県の豊かな食文化を、AからZの頭文字で始まる様々な切り口のキーワードで紹介。驚きと奥深さに満ちた“食の物語″を通して、東北に暮らす人々の息吹を伝えます。【出演】萩本欽一ほか10/ [全文を読む]

コマツが覆す、建設現場の「3K、人手不足、どんぶり勘定」

Forbes JAPAN / 2017年09月04日08時30分

「洪水で土地が流されるなど自然災害の復旧現場や、2度目以降の工事で、3次元データが再活用できるタイミングがくると思います。将来的には地方自治体が使うデータになればいいと思っていますが、まずは蓄積していくことです」スマコンは顧客もイメージを掴み切れていないため、「まだお客様の理想や幻想と戦っている、生みの苦しみの状態」と、営業担当者から聞いた。しかし、それで [全文を読む]

太陽光発電:奇跡のヒツジ、除草で復興貢献 福島・富岡町

毎日新聞 / 2017年09月02日11時06分

原発周辺では、避難住民が当面使わない土地を利用し、太陽光発電所を設置するケースが少なくない。この発電所も町などが出資する会社が12月の稼働を目指し整備中だ。一般家庭約9100戸分の発電が可能だが、雑草が生い茂るとパネルの表面を覆ったり、故障の原因となったりするため、環境に優しい動物を使った除草が発案された。吉田さんは提案を快諾。3頭は6月から発電所の隣接 [全文を読む]

【爆食放浪記】老舗の肉屋が営む居酒屋の“牛めし”(牛丼)がキテる件の是非 @『和泉』郡山市

ガジェット通信 / 2017年01月02日11時00分

むしろ、これだけでビール1杯はイケるんじゃないでしょうか? ここら辺のアイテムで酒が飲めれば、どんな土地でも酒呑みとしてやっていけると思います。 正直、肉が多すぎる件の是非 まず最初に断っておきますが、この『牛めし』様は飲んだ後の〆に食べるべきアイテムではありません。むしろ、軽めに飲むなら序盤にオーダーすべき一品ですので御了承下さい。 「飲み屋で最初に飯 [全文を読む]

「ティファニー郡山うすい店」リニューアルオープン

PR TIMES / 2016年08月26日11時43分

このような魅力的な土地に、この度、最新デザインを備えたブティックをお披露目できることを嬉しく思います。また、プレミアジュエラーとして知られるティファニーの洗練された世界観を皆様にご堪能いただけることを心より願っております。 ■詳細はプレスリリースをご覧ください。 http://prtimes.jp/a/?f=d10426-20160825-6672.pdf [全文を読む]

局地的な大雨 局地的に猛烈な暑さ

tenki.jp / 2016年07月02日09時05分

土砂災害や川の増水、氾濫、低い土地の浸水などに警戒してください。 また、激しい雨を降らせるような発達した雲の下では竜巻のような激しい突風が吹く恐れがあります。 また、九州や中国、四国、近畿、関東北部、甲信も一時的に雷雨になる所があるでしょう。どこで猛暑日??どんな暑さ??【35度以上の猛暑日が予想されている所】 金沢市、福井市、敦賀市、豊岡市 【猛暑日一 [全文を読む]

ブーム寸前!?クラフトウイスキー(地ウイスキー)が渋谷のBAR Wee DRAMに登場 3月に提供開始

@Press / 2016年03月09日10時30分

例えば、広島県に残っている387mもの鉄道用試掘の土地を活用し、トンネル内でウイスキー樽を熟成させた、広島県廿日市市の中国醸造「戸河内ウイスキー18年」や、終戦直後の日本を思い焼酎の一升瓶に詰めて販売していたスタイルを現在も続けている三重県四日市市の宮崎本店「サンピースウィスキー」など、メーカー自身に個性があり、もちろん味も表現豊かです。 また多くの人に [全文を読む]

福島の女性ラジオパーソナリティ・宍戸慈が語る「放射能と出産」

週プレNEWS / 2013年10月16日16時00分

誰も知らない土地に移住してきた心細さも響いた。恋人とも別れてしまい、頼るべき人もいない。そして彼女は精神的な疲労から倒れてしまう。 「そのとき助けてくれたのが今の旦那さんでした。彼は南相馬の人で、震災後、東京の仕事を辞めて復興のために南相馬に戻ってきた人で。その前から好きだと言われていたんですが、移住を選択した私と、復興を願う彼とは相いれないと断り続けてい [全文を読む]

天皇皇后両陛下 放射能除染が続く福島県川内村をご訪問

NEWSポストセブン / 2012年10月06日16時00分

再びそこに安全に住むためには放射能の問題を克服しなければならないという困難な問題が起こっています> 震災以来、両陛下は亡くなった多くの犠牲者はもちろんだが、放射能汚染のために、住み慣れた土地や故郷を離れなくてはならなくなった人々を、ずっと心配されてきた。そんな思いが、いまだ放射能汚染の残る地へのご訪問という覚悟につながったのだろう。 ※女性セブン2012年 [全文を読む]

フォーカス